わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

世界のトイレ事情

別の方のブログに、「よその家庭では男性はトイレを使った後に便座を下ろしておくのかどうか」という記述がありましたが、はてどうなんでしょうか。

そういえば私の知人(女性)に、お父さん・お兄さんが便座を戻さない人だったので実家の便座は常に上がった状態で、そのため便座が上がっているのが正式なトイレの姿だと信じていた人がいます。

我が家ではどうかというと、便座が上がっていることはありません。なぜなら誰も決して便座を上げないから。夫の弁によると「ドイツでは男も女も座って用を足す」。
うそぉ~と言う声が聞こえてきそうだけど、これは一部真実のようです。ドイツの母は息子たちに「便座を上げて使うと掃除が大変だから座ってするように」と躾ける家庭があるらしく、夫もそう躾けられたそうです。ドイツ男性全体の何パーセントがそうなのかって聞かれても私、知らないけどさ・・・
でもいい方法だと思うので、私も息子にはそう躾けました。(夫も息子も立って用が足せないわけではありませんので、ご心配なく)

それから世界にはトイレットペーパーを使わないで水で処理する国というのがありますが、あれは慣れないと少々苦しいです・・・水で洗うから清潔ではあるのだけど、コツがわからないと具合の悪いことになる。桶で水槽から水を汲んで思いっきりザバーッとやるまではいいけど、タオルがないのに濡れた体はどうするの。体および床が濡れるのを最小限に食い止めるテクニックがきっとあるんでしょうけど、実演してもらうわけにもいかないしねぇ・・・

トルコのリゾート地のホテルでは外国人が水処理を嫌がるのでトイレットペーパーも用意してあるけど、紙を流すとトイレが詰まるから紙はくずかごに捨ててね、っていうところもありました。でもくずかごに捨てるってのもちょっと・・・

ヨーロッパではトイレの便座が高すぎて登れなかったり、開口部(というのかな?)が大きすぎて中に落ちそうになったり、トイレットペーパーまでの距離がやたら長いのも困る・・・

トイレはやっぱりマイ・トイレがいいです。



追記:Kakoさんのオランダ暮らしの雑記帳に関連記事があります。ご興味のある方はどうぞ。

スポンサーサイト
  1. 2005/02/04(金) 11:58:46|
  2. 各国情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カイロ その2 | ホーム | ネット検索の危険>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/93-1485ac40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。