わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クイズ・ミリオネア

「クイズ・ミリオネア」って元祖はどこの国だったか忘れましたが、世界中のいろんな国でやっているみたいです。アメリカ、ヨーロッパ各国のみならず、インド版もあるそう。スタジオのセットや効果音はどこの国でも共通のようです。

ドイツにいた頃、私も大好きでいつも見ていました。この番組、ドイツでは一大教養番組として大ヒットしてます。司会者のギュンター・ヤオホ氏はルックスはまあ普通なのですが、とてつもなく博識で、参加者をジョーカーに誘導したり、自信を持って回答しようとしたところを言葉巧みなコメントで惑わせたりのテクニックもすばらしい。申し訳ないけれど、みのもんたなんて及びでないほど才能ある司会者なのです。さらに全問正解すれば100万ユーロ(つまり1億以上!)もらえるからスリルも尋常でない。一時間この番組を見ただけで、ぐーんと賢くなった気分にもなれる。

私はギリシャ神話や聖書の知識に弱いので、番組の放映日にはあらかじめ虎の巻を読んで大まかな内容を頭に入れてから挑むという熱の入れようでした。ここまで張り切っていたのは、私だけではないようで、視聴者の「もっと見たい!もっと見たい!」という要望に応え、なんとこの番組、ドイツでは週四日も放映していたんです(現在はどうかわかりません)。年に数回、ヤオホ氏がバカンスに出かけ、数週間番組がお休みになると、国民はイライラして彼の帰りを待っていました。また、他局が次々にパクリ番組を制作し、一時はテレビをつけるとあっちもこっちもクイズ番組というすごいフィーバーぶりでした。

今冷静になって振り返ると、ちょっと異様に思えます。他の国での状況はどうなっているんでしょうか。


スポンサーサイト
  1. 2005/01/28(金) 10:17:30|
  2. 各国情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<韓国語 | ホーム | モンゴルの餃子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/86-ff1221d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。