わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旅のびっくり話 その3 タイの店員さん

「お客様は神様です」なんて店員が客にへいこらしてるのは日本ぐらいなのかな~、と旅行をしているとよく思います。いやいや、日本にだって感じ悪い店員はいるよ・・・と言われそうですが、日本はそもそもサービスの基準がものすごく高いんじゃないでしょうか。

80年代の終わりごろ、タイに一ヶ月半滞在していたんですが、泊まっていたカオ・サン通りの安宿(一泊200円でした)のすぐ裏に「ニューワールド」という名前のデパートがありました。(数年前に再び訪れたらすっかりさびれていましたから、もうないかも知れません)そこに初めて買い物に行ったときは驚きでした。だって、衣類が積んであるワゴンの商品の上に店員さんが腰掛けてご飯を食べていたんだもん。見ると、お昼時だったせいか、他の店員さんも通路にしゃがんでどんぶり物とかラーメンを食べてる・・・

現在のバンコクはお洒落なブランド店やデパートが立ち並んで、東京のお店とだんだん変わらなくなってきているのかもしれませんが、私がいた頃は、でれ~んと棚に寄りかかったり、モノを食べている店員さんは珍しくありませんでした。

それどころか!鼻くそをほじくりながら客に対応している店員さんも多かったのです。(衝撃)

ちょっとした食堂のようなところに入ってテーブルにつくと、奥から店員さんがやってきて、「どっか!」と自分も客の向かいの椅子に腰掛け、「ハイ、注文は?」と鼻くそをほじくりながら聞いたりするのです。

暑い国だし、バンコクは排気ガスもひどいから、どうしても頻繁に鼻掃除をしなくてはいけないのかも・・・と好意的に受け取ろうともしましたが、飲食店でしょ・・・ちょっとなー。

カオ・サン通りは世界のバックパッカーの溜まり場なので、いろんな国から来ている旅行者と友達になれるのですが、この「タイ人の鼻掃除」については大いに話題になりました。で結論は、「タイでは人前で鼻掃除をすることは恥ずかしいことでも、失礼なことでもないに違いない」ということに落ち着いた。

そういえば、同じ光景をインドネシアでも見かけました。バリ島デンパサールの旅行会社に航空券を買いに行ったら、オフィスの若い女性事務員が電話をかけながら鼻くそをほじくって、それを机の裏にくっつけていました。

まっ、いっか。
スポンサーサイト
  1. 2005/01/08(土) 15:07:31|
  2. 各国情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<娘の基準 | ホーム | 旅のびっくり話 その2 ドイツのサウナ体験>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/60-9a6ebcbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。