わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あまりにきれいなドイツの家

近所に住んでいるドイツ人のカチアが、時々お茶に誘ってくれます。「ケーキ焼いたから遊びにおいで」と。

カチアの住んでいるのは、我が家と同じ日本の一軒家。うちより少し古いかな。でも、門を通ってドアを開け玄関を上がると、そこは・・・「ドイツな空間」なんです。もう何度もお邪魔していてわかっているけど、カチアの家の居間に足を踏み入れるたびに、はっとします。だって、あまりにもきれいなんですもの。

単に掃除が行き届いているだけではありません。そこでは「生活臭」と呼べるものを感じることがない。テーブルにも、キャビネットやカップボードの上にも、システムキッチンの台の上にも、生活用品は一切出ていないのです。物が置けるスペースに置いてある物は、洒落たキャンドル立て、綺麗な貝殻を入れたガラスのボウル、和紙を貼りつけた茶箱。すべてデコレーションです。我が家のように、電話台に未整理の手紙や書類が重ねてあったり、玄関の靴箱の上に鞄類が無造作に置かれていたり、キッチン台にコーヒーやココアの入ったタッパーが乗っていたりはしません。カチアの家はまるでショールームのよう。でも、これってドイツではそう珍しくもない。ドイツ人は几帳面な人が多くて、挨拶の言葉からしてこうなんですよ。

Alles in Ordnung?
すべて秩序の中にありますか?

カチアの家に行くと、わぁ~と感嘆する一方、ちょっと落ち込んじゃう。あ~、うちももっと綺麗にしなきゃ~。それなのに、私が「相変わらずきれいにしてるね」と言うと、カチアは「えー、そんなことないよー。私なんか適当だよ。中には床を毎日水拭きする人もいるみたいだけど、そこまでしなくってもね~」という答えが返ってくる。
私「う・・・あのさ。カチアんちも、毎日床拭いてるようにしか見えないよ」
カチア「そーおー?」
私「うちなんか、いくら掃除してもこんなふうにはならないよ~」
カチア「子供がいるんだもん、しょうがないってー」
そう慰めてはくれますが・・・

ドイツでアパートを借りると、アパートごとにいろいろな規則があります。ゴミの出し方や騒音に関するものの他に、見苦しくない生活をしなければならないという決まりがある。厳しいアパートだと、「窓ガラスは○週間に一度拭きましょう」「ベランダに洗濯物を干してはいけません」「廊下に物を置いてはいけません」「夏場はベランダに花を植えて綺麗に飾りましょう」などなど。

私の周りにはドイツ人と結婚した日本人がたくさんいますが、きれい好きドイツ人姑と平均的日本人嫁の間では、ちょっとしたトラブルになることがあると聞いています。ある日本人嫁は、姑の家で浴室を使った後、バスタブの水滴をきちんと拭き取っていなかったと叱られたそうです。濡れたままだと黴の原因になったりするからかもしれませんが、嫁は「お義母さんが細かいから、すごく気を遣う~」とこぼしていました。

別の日本人嫁は、「義母に、シャワーを浴びた後、濡れた足でバスマットに上がるなと叱られた。信じられる?」とプンプン。「足を拭いちゃいけないなら、なんのためにバスマットがあるのよ!」

でも、これはたぶん誤解です。私も最初、すごく不思議だったのですが、ドイツのバスマットって毛足の長い、カーペットのような素材で作られているんです。日本のものはタオル地など、吸水性があって丸洗いできる生地ですよね。どうも変だなあと思っていたのですが、どうもあれは足を拭くためにあるわけではなさそう。お風呂上りに冷たいタイルの上に足を乗せて冷えないようにマットがあるんじゃないかと思うんです。だから、足はマットに上がる前にタオルで拭かなくてはならない。バスマットの定義が違うことから来る勘違いじゃないかな・・・

それはさておき、私も夫の母が来るときにはちょっと緊張します。ヤバっ、窓ガラス拭いてない~。きゃー、カーテン洗わなくちゃ~。あわわ、ベランダの床が汚れてる~。優しい人なので、「ちゃんとしなきゃダメよ」なんて言うことは決してありませんが、きっと心の中でため息つかれてるんだろうなあ。ほんと、すんませんです。だらしなくて・・・
スポンサーサイト
  1. 2005/06/25(土) 20:28:34|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<私の守護聖人 | ホーム | 文学に語られるアイデンティティ>>

コメント

おお なつかしい

こんにちは。
ドイツ人の暮らし、楽しみました。きっとそれぞれ快適さのツボが違うんですね。
ビアンカさんがお姑さんになったとき、豹変しませう(o^^o)

ところで、最後の方の”すんませんです”なつかしいです。
父が食事のときにお茶碗の中にご飯を残してしまうときに云っていました。
礼儀正しい父でした。
  1. 2005/06/25(土) 23:59:21 |
  2. URL |
  3. panics #blPj0RWY
  4. [ 編集 ]

秩序

イメージできます。
本当に綺麗なんでしょうね。

こんな挨拶されたら、返事が出来ず困ってしまう。

無秩序・カオス・不安定っぽい生活をしていると
うーむ!となってしまいます。

ドイツには住めないかな?
  1. 2005/06/26(日) 02:15:53 |
  2. URL |
  3. ted toyama #j549y3BY
  4. [ 編集 ]

びっくりです。ドイツはそんなに几帳面なんですね。フランスとはやはり違う。イメージ先行型のフランス人は結構ワイルドなので、そんな几帳面にしている家は見たことがなかったな……
  1. 2005/06/26(日) 08:13:35 |
  2. URL |
  3. Linguist_2005 #-
  4. [ 編集 ]

片付けられない女

私はとてもドイツ人とは結婚できそうにありません。きっと姑に追い出されるに違いない……いや、その前に夫に愛想をつかされそう(^^;)。
この記事を読んだら、眠っていた「片付け」意欲が湧いてきたので、これから片づけを始めることにします。
Alles in Ordnung?  肝に銘じたいと思います!
  1. 2005/06/26(日) 11:28:19 |
  2. URL |
  3. Tompei #4uAjNfEA
  4. [ 編集 ]

panicsさん

そう、「快適さのツボ」が違うんだと思います。散らかってると落ち着かないという人もいれば、あんまり完璧に片付いているとかえって落ち着かない人もいるんでしょうね。
  1. 2005/06/26(日) 15:57:38 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

ted toyamaさん

この挨拶、使う人はすっかり無意識化していますので、実際には無秩序な生活をしていても自分なりに満足であれば大丈夫みたいです。意訳すると「万事オッケー」という感じかな。
  1. 2005/06/26(日) 16:00:54 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

linguist_2005さん

たまにドイツからフランスへ遊びに行くと、フランスの町並みを見て「うわっ。ボロい・・・」と思ってしまいます。ドイツでは「建物の外壁は○年に一度塗り替えること」という法律があるのできれいですが、フランスは白い建物が薄汚れていたりしてますね。最初の30分くらいはどうにも気になって「塗り替えればいいのに~。せっかくのお洒落な建物がもったいない」と思ってしまうのですが、すぐに慣れて何も感じなくなるのが面白いです。
  1. 2005/06/26(日) 16:04:42 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

tompeiさん

私の夫は整理整頓の面では完璧主義で、手持ちのCDやDVDのカタログを作成するほどの細かさなのですが、着るものはどうでもよく、アイロンがかかっていないYシャツでも平気で着て行ってしまいます。几帳面なんだか、だらしないんだか、よくわかりません。

私がずぼらでも文句を言わないのは、とても助かります。^^;



  1. 2005/06/26(日) 16:14:47 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

しらなかった。

ドイツ人ってそんなに几帳面だったんですか!
私はだらしないタイプなのでドイツの生活は厳しいかも!^^;

しかし、最初イタリアに行ったときにイタリアのぼろい建物にはびっくりしたんですが、ドイツでは想像もできないことでしょうね。
  1. 2005/06/27(月) 11:44:38 |
  2. URL |
  3. anna #SW6wkXTQ
  4. [ 編集 ]

annaさん

私もイタリアの三ツ星ホテルの外観には驚きました。でも中はちゃんと綺麗でした。

  1. 2005/06/27(月) 17:39:48 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

遅ればせながら

あっしはシャワーを浴びてタブから出るときに、ぬれた足でバスマットをぬらしてべちょべちょにするのが嫌いなので、タブの中からタオルを手を伸ばして取って、体をぜーんぶ拭いてからマットに降り立ちます。。 同居人はそんなん気にせずマットをべちょべちょにしてくれるので、「拭いてからでてくれ」といいたい。でも、「几帳面、きれい好きは他人に強要しない」を心がけてるので、ちと我慢。。ブログで話したOCDの話の続きみたくなってもた。
  1. 2005/06/30(木) 13:15:23 |
  2. URL |
  3. すまいる #TwO4yE0Y
  4. [ 編集 ]

すまいるさん

「これだけはどうしても生理的に嫌だ」っていうもの、きっと誰でもあるんでしょうね。私の場合は、トイレの便座カバーが嫌。最近、便座ヒーターのおかげで日本でも少なくなってきてますが、どうしても「ほんとにきれいなの、これ?パイル地の突起の間にばい菌が溜まってない?」と疑いの目で見てしまい、座れません。
  1. 2005/06/30(木) 14:46:56 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

同じことを言われた

ビアンカさん、それがOCDときれい好きの違いでしょうか。 あっしの場合、OCDに片足つっこんでるだけなので(と言い切れるかは??)、その便座カバーは使えるんです。適度に洗っていれば。しかし、なぜか風呂場のマットが濡れるのは嫌なんですわ。 結局OCDって、自分自身の中での整理整頓センサー(?)が働いていて、自分が気分よければいいみたいな勝手なところがあったりするんです。ある意味思い込み。同居人とチビが来てから、汚れる度合いが増えたので、最近カバーは週末は外してます。女だけだとそんなに汚れないんですけどねぇ。
  1. 2005/07/01(金) 00:53:32 |
  2. URL |
  3. すまいる #TwO4yE0Y
  4. [ 編集 ]

すまいるさん

私はスリッパも苦手です~。履かなければならない場面では、いちおう我慢して履きますが。

私の整理整頓センサーによると、乾性地帯のばい菌はOK.でも湿性地帯のはだめなんです。変ですよね~。
  1. 2005/07/01(金) 13:40:14 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/51-a8a1a126
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。