わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自分たちで作る修学旅行

息子のクラスの保護者会に行って来ました。

今回の集まりは、新年度の「役員選出」と、9月に予定されている修学旅行が話し合いのテーマでした。

今年4月に息子が転入して三日後くらいに、いきなり一週間の修学旅行があったのですが、このときは飛び入り参加のようなもので、準備期間にはいなかったので、親である私も息子も何が何だかよくわかりませんでしたが、今回はこうして事前の説明会にも出席して、少しその様子が見えて来ました。

この学校では、生徒は定期的に修学旅行に行くようですが、これは「学年ごと」の行事ではなく、クラスごとです。学校では「テーマ旅行」と呼ばれていて、あらかじめ設定した学習目的のための旅行ですが、クラスによってテーマが違うので、行き先もそれぞれ違います

今回の目的地はハルツ地方。日程はなんと9日間!長い!
先生曰く、「一週間では徹底的にその土地のことを調べるのは無理だろうということになりました」。はあ、本格的なんですねぇ。。。
場所はとりあえず先生が決めるのですが、その後は全部、生徒達が自分達で計画するらしい。先生が目的地に関する文献を用意して、「さ、これを読んで何を調べたいか、考えなさい」と。

生徒達は本や地図を見ながら、そこはどういう場所なのか、そこで何ができるのか、何が学びたいかを考える。アイディアがたくさん出たら、どこまで実行可能か、実行するためには何が必要か、どんな準備をしておかなくてはいけないかなどを考える。その後は具体的に、どうやって行くのか、お金はいくらかかるのか、持って行く物は何かを検討する。

9日間、テント生活で完全自炊だそうです。献立は?買い出しは?予算は?全部、自分達で。

「子ども達、張り切って着々と準備を進めています。これだけ大がかりな旅行を計画、実行するんですから、いろんな能力が身につくし、自信がつきますよ~」と、先生は仰っていました。

う~ん、なんだかすごく楽しそう。子ども達が羨ましいよ~。

私が小学生のとき、何かを決めるのに、ここまで自分たちの裁量に任されたことってあっただろうか。5年生のときに宿泊研修っていうのがあって、6年生で修学旅行がありましたけど、自分たちで決めたことなんて何一つなかったような......

旅行の「しおり」なるものが配られて、そこに「何時に出発して、何時にどこそこへ着いて、何時に何をして、何時にご飯で」というようなことが細かく書かれていて、「持ち物」と書かれた紙に書いてある物を用意して(親が用意した)、予定通りの場所に予定通り連れて行かれたって感じ。

何を見たとか、何を聞いたとか、なんにも覚えてないっす。

「お前達の好きなように決めなさい」なんて、せいぜい「お楽しみ会」ぐらいのものだった気が....

自主的に学ぶ、ということがモンテッソーリ教育の要ですから、それが修学旅行であっても、先生や保護者がお膳立てしないというのも頷けます。

自分で計画し、実行する喜びを味わって成長する機会になったらいいな~と、子どもを送り出すのが楽しみで、楽しみで。

スポンサーサイト
  1. 2006/08/29(火) 05:47:54|
  2. モンテッソーリシューレ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<せ、先生になっちゃったよ~ | ホーム | ドイツのお菓子地獄>>

コメント

羨ましい。。。

うちの子どもが通うネイチャーセンターでも子どもが企画実行するプログラムはあるのですけど、なんかスケールが全然違いますね。いいなぁ。
よく欧米の子どもたちは日本に比べて自立度がとても高いという話を聞きますけど、やはり!と思ってしまいます。子どもたちも面白いでしょうし、自信もつきそうで羨ましい。地元の小学校でも、このような修学旅行はあるのでしょうか。
  1. 2006/08/29(火) 08:47:36 |
  2. URL |
  3. waremokou #-
  4. [ 編集 ]

羨ましい。。。-2

こういうのを、『学校』と呼ぶのでしょうね!!

子供たちに自分たちで考えさせる。そういったことの蓄積が、のちのち人間力として本人たちの将来を左右する。

そう言えば僕も、遠足のときの『お菓子300円』までの中身しか自分で考えたことなかったです……。
  1. 2006/08/29(火) 14:31:32 |
  2. URL |
  3. RYO #-
  4. [ 編集 ]

waremokouさん

9日間もの旅行を計画、って、大人でも結構大変だと思います。それをやらせてもらえる子ども達は恵まれているなあと感じます。

ドイツの普通の公立校も、似たような企画はあるのでしょうが、自由度はもうちょっと低いのかな?どうでしょうか。
  1. 2006/08/29(火) 15:52:30 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

RYOさん

そうそう、遠足お菓子300円ってありましたよね。
なるべくムダが出ないように、って一生懸命考えて買い物したりするんですよね。

そういうことをもっと大きなことにまで広げていけばいいと思うんですが、当たり障りのないチマチマしたことしかさせてくれないから......
  1. 2006/08/29(火) 15:58:49 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

修学旅行

って、あるんですね、そちらにも。 それともその学校の特色かな。

しかし、9日間は長い・・。 しかもテント?私だったら発狂しそう。 計画はたのしそうだけど、子供にしたら結構長い期間ですね~。 うまく、楽しくいけばいいですね。
  1. 2006/08/30(水) 04:42:05 |
  2. URL |
  3. すまいる #TwO4yE0Y
  4. [ 編集 ]

すまいるさん

息子はこの夏、7日間のテントキャンプに行って来たのですが、それでも物足りなそうでした。

去年、家族で一週間キャンプしたときは、子どもは元気でしたが、親は最後の二日ぐらいはいい加減ベッドで寝たいと思っちゃいましたね。
  1. 2006/08/31(木) 03:50:12 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/412-d100f3de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。