わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

体力つけたい

もともとはアウトドア派どころか、スポーツとは全く無縁だった私。泳げるようになったのも成人してからだし、運動は上手にできなくてつまらないだけでなく、

疲れるからやだ

ったんですよね。広い北海道で育ったので、自転車に乗るのには慣れていましたし、スキーも一応滑れますが、それ以外はまるでダメ。高校のマラソン大会なんて、最初から走る気皆無でした。護送車の前をたらたらたらたら歩いて行き、でもビリは嫌なので、最後の最後にラストスパートで何人か追い抜いてそれで満足ですよ。

当然のことながら、あまり体力がありません。

ドイツの大学で文化人類学を専攻していたのですが、研究者としてフィールドに出る人生を送るのは諦めました。諦めた理由は他にもいろいろあったのですが、「体がついていきそうにない」というのも一つの大きな理由でした。暑いのダメ、寒いのダメ、アレルギー体質で喘息、それにすぐお腹壊す。世界中の病院にお世話になってきました。そんな調子だから、長期的にテント生活なんて到底無理だ、と思って......

まあ、それでもいいや。体力がないならないなりの旅行ができるのだし、キャンプみたいな疲れることはもともと嫌いだし、なんて考えていました。それがいつの間にか、子供と一緒に沢登りしたりまでするようになるとは。自分でもびっくりだけど、やってみるとアクティブな生活って楽しい。どんどんはまっていきます。

埼玉にいた頃、娘の保育園の行事がいろいろあったのですが、暑い時期に屋外で活動することが多くて、暑いとすぐ疲れる私は「ヒェ~勘弁してくれぇ~」と毎回息も絶え絶えでした。でもそのお陰で少しは鍛えられたのでしょうか。この夏、子供達と湖水浴三昧の毎日を送っていても結構元気なんです。テクはないけど、かなり長距離泳げるようになったし、ここのところ毎日自転車に乗ってもそれほど疲れません。嬉しいな。

私が、「体力がなくて悔しい」と心から感じたのは、アイスランドへ行ったときでした。レンタカーを借りて、アイスランドをぐるりと一周しました。本当に言葉ではちょっと形容できないほど、自然の素晴らしいところです。行く前に用意したトレッキングシューズを履いて一日何時間も歩き回り、自分が広大な大地を踏みしめていることに深い感動を覚えました。

だけど、世の中にはすごい人がいるもので......

マウンテンバイクで一周している人達にすれ違ったんです。真夏とは言え、風が吹けば身を切られるような冷たさで、火山地帯は灼熱のアイスランドです。いや~、みなさん体力がありますね。途中で具合が悪くなっても、病院はおろか、民家だってないところが多いのに、平気なんですね。

そして、アイスランドの雄大な景色の中で草を食んでいる馬を見たとき、突然無性に馬に乗りたくなったのです。

この大地を、アイスランドの馬に乗って駆け回りたい。他の場所じゃイヤ、アイスランドの馬じゃなくちゃだめ。なにがなんでもそうしたい!

それまで馬にはまるっきり興味がありませんでした。アメリカでホームスティをしていた家には馬が四頭もいたのに、当時の私は「馬なんて、ハエが止まってて汚い」なんて思っていたんですよ。なんてバカだったんでしょう。

うまい具合に、アイスランドには体験乗馬をさせてくれる施設がたくさんあったので、ビギナー乗馬に申し込みました。やった~明日こそ馬に乗れる!とわくわくで床についたのですが、その晩に限って喘息発作が起こり、夜中のうちに宿を出て、病院のある町へ車を走らせることになりました。

ああ、無念。

以来、「体力がないと、人生の楽しみも減る」と感じるようになり、なんとか体力つけたいんですよね。と言っても、フィットネスのように黙々と体を動かすのはどうにも苦手で...... 子供のレジャー引率を通じて少しづつ体力アップを図っております。

最近こちらで知り合い、仲良くなった夫婦は、子供ができる前にはバックパックで14ヶ月かけて世界を旅して回ったそうで、奥さんの方はインスタラクター並の腕前のダイバー、だんなさんは国の内外でエコツアーを企画、引率しています。とてもアクティブ。

また別の友人は、毎年キャンピングカーでカナダの国立公園を周遊する、これまた強者のアクティブ旅行者。この間会ったときに私が「去年、釧路川でカヌーに乗ってとても楽しかった」という話をしたら、「どのくらいの距離をこいだの?」と聞かれ、「え?どのくらいって。半日だけど」と言ったら、「ワハハ。たったの半日?少なくとも100kmは漕がないと、カヌーに乗ったとは言えないんだよ」と大笑いされてしまいました。彼は奥さんと一緒に、一週間くらいかけてカヌー旅行をするんだそうですよ。

次元が違うので、いきなり真似をするのは無理ですよね。でも.....

私もまだまだ若い!つもりなので、これから少しづつ体力つけて、未知の体験がたくさんできたらいいなと思ってます。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/11(金) 22:55:00|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<興味ってなんだろ? | ホーム | ドイツでもレストランが禁煙に?>>

コメント

↓にコメントしたばかりですが、
激しく同意してしまったので、またコメント書かせて頂きます。

私も日本ではそれ程アウトドアな人間ではなかったのですが、こちらで様々な環境、旅行形態を見て来て
いつのまにか感化されていたようです。
私ももっと体力をつけて、未知の体験したいです!

  1. 2006/08/12(土) 02:39:32 |
  2. URL |
  3. Glueck #-
  4. [ 編集 ]

国土が狭区、常夏のシンガポールでは、アウトドアをたのしむ場所が限られています。少しづつ興味を持つ人の数もふえているようですが、まだまだですね。とうぜん体力という面でも発展途上です。
  1. 2006/08/12(土) 09:42:42 |
  2. URL |
  3. Kiasu #-
  4. [ 編集 ]

体力!?

体力、僕も落としまくっています。少し運動しなくちゃと思ってますが、自分に甘えたままです。その代わり、食べる量は減らしてますが(だから?)

自然と共に毎日を家族と一緒に楽しむことが普通の人たちって、自動的に基礎体力あるような気がします。
  1. 2006/08/12(土) 13:36:16 |
  2. URL |
  3. RYO #-
  4. [ 編集 ]

Glueckさん

体全体で記憶すると、感動が長持ちするような気がするんですが、思い込みでしょうか?

私がGlueckさんに感化されそうです。
  1. 2006/08/12(土) 21:31:56 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Kiasuさん

そう言われてみると、筋肉モリモリスポーツマンのシンガポール人って、なんだかイメージしにくいです。

シンガポールでのレジャーはどういうものが中心ですか?
  1. 2006/08/12(土) 21:34:52 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

RYOさん

もともと体力があるからアウトドア系になるのか、アウトドアが好きだから体力がつくのか.....
どっちなんでしょうね?
  1. 2006/08/12(土) 21:37:20 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

自分なりにはじめることが大切

私の周りには結構、バイクで世界一周とか、アフリカ大陸横断とか、たった一人でアマゾン河をカヌーで周遊したとかいう知り合い、友人がいます。みんな、どういう育ち方しらないけど、体力の他に、いわゆる旅行術と言うか、サバイバル術、さらに旅行準備にたけているというか、実行力があるんです。でも、ビアンカがこの年になって、アウトドアの魅力が分かり、やってみたいと思うなら、自分なりにスタートして、ステップを踏んで、楽しめばいいと思います。それを大笑いするなんて、(お友達のカヌー夫婦)ひどい友人ですね。関係ない人なのに、ひどく憤慨する私。ちなみに、私は自称アウトドア人間で、自分のサバイバル度を自慢するような人間は嫌いです。気にしないで、マイペースで何事も楽しんでくださいね。
  1. 2006/08/14(月) 21:49:31 |
  2. URL |
  3. とんちんかん #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。
(別件ですけど)ご連絡ありがとうございました。早速こちらに遊びに来ました!!

そうですよね。こちらの人たちは、体力あるなぁと、つくづく感心させられています。私もどちらかといえばアウトドアな方だとは思うのですが(ただフィールドが好きなだけかも)、こちらの人たちと行動するにはちょっと勇気が要ります。私が唯一自信あることといえば健脚ということでしょうか。確かにこれのおかげで、ここでの生活は楽しみも友達も増えましたが、まだまだ体力不足を痛感しています。
冒険しようとは思わないのですが、体力があれば、生活の幅も広がりますよね。やっぱりトレーニングですね。
  1. 2006/08/15(火) 05:06:27 |
  2. URL |
  3. Bobo #FkExu6mA
  4. [ 編集 ]

土曜日はインマーマン

突然ながら、こんにちわ。以前、「土曜日はインマーマン」に関して書かれてましたよね。私も実はあの歌の大ファンで、今回こんなサイト作っちゃいましたw。よろしければどうぞ!
  1. 2006/08/15(火) 06:59:14 |
  2. URL |
  3. しんたろう #JieqvBW.
  4. [ 編集 ]

とんちんかんさん

アクティヴなお友達、みなさんすごいですね。

日本にもそういう人はいるのでしょうが、やっぱり時間がないとできないことだから、難しいでしょうね。

今日は家族でサイクリングの予定でしたが、雨です。インドアの壁登りに行ってきます。
  1. 2006/08/15(火) 14:56:17 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Boboさん

Boboさんは、どんなアウトドア活動をされるのですか?

ドイツに来たばかりの頃、ドイツ人が雨でも雪でも散歩に行くのにはすごくびっくりしました。それにみんなしっかりした靴を履くんですよね。歩くこと一つとっても、気合いが違うみたいで。
  1. 2006/08/15(火) 14:59:52 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

しんたろうさん

ご連絡ありがとうございます。

懐かしい~、です。実際にカラオケで歌われていたとは知りませんでした!
  1. 2006/08/15(火) 15:02:03 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/402-f6060c17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。