わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国民の夢

「内田樹の研究室」というページにこういうコラムがありました。

バブル崩壊少し後の「古い話題」であると断り書きがありますが、現在もそれほど変わってはいないんじゃないかなという感想です。一言で要約しますと、日本の新聞の折り込み広告はざっと三種類に分けられる。それは、不動産広告、塾の広告、そしてエステの広告だ、とか。言われてみれば、確かにこの三つ、すごく多いですね。

コラムでは、これら三つの広告の山は、平均的日本人の欲望がどんなものであるかを示している、いえ、もっと突き詰めて、「マイホーム」「できのよい子供」「妻の美貌」は、実はすべて妻の欲望であると仰られていて、そこの部分は読んでいてちょっとゾッとしちゃったんですが。

ふと考えてみると、ドイツの折り込み広告って日本のとは随分違います。日本でいう「塾」がないので、塾の折り込み広告というのは今のところ見たことがありません。エステの広告もないです。エステって、ドイツにもないわけじゃないけど、かなり地味ですよ。日本のように駅前にチェーンのエステサロンがいくつもあって、女性誌の後ろの方はエステ広告ばっかりとという風ではありません。嫌でも目につく状態ではなく、探さないとエステサロンなんてどこにあるのかわからない感じです。

不動産広告。これはありますが、やっぱり地味。裏表カラー刷りで、「七月完成!○○駅から10分!△△ショッピングプラザまで徒歩7分!」の他に何やら魅力的なキャッチフレーズで国民に夢を見させるような広告は目にしないなあ。新聞の不動産欄はどっちかというと、条件のみ数行で簡潔に記したアパマン情報の物件紹介みたい。

ではドイツの折り込み広告にはどういうのが多いのでしょうか。うちは有料新聞を取っていないので、ローカルな無料新聞が投げ込まれるだけですが、そこに挟まっている広告は圧倒的に家具屋の広告が多いですね。次に多いのが、ホームセンターの広告。日本ではホームセンターは大型雑貨店という感じですが、ドイツのホームセンターはDIY専門店。

ということは、ドイツ国民の最大の関心事は、「家の内装を自分好みにする」ということなのでしょうか。入れ物である「家」を買うことそのものが目標ではなく、家を手に入れた後、理想の内装を手に入れることに相当な情熱が注がれている気がします。

そういえばドイツ人って、他人の家の内装にとても興味を示すなあ。人の家に初めて招かれたら、玄関を入るなり、まずぐるりと辺りを見回して、「素敵なお家ですね」とコメントする。内心、「あまり素敵じゃないな」と思っても、ノーコメントでは許されないような雰囲気を感じるんですが、私の考え過ぎでしょうか。

それに、客が「お部屋は全部でいくつあるんですか?」とか、「あっちの部屋も見せて頂いていいですか~」などと言うこともしばしば。ドイツ人は「いいですよ。どうぞ~」と言って家中案内したりする。寝室やバスルームまでも。(でも、アメリカ人ほどではないな。アメリカ人ってお客が来ると、家の中ツアーをやりますよね?)

日本だと、親しい友達は別として、あまり人の家でキョロキョロすると覗き見趣味と嫌がられそうだし、客が寝室に入るなんてことはまずないんじゃないだろうか。

内装に凝るドイツ人は、自分の家の中を人に見てもらいたいと思い、また他人の家の内装も参考のために見たいと思う。

日本では「立派な家」とは「外観が立派な家」のことで、もちろん内装も立派な方がいいには違いないんだけど、ドイツでは家の外観はわりとどうでもよくて、築100年でボロボロでも中が綺麗であれば「立派な家」に住んでいると言ってよい。

幸せな暮らしとしてイメージするものも、その国民によって違うようですね。

スポンサーサイト
  1. 2006/08/07(月) 00:52:00|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<探検がやめられない | ホーム | ライフスタイルと女性の体>>

コメント

ない!?

バリ島には折り込み広告ほとんどありません。以前見たことがあるのは、不動産、英会話教室、美容院ぐらいか。それも1年に数回ありかどうか……。
バリ人は別に感心事もってない!?
  1. 2006/08/07(月) 15:13:30 |
  2. URL |
  3. RYO #-
  4. [ 編集 ]

広告って、お国柄や世相が反映されているもんですね~。
日本に帰ると、広告を見るのが日課になったりして。
ところで、イタリアでも家に招待されると、まず、何も言わなくても「家の中ツアー」が始まることが多いです。
やっぱりパスルームも寝室も。
でもはじめから「見せること(見ること)」を意識しているだけあって、きちんとしてますね。
で、家主はかならず、何らかのポジティブな感想を待っているわけですよ。
これがまた、難し~!
私は寝室やバスルームは見せる気もあまりしないし、他人のを見る気もしないんですが…。
  1. 2006/08/07(月) 20:27:31 |
  2. URL |
  3. 麻 #-
  4. [ 編集 ]

家の中ツアー

私も好きかも知れません。見せてもらうのが♪
でも寝室って・・・・日本では見せませんね。冷蔵庫だってあまり開けさせない雰囲気がありますしね~。
DIYの広告が多いんですね~。大型のお店って結構何軒もあるんですか?
不動産、塾、エステの広告はすごい多いです。いつでも。一度、私の住んでる市のが入ってきたのですが、絶対ありえない’○○駅何分’で書いてありました。
  1. 2006/08/07(月) 23:03:46 |
  2. URL |
  3. Sette #MZqWOFlo
  4. [ 編集 ]

シンガポールでも同じですね。狭い空間の中でも改築したりして自分の世界を作っています。よその家にお邪魔して、キッチンやトイレや寝室も平気でのぞきますし、のぞかせてもらえます。
  1. 2006/08/07(月) 23:22:29 |
  2. URL |
  3. Kiasu #-
  4. [ 編集 ]

日本の奥様、大手市場

日本の広告に慣れていると、アメリカ来たときに広告になぜか物足らなさを感じましたね。 で、逆に帰国するとその逆に、うっとおしさを感じたり。

アメリカで多い広告って、スーパーや近所にある店(スポーツ品点、家具、ホームセンター)のセール通告がほとんどで、不動産関連は新聞上ある不動産屋の広告をみる・・ですね。 詳しくはやっぱりネットか現地訪問なので、詳しいことは書いてません。

ツアーやりますね、どんな小さなアパートでもやりますねぇ。 綺麗にしているところであればあるほど。 部屋の間取り見るのが好きな人が多いのかな。

  1. 2006/08/08(火) 04:50:29 |
  2. URL |
  3. すまいる #-
  4. [ 編集 ]

RYOさん

バリにはあまり広告がないんですか!商業主義にあまり毒されていないということでしょうか。それともバリの人は宣伝には簡単に乗せられない?

日本で電車に乗ると、吊り広告がすごいですよね。ま、暇つぶしになりますけど。
  1. 2006/08/08(火) 04:59:59 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

麻さん

イタリアでもそうですか。

お客さんが来る=家中を見られる、となると、掃除しなくちゃならなくて億劫になってきます。

夫が「クローゼットの仕組みはこうなっているんですよ」なんてタンスを開けて見せたりすると、もうゲッソリです。
  1. 2006/08/08(火) 05:04:35 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Setteさん

大型ホームセンター、いくつもあるんですよ。「こんな遠い店、わざわざ行かないよ」という店の広告も入っています。

「駅から○分!」は、何割か割り引いて考えた方がいいかもしれませんよね。
  1. 2006/08/08(火) 05:07:34 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Kiasuさん

シンガポール人も凝るんですか。日本は借家の場合、あまり手を加えてはいけないので凝れないのかもしれませんね。インテリア雑誌など見ても、改装よりも「畳をカーペットで覆って洋風に見せる」など、カバーテクニックが多いですね。
  1. 2006/08/08(火) 05:11:44 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

すまいるさん

日本は、広告入りティッシュを街頭で配るなど、広告にかなり力が入ってますよね。

最初アメリカに行った時、ほんとにびっくりしましたよ。家の中ツアーと、家族写真ショーには。日本人にはない発想だと思うので。
  1. 2006/08/08(火) 05:15:21 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/398-6871a8c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。