わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ライフスタイルと女性の体

数日の間、旧友が日本から遊びに来ていました。

彼女は私と同い年。都心の分譲マンションに住む、外資系企業の部長さん。子持ち主婦の私とは対照的な生活をしています。

久しぶりに会ったけど、相変わらず体型は若いときのまま。髪は黒々、皺もなく、踵はスベスベ。いいな~、羨ましい!
そう思ったのですが、彼女曰く、
「そうでもないわよ。ストレスのせいか吹き出物ができやすいし、ちょっとした傷もなかなか治らないし、日焼けでできたシミも、レーザー治療とかいろいろやってみたけど良くならないの。あなたこそ、シミもなくて健康的じゃない」

いやー、私も結構あるんですよ。シミなのかソバカスなのかわからないものがね。彼女は近視だから、よく見えてないだけ。でもまあ言われてみれば、基礎化粧をまったくせず、日焼け対策も怠っている割には、肌のトラブルは少ない方かもしれません。

「それは、子供を産んでるからよ。子宮をちゃんと生理のサイクルから休ませたから、健康でいられるのよ」と彼女。

かつて女性は、初潮後まもなく第一子を産み、何人もの子供を産んで、最後の子供を産んでしばらくしたら死んでいった。女性の生涯における総月経回数は約50回。しかし、寿命が延び、ライフスタイルが大きく変化した現代では、女性が生涯に産む子供の数は大幅に減り、月経の止まる妊娠や授乳期間がほとんどないので、死ぬまでの総月経回数はなんと平均で450回。昔の10倍近くにも増えている。つまり子宮は、作っては壊し作っては壊しという作業を休みなく延々と続けているわけ。

「これだもん、体がおかしくなって当たり前なのよ」
負荷がかかりすぎということなんですね。確かに、子宮内膜症や子宮がん、乳がんなどの疾患と出産経験の間には関係があると言いますよね。うーむ。子供を少なく産むようになって、いろんな面で楽になった、その分若さを長く維持できるようになったと考えていたけど、事はそう単純ではないってことか。プラス面があれば必ずマイナス面もある。

先日、ニュースで聞いたばかりです。日本女性の平均寿命は21年連続で世界一だそうですね。いや~、日本女性って元気なのね~って単純に感心してましたが、よく考えると、世界一長く生きるから健康状態も世界一というわけではないんでしょうね。あちこち不具合を抱えての長生き、ということもありえる。

より快適で、より豊かで、より充実した生活を送りたい。そう切望して人間はライフスタイルを変化させて来たわけですけど、そうして得られたものもあるが、そこから発生した新たなトラブルもある。

難しいですね~。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/02(水) 23:08:36|
  2. へえ~のお話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<国民の夢 | ホーム | パラレルに作業ができない>>

コメント

テレビで

子宮とかの病気が増えてるって言ってました。やはり、子供を生まなかったり、少なかったりするので、一生の生理の回数が昔より増えてるかららしいです。子宮筋腫も若い人でもよく聞きますもん。私もまだ産んでないのでちょっと怖いです。
女性は長生きですね。図太いのかなあ。結構男の人が残ると、寂しいせいか、早くになくなっちゃう方も多いみたいですけど・・・・。ちなみに男性寿命は世界4位になっちゃったらしいですよ~。いわゆる病気、の他に、統計の中には自殺も含まれてるかも知れませんけれど。
  1. 2006/08/05(土) 00:30:48 |
  2. URL |
  3. Sette #MZqWOFlo
  4. [ 編集 ]

ぎくっ

身に覚えがありすぎる今日の話題。痛いところをつかれました。 晩婚で子供を生むことも早くに済ませてないってことはやっぱり生理的に自然じゃないんですよね。 

最近ほんとに年から来るガタをつくづく感じる私でした。 
  1. 2006/08/05(土) 05:13:38 |
  2. URL |
  3. すまいる #-
  4. [ 編集 ]

本来は?

こういったこと初めて具体的に知りました。きっと、いろいろな分野において、『本来はどうあるべきなのか?』、『昔はどうだったのか?』と考えることは何かの助けになるのかもしれませんね。

だからと言って昔の生活スタイルには戻れないのですが。

バリ島にいる僕は少なくとも、日本で起きているような激しい生活スタイルの変化とその進歩のスピードを、日本で暮らしているよりは緩和できているとでも言うような状況で暮らせています。

いろいろな意味でのスピードみたいなもの、落としていけています。
  1. 2006/08/05(土) 11:40:40 |
  2. URL |
  3. RYO #-
  4. [ 編集 ]

Setteさん

そう、妻に先立たれると男の人はがっくり来ちゃうことが多いけど。夫に先立たれても妻は大丈夫な場合が多いですよね。精神的にも強靭なんでしょうか。
  1. 2006/08/06(日) 13:40:52 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

すまいるさん

先進国では社会がすごく複雑なので、経済的に自立できるようになるまでにすごく年月がかかりますよね。だから晩婚化するのもしかたがない。でも肉体的には不自然なんでしょうね。
  1. 2006/08/06(日) 13:44:01 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

RYOさん

昔には戻れないから、なんとかうまくつきあっていくしかないんですよねー。

自分たちが生んだ変化に自分達がついていけないって、皮肉ですね。ときどき立ち止まって考えてみるのもいいかもしれません。
  1. 2006/08/06(日) 13:47:16 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/396-f59ac2aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。