わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いろんなお父さん

Kiasuさんの記事の「シンガポールでは父親は子供と体をはった遊びはしない」と言うのを読んで、とてもびっくりしてしまいました。

根拠はありませんが、なんとなーく、父親が子供とじゃれて遊ぶのって本能じゃないかと感じていました。でも、違うんですね。

私も子供の頃、よく父にお腹を思いっきりくすぐられて、笑い過ぎて「ひぃ~っ」となってるところを、フィニッシュに布団の上に放り投げられてました。ほとんど、毎日。その他にも、飛行機ブーンだとか、逆さに吊るされるだとか、いろいろありました。

シンガポールのお父さんはやらないんだ。そうか~。

人が思い浮かべる父親像って、その人自身の父親がベースになっているものなのだろうか。子供を持つようになり、夫が子供達と接しているのを見て、自分がイメージしていた父親像とはかなり違う夫に、「へえ~。こういうお父さんもいるんだね」と新鮮な感動を得たのをよく覚えています。

私の夫はひょろひょろとした外見に似合わず、結構サバイバル派。散歩とかハイキングなどに行くと、オフィシャルな遊歩道よりも、草むらをかきわけて進んだり、獣道を通ったりしたがります。「危険スレスレ」なことが好きで、登れそうなところにはとりあえず登ってみる、狭いところへも無理矢理入ってみる。そして、子供にお供させるんですよ。

臆病な私は、「そんなこと危ないからやめてぇ~」と最初は怖くてしかたがなかったけど、本人は「無理なことは絶対にしないから、大丈夫」と言うので、元兵隊として一通りの体験をしてきたことでもあるし、まあ、大丈夫だろうと信用することにしています。

父親との冒険から戻って来る時、子供達は「すっごい楽しかった~」と興奮気味に報告するんです。それで最近は、「私も連れてって~」になりました。夫が一緒ならとりあえず安心して、「ちょっと怖いこと」ができます。

それから夫は「修理屋父さん」。家の中の壊れたものを直すのが趣味です。土日は必ず何かしら直したり、改良したりしていて、子供達はそれを手伝わされてます。そうやって子供達は、私なんかは触ったこともないような、いろいろな工具の扱い方を覚えていってますね。

母親である私も、もちろん子供と一緒に遊んだり何かをすることはあるけど、危険が伴うかもしれない豪快な遊び方はできず、どうしても活動範囲が狭くなってしまいます。だから、夫が時間に余裕があるときに子供達と一緒に活動しているのを見るのが好きです。

外でバリバリとお仕事しているお父さんもかっこいいものだろうけど、個人的には「子供と多くの時間を共有するお父さん」がいいなあと思う。できればだけどね、できれば。

そういえば、いままでにたくさんの「かっこいいお父さん達」に遭遇して来ましたよ。

手先が器用で家中の家具は全部手作り、子供のために「ねぶた」まで作ってしまうお父さん。折り紙名人お父さん。子供の通う小学校に料理を作りに行くお父さん。ボランティアとして大勢の子供達を山登りに引率する山男お父さん。他にもたくさん.....

世の中にはいろんなお父さんがいるんだな~と、ちょっと感激したりして。

私のお父さん?

私の父は教師でした。勉強でわからないことがあると、父のところへ直行。参考書不要。子供の頃の私にとって、「お父さん」とは「何でも知っている人」のことでした。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/25(火) 04:18:11|
  2. 異文化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
<<涼みアイテム | ホーム | インビスや各国料理レストラン>>

コメント

父親

父親は私の自慢です。

今はアルツアィマーが出ていますがそれでも誇りに思っています。彼も私を見ると意識が戻ります。二人で散歩すると昔の記憶が戻るようです。彼も私の事が自慢のようです。

子供の時、父親参観の日が一年に一度あるのが楽しみでした。父親の中で一番かっこよかったです。10歳の時、既にお互いにリスペクトし合う関係ができ上がっていたようです。

またアルツアィマーの父に会いに帰ります。

私の十代の反抗期の後半、父が世の中で成功していない人と思った事がありましたが今はそんなことはありません。私よりもずっと成功をした人です。

すみません、自分の親父の自慢話になってしまいました。

URLは親父の手術の後の写真です。
  1. 2006/07/25(火) 06:16:47 |
  2. URL |
  3. chosei #ffhoJpIg
  4. [ 編集 ]

男性について

結婚前は仕事が出来る男性がかっこ良かったのですが、今では断然、子ども思いのお父さんが素敵。
子どもを愛せない、仕事ばりばり男性たちにはちょっと食傷気味。
わたしこそ身勝手かも?
  1. 2006/07/25(火) 10:54:21 |
  2. URL |
  3. waremokou #-
  4. [ 編集 ]

TBありがとうございました。
シンガポールでは子供に肩車をしている父親の姿もほとんどみかけません。遊びといえばゲームってとこでしょうか? 体はった遊びたのしいのに・・・・・・。
  1. 2006/07/25(火) 20:34:43 |
  2. URL |
  3. Kiasu #-
  4. [ 編集 ]

父、母像

ドイツ人の夫との結婚を通して、初めてこう、家族の中の目線で、自分の父ではない父親像を見ています。
同じ父親でも違うもんですね。
国の違いもあるでしょうが、彼の父親は、あらゆる場面で家長なんですね。昼もご飯を食べに帰ってくるし、夕方には帰宅。家の中で存在感があります。
私の父は、会社員だったので家の事はほぼ母がしきっていました。
父は、働いてくれている人と言う認識が強かったし、母と、父が分業と言う形を小さい頃から見てきた私としては、家で働く夫をどう処理すれば良いのか最初はかなり戸惑いました。当然、彼は家長ぶりを発揮するわけですからねぇ・・・。
長くなってしまいましたが、両親の影響力の強さをひしひしと感じる今日この頃です。
その基盤の上にどう私たちの家族を作っていくかなんでしょうね。

  1. 2006/07/25(火) 21:52:17 |
  2. URL |
  3. ひんきぃ #TyqeI/Mo
  4. [ 編集 ]

父親

色々なお父さんがいますね。自分の父親が基本にあるので、結構驚くことも。
器用なお父さんっていいですね~。何でも知ってるお父さんもかっこええ~。
ちなみにうちの父は器用で、シロアリに食われた柱まで取り替えたりしてました・・・・しかも、ゴキちゃんなんかも必要とあらば素手で取ってくれます。頑固で気難しいのがたまにキズですが。
  1. 2006/07/25(火) 23:53:43 |
  2. URL |
  3. Sette #MZqWOFlo
  4. [ 編集 ]

父親像

あたしはファザコンなところがあるので、父親像といえば「不言実行」的なところがある。けっこう無口っぽいけれど、やるときにはやるみたいな、行動力のある父親です。

あたしが住んでいる街は母子家庭が多く、多くの男性は「父親としての責任」をとらない人のほうが多いから、ご近所の人たちは「父親像」って描けないと思っています。

あたしは個人的に、彼が子どもを愛してたくさん遊んでくれたらいいな、と思います(変わりにあたしが働いたっていいから)。
  1. 2006/07/26(水) 00:16:01 |
  2. URL |
  3. アキツ #tY2oADrk
  4. [ 編集 ]

choseiさん

10歳でお互いにリスペクトだなんてすごいですね。素敵な関係をずっと保っていらっしゃるんですね。うちの父子もそうなったらいいです。
  1. 2006/07/26(水) 02:58:23 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

waremokouさん

あ、それ、わかるかも(笑)。若い時は、「自分の夢を追い続ける人って素敵」って思っていたけど、最近はかなり違いますね。
  1. 2006/07/26(水) 03:02:25 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Kiasuさん

シンガポール男性は、「あんなことして何がおもしろいんだろう?」と考えるのでしょうか?不思議なかんじですねー。
  1. 2006/07/26(水) 03:04:46 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

ひんきぃさん

自分が育った家庭環境と違うと、いろんな意味で驚きますよね。

私の場合は逆に、実家には会社員が一人もいないので、自分が会社員の妻って、最初全然ピンと来ませんでした。残業って何?出張って何?って感じで。

だんだん慣れては行ってますけど.....

  1. 2006/07/26(水) 03:15:11 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Setteさん

いざというときに頼りになるお父さん、いいですね~。ゴキ○○捕獲も含めて。
  1. 2006/07/26(水) 03:18:41 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

アキツさん

父親の定義というのも、社会によって違うのかもしれませんが、モデルを全然持たずに父親になるのって大変なんだろうなあと想像します。

予定日、もうすぐですね。アキツさんご夫婦の育児日記、楽しみです。
  1. 2006/07/26(水) 03:24:10 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

かっこよさ

ビアンカさんがかっこいいと思う中身のある男性像、いいですね。

私は子どものとき、弟が捨て犬を拾ってきて飼いたいと言い出したとき、犬小屋を作ってくれた父をかっこいいと思った覚えがあります。些細なことですが。
  1. 2006/07/27(木) 04:01:24 |
  2. URL |
  3. yuranoto #-
  4. [ 編集 ]

無感動でも

私の父というのはまったく親らしくなかったんですが、器用な人だったので子供のころいろんな工作で手伝ってもらったり、釣りにいったり思いではいっぱいあります。

弟にしたら男としてよい見本じゃなかったかもしれないけれど、娘としてはいろんなことを学んだと思いますね。 今、年老いた父が気がかりでたまにですが、電話しいろいろ話しします。

母も器用な人だったので、母からは絵の描き方、裁縫、料理、そのた家事を学び、父からは家の外のこと、庭仕事、日曜大工仕事、虫取りで生態など学んだかも。 おかげで男の仕事、女の仕事両方適当にできるようになりました。 (完全じゃないんですけど)
  1. 2006/07/27(木) 14:10:59 |
  2. URL |
  3. すまいる #-
  4. [ 編集 ]

yuranotoさん

捨て犬のために犬小屋を作るなんて、ほんとかっこいい。そういう記憶って、いつまでも残るのでしょうね。
  1. 2006/07/27(木) 23:03:58 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

すまいるさん

ご両親からそれぞれ違う分野のことを教わったなんて、理想的ですね。うちもできるだけそうしたいです。

私は修理系のことはからっきしで。でも、女性でも出来た方がいいんですよね。
  1. 2006/07/27(木) 23:08:33 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

僕の父

あまりコンタクトがなかった人です。わずかにキャッチボールした記憶がありますが、父と一緒に何かをトコトン楽しんだという記憶はなく、彼は朝7時半に家を出て、夜7時に帰ってきて、日曜は付き合いゴルフでした。
そんな父のおかげが、僕は子供と遊びたくてしょうがないです。日系企業にいるので、なかなか時間が取れず、子供tのランチのために家に帰ることができるなんて、羨ましいです。
経済力と生活のスタイルの違いもありますが、ドイツほど理想的ではないものの、日本よりは健全なバリの我が家庭です。
  1. 2006/07/28(金) 17:01:10 |
  2. URL |
  3. RYO #-
  4. [ 編集 ]

RYOさん

私の夫はドイツ人にしては仕事が忙しくて、子供が生まれて以来、月半分は海外出張という生活が続いています。今も、週末しか家には帰って来られませんが、子供と遊ぶのは大好きなので、将来的にはできれば時間に余裕のある仕事がいいな~と言っています。
  1. 2006/07/29(土) 02:51:10 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/391-763e90d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。