わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

母のカルチャーショック

滞在していた母が、明日日本へ帰国します。

休みのなかなか取れない職業婦人である母にとって、初の海外旅行でした。休暇は全部で十日間。行き帰りの時間を引くと、わずか八日間という短い滞在です。本当にあっという間。

ベルリンもポツダムも、見所はいくらでもありますが、この一週間、本当に暑くて、エアコンもなければエレベーターもないドイツの美術館や博物館を巡るのは拷問に近く、あれもこれも欲張るより、むしろのんびりしたいということで、家で過ごしたり、湖にピクニックに行ったりして過ごしていました。

私から今までにドイツの話をいろいろ聞いて、予備知識は相当にあったけれど、実際に自分の目で見てビックリしたことはやはりあったようです。たとえばこんな点。

1 「オオハンゴンソウ
繁殖し過ぎて周りの植物をダメにしてしまう悪い花」と母が認識していたオオハンゴンソウが、こちらでは庭に植えられ、可愛い小さな花を咲かせていたこと。それのみならず、ビアガーデンでは切り花として花瓶に活けてさえあった!北海道では空き地や河原などに増え過ぎて、「オオハンゴンソウを抜こう運動」まであると言うのに。

「同じ花でも、場所が変われば、良い花だったり悪い花だったりするんだね」と、コメントしていました。私はそれを聞いて、「同じ子供でも、環境が変われば、良い子だったり悪い子だったりするんだよな~」なんて思ったりもしました。(ちょっと飛躍かな?)

2 「瓦屋根
瓦屋根や枝垂れ柳、ヤマブキ、茅葺き屋根の古民家など、母が「日本的」だとイメージしていたものが、こちらにも普通にある。

1とは矛盾するようですが、場所が違っても、同じようなものは結構あるものだなと思った。

3 「静かだ
うちは田舎の住宅街にあるので、車の音はほとんどせず、耳に入って来るのは鳥のさえずりくらいです。家にいると、平日なのか休日なのかもわからないほど。ポツダムやベルリンでも、日本よりずっと静かでびっくり。

4 「広い
部屋の一つ一つが大きい。町の中の公園が広い。

ドイツはアメリカやオーストラリアなどに比べると、なんでもかなり狭いけど、日本よりは広いですよね、やっぱり。もう、これだけはどうしようもないですね。

5 「ドイツ人は人目を気にしない
ビア樽体型でも堂々と歩く人達、カラフルな買い物カゴを下げて歩く男性、スカートが風でめくれ上がっても平気で自転車を漕ぐ女性、そして、どこでも裸になる人達......

「日本人は人目を気にし過ぎかね?」とコメント。日本にいるときには、お腹の贅肉を隠すためにTシャツの上からベストを着るとか、いろいろ気を遣っているらしいが、ドイツでは私の母など、どう見たって痩せている部類。ドイツの方がそういう面で気楽そうだ、と感じたようです。

6 「ドイツ人は家の中と外を区別しない
うちの娘、家の中では裸足ですが、そのままテラスや庭へ出て行ってしまうんですよね。それを見て母は、「なんてことするの!」とギョッとしていましたが、ビアガーデンなどに行くと、よその子供も裸足になっている子がいた。

「小さい頃から、靴を履かずに外を歩くのは行儀が悪いと教わって来たからそういう感覚だけど、ドイツでは気にしないんだね~」とびっくり。

7 「入れ墨をしている人が多い
これ、かなりびっくり!

他にもまだまだあるんでしょうけどね......

明日、帰国して、一週間ぶりの日本は母の目にどう映るのでしょうか。「狭い!」「うるさい!」「やっぱり日本食は美味しい!」「みんな痩せてる!」この四つは絶対に感じるね。

これまでは「自分は知らないけど、娘が住んでいるから気になる国」だったドイツ。明日からはドイツは母にとってリアルな外国です。母にとってドイツの思い出とはどんなものになるのかな?

スポンサーサイト
  1. 2006/07/21(金) 05:56:04|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<インビスや各国料理レストラン | ホーム | 理性と情緒>>

コメント

わかります

お母さん、素敵な体験をされましたね。あたしもそういった「初期の新鮮な感覚」というのがなくなりつつあります(って、生活していて、いちいち驚いていたら疲れますが)。
でも、そういう感覚って自分の気持ち次第なんですよね。ちょっと見方を変えてみようかな。
  1. 2006/07/21(金) 12:42:47 |
  2. URL |
  3. アキツ #tY2oADrk
  4. [ 編集 ]

始めてシンガポールに来たときの両親の感想。

「日本のほうがいいわ」

家内はムッとしてましたが、田舎者にとってシンガポールはあまりにも人工的なのでしょうがないとおもいました。
  1. 2006/07/22(土) 01:51:51 |
  2. URL |
  3. Kiasu #-
  4. [ 編集 ]

アキツさん

最初は驚いたことにもだんだん慣れて、それが普通に感じられて来ますよねー。

今週末は別のお客さんが日本から来ます。どんなコメントが聞けるか楽しみです。
  1. 2006/07/22(土) 14:00:37 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Kiasuさん

逆に奥様は日本に最初に行った時、どう感じられたのですか?

母はドイツを面白がっていましたが、日本に帰ったら、「やっぱり慣れている日本のほうがいいな」と思っていることでしょう。
  1. 2006/07/22(土) 14:09:34 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

オオハンゴウソウ、ドイツ語でなんと言うものでしょうか?きっとうちの庭にもあるのかな~。

里帰りすると、日本って、うるさいな、って思います。どこにいっても音がある。うちのあたりも、平日と日曜の違いは、芝刈りの音が聞こえるか聞こえないか、だったりです。
  1. 2006/07/22(土) 20:33:54 |
  2. URL |
  3. nyf1403 #-
  4. [ 編集 ]

nyf1403さん

Sonnenhutです。北海道では誰も可愛いなんて言わない嫌われ者だけど、この近所ではほとんどのお庭にあるんですよ。

日本、うるさいですよね。アジアの他の国も結構うるさいから、アジアの人はわりと騒音が平気なのかも。

記事に書き忘れましたが、母は「家の中に虫が入って来る」ことにも驚いていました。ハエ叩きを片手に、奮闘していましたよ。
  1. 2006/07/22(土) 21:03:05 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

国によって

違うものもあれば同じものもある。人とかもそうなんでしょうね。
贅肉隠しは、そう、ドイツなどはかなり自由だと思います。力が抜けてる感じで、隠さなければならないものを持っている私は、旅行中とかかなり楽させてもらってます。(笑)
  1. 2006/07/22(土) 23:59:20 |
  2. URL |
  3. Sette #-
  4. [ 編集 ]

新鮮な見方

>同じ花でも、場所が変われば、良い花だったり悪い花だったりする
そういうところに目をつけるところが、さすがビアンカさんのお母様だなあ、と思いました。

今、イタリアもかなり暑いですが、それにもまして、ドイツは暑いらしいですね。夏バテなどされないよう、気をつけてください。
  1. 2006/07/23(日) 04:22:32 |
  2. URL |
  3. yuranoto #-
  4. [ 編集 ]

お母様の視線

本当みんなが感じるカルチャーショックじゃぁないでしょうか?!
補習校の先生自己紹介のページにね、ドイツのいいところ「おしゃれをせずにすむ」って書いてる先生がいらして、大笑い♪
人の目を気にしないってところは、日本人とドイツ人足して2で割るとちょうどいいかも。
  1. 2006/07/23(日) 16:27:49 |
  2. URL |
  3. がるっち #yl2HcnkM
  4. [ 編集 ]

Setteさん

そう、人もそうなんでしょうね。

ちなみに夫の母は、ドイツ人だけど身だしなみにすごく気を遣う人です。いつも綺麗にしています。
  1. 2006/07/23(日) 17:25:38 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

yuranotoさん

一番のカルチャーショックがお花、って、面白いと思いました。

きっと故郷でみんなに語るんだろうな~。
  1. 2006/07/23(日) 17:28:59 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

がるっちさん

日本だと、ちょっと近所のポストに郵便入れに行くだけだからと、スッピンにつっかけで出て行ったら知人にバッタリ会って、「ヤバっ!」ってことありますが、ドイツでは気にしなくていいので楽です~。

でも昨日、湖ですごく太ったおばさんの後ろ姿を見たら、黒い水着の背中の部分が幅10センチくらい白っぽくなっているんですよ。「変わった柄だな」と最初思ったけれど、おしりの方までそれが続いているのが不自然でよく見ると、太り過ぎて水着の繊維が真ん中から裂けて薄くなっているのでした。さすがにちょっとそれは......

ほんと、足して2で割ったらいいと思いますわ。
  1. 2006/07/23(日) 17:35:34 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

我が母

バリ島に最初に来た頃は、「なんじゃ此処は!?」という感じでしたが、最近ではこちらのほうがゆっくりできるようです。

時間が掛かるかもしれませんが、ドイツのほうをより好きになるかもしれませんね、お母様!
  1. 2006/07/24(月) 14:45:56 |
  2. URL |
  3. RYO #-
  4. [ 編集 ]

RYOさん

場所によって、時間の流れ方って違うんですよね~。

RYOさんのお母様はバリ時間にお慣れになったんですね。
  1. 2006/07/25(火) 04:32:59 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

うちも・・

母がシアトルどころか、アメリカにも始めてきたとき、道ですれ違う人がフレンドリーだと感想を言っていました。 やっぱり、食べ物は日本がいいでしょう。 私だってそう思います。 シアトルはまだいいほうですけど。

今、日本ほど人目を気にしないアメリカ人の中で、おてんばな私ががに股で歩いていても、足をほり投げて座っていてもそれが気楽で、自分でいれることがうれしいのですが、逆にTPOにあわせて、たまにはちゃんと行儀よくしなくちゃな・・とわれに返る事もしばしばです。
  1. 2006/07/25(火) 05:03:11 |
  2. URL |
  3. すまいる #-
  4. [ 編集 ]

すまいるさん

お返事が遅くなってしまいました。

とても日本的だった女友達がアメリカに留学してしばらくの後、うちに遊びに来たんですが、私の家のソファーの上にあぐらをかいて座りました。それを見て、「ああ、アメリカナイズしたな」と。そういう自分も、誰も見てなければテーブルの上に足乗っけてしまいます。

やばいやばい。
  1. 2006/07/26(水) 23:59:18 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/389-5bd8ad40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。