わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

理性と情緒

世の中には、理性的な人と感性豊かな人がいると思うけれど、自分がそのどちらに属するのか、よくわかりません。

すでに何度も書いていることだけれど、日本のメディア報道を見ていると、何かの出来事について「可愛そう」とか「けしからん」などの情緒が前面に出ていると感じることが多く、それに違和感を持つ自分は理屈っぽいのかなあという気がする。

でも、このブログに自分が今まで何を書いて来たかよく考えると、結構、心とか精神性について多く語っているから、私ってやっぱり情緒的なのかしらとも思う。

日本人は本当に情緒的なのか、ということも、よく考えるとやっぱりわかりません。ドイツ人から見れば日本人は曖昧で情緒的に見えるだろうけど、たとえば日本人よりも感情が豊か(そうに私には見える)韓国人などからすれば、感情に乏しくクールに感じられるのかも知れないですね。

理性的な人にとっては、根拠なく物事を判断することは正しくないだろうし、感情豊かな人にとって、理屈で物事を割り切るのは正しくないんだろうな。もちろん、理性だけの人というのはいないし、感情だけの人もいない。あるのはどちらかへの傾向なわけですが。

「理性」とか「情緒」って何なのだろう?と、考えてみたくなりました。人と話したり、ネットに「理性」「情緒」と打ち込んで検索してみたところ、いろいろな意見が見つかりました。

一つは、「西洋では理性が重要視され、人間性が軽んじられて来た。日本では理性よりも人間性が重んじられる」という論調。これは私には意外です。理性VS人間性という考え方は私にはなく、人間性には理性の力も含まれるのだと思っていますから。しかし、「あの人は頭はいいかもしれないが、人間性がね....」という批判フレーズを聞くのは稀ではないので、頭がいい(理性的という意味なのでしょうか?)ことと人間性が高いことは結びつかないと、一般的に認識されているのかもしれない。(それにしても、西洋人は人間性に価値をおかないというテーゼって、どうなのかなあ~)

もう一つは、「感情は大切だけれど、感情ばかりでは社会は破綻するので、ときどき論理的に考えることが必要」という意見。これは確かにそうだね、と思いました。家族に対してギャーギャー文句を言った後で、冷静になって考えてみたら、なんであんなことで怒ったんだろ?大人げない、と反省しますものね。

しかし、逆の意見もありました。「論理は万全ではない。世の中には論理として正しいことはいくらでもあって、その中からどれを選択するのかを決める基準となるのは情緒である
う~ん。これもなるほどだなあ。「論理的に完全である」ことは「正しい」ということではありませんね。「私のやっていることは間違っていない。何故なら、これこれでこうだから」と論理づけることは、論理構築能力が備わっていれば、いつだって可能なのではないか。

だからつまり、人間には「理性」と「情緒」の両方が必要だっていう、面白くもなんともない結論に落ち着いちゃうんですけど。

感情をコントロールするために理性が必要で、特定の論理を正しいと思い込む危険性から人間を救うために情緒が必要である、と言えるでしょうか。

ところで、ある行為が「人間的に正しい」かどうかを判断するのは、理性なんでしょうか、情緒なんでしょうか。やっぱり両方なのかな。


スポンサーサイト
  1. 2006/07/17(月) 05:15:11|
  2. 日本
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:16
<<母のカルチャーショック | ホーム | 学びと遊び>>

コメント

ドイツ産オットに言わせると、私は100%情緒だけだそうです。「だからアナタの得意言葉はtrotzdemだよね」ってあきれられています。自覚してますから、何も言いません。

報道で情緒を前面に出すのは、私は好きではないです。もちろん、新聞によって傾向はあると思いますが、情緒での判断は私がするから~って思います。
  1. 2006/07/17(月) 18:18:21 |
  2. URL |
  3. nyf1403 #-
  4. [ 編集 ]

どちらかというと野生的なKiasuです。

↑nyf1403さんとまったく同じ意見ですが、テレビ・新聞の情緒を前面にだす報道、はっきりいって嫌いです。基本的には事実だけしっかり伝えて欲しいだけですね。
  1. 2006/07/17(月) 22:34:22 |
  2. URL |
  3. Kiasu #-
  4. [ 編集 ]

バランス

両方とも必要なんでしょうね。理性ばかりでは、問題は起こらないかもしれませんが味気ない感じがします。人間性も、いいですけど、皆が好き勝手してるというのも・・・ねえ。超バランスいい!って人は稀でどちらかが強く出るんでしょうけれど、全体でプラスマイナスゼロくらい、で、だましだまし社会がなりたってるんでしょうかね(笑)
上のお2人と、報道に関して同じ意見です。報道って事実を伝えるのであって、視聴者に新聞社やテレビ局の考えを押し付けるものじゃないと思うんですけど・・・・。BGMなんか流れちゃうし、ドラマ仕立てになってますよね、事件とか。
  1. 2006/07/17(月) 22:57:59 |
  2. URL |
  3. Sette #MZqWOFlo
  4. [ 編集 ]

草枕

ずっと昔、同じ様なことに悩んだ人がいましたね。
「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。」

報道なんかでは正義感をあおるような文章を多々見かけるので、少々距離を置く程度にして読むのが良いと思います。
  1. 2006/07/18(火) 14:29:43 |
  2. URL |
  3. LiLA管理人 #-
  4. [ 編集 ]

タイムリーな

自分のブログで友達感について語ったところですが、そんな私はやっぱり情緒的かと・・。 理性と人間的というVSは私もへ?と思ってしまいました。 ということは、情緒的なのが人間的ってことでしょうか。 Kiasuさんじゃないけど、元をただせば野性的ってことにもなりえますか。 

昔日本にCNNの名物キャスターが3人訪れたときにニュースステーションでゲスト出演してました。久米さんが日本の報道とくに久米さんのようにバンバン意見をいうのはどうかと尋ねたところ、CNNキャスターは、「アメリカでは伝えるのは事実を報道するのみです。意見はいいません。」とさらっと言い放った。 アメリカ人は自分の意見がもう強い人多いから、キャスターが意見を言うと又論争を招くのかも・・と今思います。
  1. 2006/07/19(水) 04:29:12 |
  2. URL |
  3. すまいる #-
  4. [ 編集 ]

nyf1403さん

うちのドイツ産夫も理屈っぽいですからね~。知り合った頃は「何この人?」って思いましたが、今じゃ、お互いに感化し合って、あまり差がなくなりました。
  1. 2006/07/19(水) 05:17:50 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Kiasuさん

事件の加害者や被害者の人物像に焦点を当てた報道って、どうもピンと来ません。
  1. 2006/07/19(水) 05:24:10 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Setteさん

>>全体でプラスマイナスゼロくらい、で、だましだまし社会がなりたってるんでしょうかね(笑)

なるほど、そんなものかもしれないですね。

人類は理性によって文明を発達させて来たけれど、同時に情緒によって芸術も生み出して来ましたね。芸術のような一見不要なものがなかったら、人類は存続できないんじゃないかなと思います。
  1. 2006/07/19(水) 05:30:01 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

LiLA管理人さん

あっ、ほんとだ!

人間って、いつの時代も似たようなこと考えるんですね。本質は変わらないということかな。
  1. 2006/07/19(水) 05:31:22 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

すまいるさん

第一の意見に基づき情緒的なのが人間的だとすると、理性的なのは機械的ってことになりますかね?

そういえば日本語では「機械的」って、あまり良いニュアンスの言葉ではないかも。

これは「人間は機械よりも価値がある」という人間中心の考え方が前提なんでしょうね。
  1. 2006/07/19(水) 05:37:15 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

いつものことながら、

考えさせられます。

報道については、上の多くの方に賛同ですね。報道と言う以上、事実だけを伝えてくれればいいし、すまいるさんのコメントにあること、的を得ていると思います。あの番組が受けたのは、ただ単に「自分たちが言いたい言いにくいことを代弁」してくれてからでしょう。ひねくれた言い方をすれば、一般大衆に迎合していた!?
それと、僕はスポ根が大嫌いでスポ根しちゃうタイプですが、何かで読んだことあります。『どんなに冷静で理性で理屈で考えられる人も最後には情緒や感情に落ち着く』といったようなこと。きっと、情緒の上に上手に理性を乗せていくような努力がいいのでしょうかね!?
  1. 2006/07/19(水) 12:08:37 |
  2. URL |
  3. RYO #-
  4. [ 編集 ]

感情

ちょっと似たような話を最近書いていたのでTBさせてください。
情緒的というと日本人ですが、感情的というとイタリア人になる気がします。情緒には激しい怒り、とか、爆発するような感覚からは遠いし。もちろん理屈っぽいイタリア人もいて、ビアンカさんの記事にある「正しいかどうかの判断」について、最近議論したところです。近いうちに書いてみようかな。
  1. 2006/07/20(木) 04:02:50 |
  2. URL |
  3. yuranoto #-
  4. [ 編集 ]

RYOさん

「頭ではこうなのに、気持ちが.....」ってこと、確かにありますね。それをよく、「生理的に受け付けない」のような言い方しますよね。
  1. 2006/07/20(木) 05:26:34 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

yuranotoさん

そうですね。日本人は「人情」を重んじるけど、感情をあまり露にはしませんね。怒り狂ったり、泣きわめいたりするのは見苦しい、というような感覚を持った人が多そうです。

イタリア人はその点、とても正直そう.....
  1. 2006/07/20(木) 05:28:49 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

通りすがりに一言

日本のテレビニュースは、報道ではなく世間話を持ちかけているのでしょう。日本の教育も、事実とは一体何か?ということから始まり、角度によって同じ事実が違うものにまでなりうることもまるで教えていませんし。そもそも言説はすべからく政治的であり、事実も空疎なものだということも分かってない人多いです。
  1. 2006/07/20(木) 13:47:27 |
  2. URL |
  3. waremokou #-
  4. [ 編集 ]

waremokouさん

テレビニュースは世間話。なるほど、そんな感じですね。

>日本の教育も、事実とは一体何か?ということから始まり、角度によって同じ事実が違うものにまでなりうることもまるで教えていませんし。そもそも言説はすべからく政治的であり、事実も空疎なものだ

すっきりとまとめてくださってありがとうございます。まさにそういうことになるでしょうね。
  1. 2006/07/20(木) 20:01:17 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/388-cdbeffb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

直観力

イタリア人ラテン人は「情熱的」だとはよく言われるけど、感情を表に出さずにはいられない性格は「感情的」だとも言い換えることができる。それに対して日本人はよく言えば「理性的」だとも言えるけど「現実的」だとも思える。もちろん情熱的(感情的)な日本人もたくさんい
  1. 2006/07/20(木) 03:54:56 |
  2. ローマの平日@裏話
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。