わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旅の感度

北海道新聞で見たのですが、日本政策投資銀行(政策銀)と北大、道がまとめた道内観光の満足度分析調査結果で、旅行者に「北海道は行けば行くほど飽きる場所」とみなされているという結果が明らかになったそうです。

一回目はいいけど、何度も行くほどは面白くない。たいした土産物もないし、観光施設もパッとしない。沖縄だったら病み付きになるんだけど、というのが多くの旅行者の感想らしい。

ふーむ、そうですか。

私達家族も沖縄旅行と北海道旅行、一回づつ経験しました。沖縄、最高に面白かったです。そして北海道も同じく最高に面白かった。リピーターではないので、回数を重ねるとどうかというのは今のところ、経験としてはわかりません。

私、道産子ですから北海道の肩を持ちたいですが、なるべく客観的に考えてみます。どうして北海道は飽きられるのか。やっぱり何もないからでしょう。何もないって、自然はいくらでもあるわけで、自然があれば充分じゃないかという気もするけど、それだけじゃ充分じゃないんでしょうね。
「うわ~、でっかーい!!」
と最初は雄大な景色に感動するけど、何度も見てるうちに「だから何?」となるというか、馬鹿でかい草原に突っ立っていてもすることがないというか、手持ち無沙汰になってしまうのかな。お洒落なレストランやギャラリーがあるのは一部の観光地に限られているし、お土産も、どこに行っても代わり映えしないアイヌ風の木彫りマスコットやホワイトチョコレート。食べ物だって、郷土料理らしい料理はジンギスカンぐらいしかないし。確かに寿司は美味しいけど、ネタの種類だったら東京のほうがずっと豊富。

といったところでしょうか。ん~、まあ、そう言われちゃったら仕方がない。

でもなあ、なんだか勿体ない。面白いこと見つけるぞーと思って見れば、いくらでも面白いものがあるのにな~。

旅行が退屈だったという経験はそもそもしたことがないのだけれど、「今までで一番よかったのはどこか?」と聞かれたら、大体いつの時点でも「一番最近の旅行」と答えます。旅行に行くたびに「最高度」が更新されていくんです。予算をどんどんグレードアップしていっているという話じゃありません。一番最後の北海道キャンプ旅行なんて、ほとんど無銭旅行でしたし。

私、旅行って、回数を重ねれば重ねるほど楽しくなって行く気がするんです。旅の感度が上がって行くんですね。たとえば高校の修学旅行で京都のお寺巡りをしたときにはちっとも面白くなかったけど、30歳になってからもう一度京都へ行ったら感動した、とか。まだ若かったときには、「旅行は若いうちにこそするもんだ!」なんて思っていたけど、そうでもないなあと今は思う。年を重ね、いろんな体験をしていくうちに、面白いと思ったり感動したりする範囲が広がっていくし、また深みも増してくるような気がする。昔は見えなかったものが見えて来ると楽しいです。

だから、「旅行は何度も行ったから、もういいや」という日は永遠に来ないような気がします。それぐらい、旅行が好き!





 
スポンサーサイト
  1. 2006/06/24(土) 07:43:16|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19
<<裸で泳ぐ? | ホーム | ダチョウ卵のキャンドル>>

コメント

北の魅力

たぶん、沖縄がRiojaだとすると、北海道はMosel-Saar-RuwerのRieslingみたいなものなのかもしれないのかなと思います。こちらが何もしなくても向こうからどんどん訴えてくる南国の魅力に対して、北のそれは控えめで、じっくりのんびり付き合っていく中で良さが出てくる。ところで、ビアンカさんが道産子さんとは初耳でした。どちらのご出身ですか?もしよろしければ。
  1. 2006/06/24(土) 07:56:31 |
  2. URL |
  3. にしお #HH7DicBs
  4. [ 編集 ]

確かに

年を重ねると若いときにはわからなかったものが理解できたりしますよね。体力と反映するというのか。

自然だけでつまらない、なんて、なんて贅沢なんでしょうか(笑)。あたしは今、そういった自然をたくさん中南米で見てきてよかったと思っています。

あー、旅に出たいですね。
  1. 2006/06/24(土) 12:31:08 |
  2. URL |
  3. アキツ #-
  4. [ 編集 ]

その調査結果って、

一体どういう質問事項構成になっているのでしょうね? 旅に求める視点が、その調査回答者とビアンカさんとで180度違うような気もします。
いわゆる、娯楽的なものを求めるだけであれば、北はしんどいのでしょうね。南には海っていう強敵もいますし。
バリ島も南ではありますが、ノンビリした雰囲気や文化・芸能に興味のない人にとっては、ただの小さな島でしょうね……。
  1. 2006/06/24(土) 12:45:30 |
  2. URL |
  3. RYO #-
  4. [ 編集 ]

旅行じゃ無いんですが、出張なんかで同じ所に何度も行くようになると、楽しみ方が変わってきますね。初めは観光名所を駆け足で巡って満足していたのに、次第に町の空気を楽しめるようになってきます。
日本の観光産業って、この駆け足型が普通なんでしょうから、そういう意味では何度も北海道に行っていると飽きてくるのかも。
  1. 2006/06/24(土) 13:30:16 |
  2. URL |
  3. LiLA管理人 #-
  4. [ 編集 ]

ビアンカのドイツの旅

>「今までで一番よかったのはどこか?」と聞かれたら、大体いつの時点でも「一番最近の旅行」と答えます。

最近亡くなった、ピーター・ドラッガーという経営学者の話を思い出しました。
「今までの自分の著作で、一番よかったのはどれですか?」と聞かれると、「今執筆中の本が、最高である」といつも答えていたとか。
  1. 2006/06/24(土) 15:04:29 |
  2. URL |
  3. Hiro-san #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

その北海道の結果、オーストラリアにとても似ています。全く同じ理由で、リピーターが来ないのです。自然といっても一回見たら十分だし、お土産はコアラのぬいぐるみとマカデミアナッツくらいだし、その他面白い観光設備もないし...。
オーストラリアは短期旅行ではリピーターをひきつける魅力がないようです。でも長期滞在した人は、もっと長く住みたいと思うようです。北海道もそんなところではないでしょうか?
  1. 2006/06/24(土) 19:52:24 |
  2. URL |
  3. 脳天気 #-
  4. [ 編集 ]

にしおさん

なるほど、南と北の魅力、そういう違いがありそうですね。

私は旭川出身です。にしおさんとはたくさん共通のふるさとがありますね。
  1. 2006/06/24(土) 22:08:06 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

アキツさん

若い頃は一人旅が好きでしたが、私とは違う目を持った夫や子ども達と一緒に旅行するようになって、自分一人のときには絶対に見過ごしていただろうことに気がつくようになりました。

子ども達の視点も年齢に応じて変化するので、面白いですよ。
  1. 2006/06/24(土) 22:10:04 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

RYOさん

調査法について詳しいことは書いてなかったのですが、多分、ツアー参加者にアンケートを取ったのでしょうね。

北海道にはライダーもたくさん行くようですし、個人旅行者は違った感想を持っているのかもしれません。同じ長距離を走るのでも、自分でバイクを運転するのと、観光バスに揺られてとでは感じ方も全然違うでしょうね。
  1. 2006/06/24(土) 22:14:13 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

LiLA管理人さん

その場所の空気を味わうって、わかります。

もともと駆け足型が主な上に、北海道は広いので移動に時間がかかりすぎて、じっくり空気を味わっている暇がないということもあるかしら。

屈斜路湖に滞在したとき、8月なのに随分空いていて変だなと思ったら、地元の人が、「観光客は知床で一泊して、次には阿寒湖へ行くので、この辺は通り過ぎるだけ」と言っていました。えー!勿体な過ぎ!と思ったけど、ツアーの場合、時間と距離の調整上、そうなっちゃうんですね。
  1. 2006/06/24(土) 22:21:35 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Hiro-san

経営学者と旅する主婦では接点がほとんどなさそうですが、妙なところでノリが一緒ですね。

基本的に、今現在やっていることが一番面白いです。
  1. 2006/06/24(土) 22:24:25 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

脳天気さん

言われてみれば、オーストラリアと北海道ってなんとなく似てるかも、ですね。

うちの子ども達に「一番行きたい場所はどこ?」と聞くと、迷わず「オーストラリア!」と言うんですけれど。ケアンズを中心に離島や熱帯雨林を探検したのですが、それがとても印象に残ったようで、「あ~、もう一度オーストラリアに行きたい!どうしても行きたい!」って言っています。

私もとっても楽しみました。また行きたいです。
  1. 2006/06/24(土) 22:31:30 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

沖縄には行ったことがないので、比較はできないながら。
北海道、まだまだ行きたいと思うんですけど、個人的には。
日本の場合、何かこう、「観光地」がある地域が好まれるような気もするんですけど、どうでしょう?
  1. 2006/06/25(日) 07:39:01 |
  2. URL |
  3. michiaki01 #-
  4. [ 編集 ]

北海道も沖縄も行ったことがありません。一度行っても、また行きたくなるところだと思います。一方、今すんでいるこの国、観光客からは「もう二度目はいいや」なんて声をよく聞きます。リピーターは少ないようです。
  1. 2006/06/25(日) 21:46:24 |
  2. URL |
  3. Kiasu #-
  4. [ 編集 ]

michiaki01さん

そうですね、何かアトラクション的なものがある場所が好まれるのでしょうね。学生時代、清里というところがとても素敵だと聞いて行ってみたことがあるんですが、牧場があるようなのどかな村なのに、何故かサンリオ的な雰囲気のショッピングエリアがあって驚きました。のどかなだけでは物足りないと思う人が多いんだな~と思いました。
  1. 2006/06/26(月) 03:06:11 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #4VSjvSUI
  4. [ 編集 ]

Kiasuさん

シンガポールは小さいから、そのせいもあるのでしょうか?

確かにマーライオンを何度も見たいとは感じませんね。でも、シンガポールに住むドイツ人の友達はすっかりシンガポールが気に入って、永住したいと言っていました。パッと見ただけではわからない魅力があるんですね。
  1. 2006/06/26(月) 03:08:42 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

同感です

最近の旅行が一番いいって、私もそう思います。 旅行って行く先々で違うこと経験するわけで、1,2つは思い出になることがあるわけです。

どの旅行が、どの場所が一番いいかなんてなんともいえない。 逆に、またどこにもう一度行きたいかと聞かれると、「それよりも違うところに行って見たい。」と私は言えます。 毎年同じところに旅行する家族とかいますが、それもいいけど、違うところで違う経験してみたいと私は思います。
  1. 2006/06/26(月) 04:50:31 |
  2. URL |
  3. すまいる #-
  4. [ 編集 ]

人によって違う旅の感度

私は、沖縄には行ったことがありませんが、北海道には2回、バイクツーリング旅行に行きました。そこであったライダー達はみんなリピーター、北海道に移住してきたライダーもいました。分析調査で対象にされた一般の観光客とは違うあきらかに違う人種だと思います。北海道の人たちもそれを知ってかしらずか、ライダーは超優遇。無料の宿泊施設提供、ライダーだけにかにをただで食べさせる等々。だから、ライダー達は又、やってくるのかも。
結局、人によって、旅に求めるものが違うんでしょうね。道産子のビアンカ、そんな大衆相手の分析調査なんて気にすることありませんよ。北海道のよさが分かる人にはちゃんと分かってるんですから。
  1. 2006/06/28(水) 19:14:51 |
  2. URL |
  3. とんちんかん #-
  4. [ 編集 ]

とんちんかんさん

へ~、ライダーは超優遇なの?知らなかった。私はバイクは怖くてバイクツーリングは無理そうだけど、いつか自転車旅行はしてみたいな。

昔から、とんちんかんファミリーのアウトドア旅行のお話を聞かせてもらってて、自分が経験のないうちは「そうなんだ~」って感心して聞いていただけだったけど、今は私もその楽しさがわかるよ!
  1. 2006/06/28(水) 20:43:26 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/380-3af1c417
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。