わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

痴漢の文化人類学

藤田徳人ブログを読んできました。相変わらず興味深いです。読後はいつも、「納得~」とつぶやいて終わるのですが、しかし今回はちょっと引っかかりました。この記事です。女性専用車両:首都圏で一斉導入

「女性専用車両を逆差別だと怒る男性もいるだろうが、仕方がない。法律とはそもそも女性に優しくできているのだ。女性を守ることが子孫繁栄に繋がるのだから。このような車両が導入されたのは時代の流れとして当然。もはや男性だけでは経済を担っていけなくなったのだから」

なあるほどです。法律とは所詮そんなものだ、ということがわかりました。でも、私の一番知りたいことがここには書かれていません。すなわち、

ど・う・し・て・男・性・は・痴・漢・行・為・を・す・る・の・か

「そんなの当たり前じゃないか、男だも~ん!」って言うのだーれ?
「それが生物としての本能なのです」と藤田先生。(ですか?)

ま~そりゃそうかもしれませんけど~。痴漢が発生するのは当たり前のこと、だから女性を隔離しましょって言うならそれは違うと思うの。痴漢の発生をどうしても抑えることができなくて苦肉の策ってことならわかりますけど。まさか男女混合車両の方では痴漢行為やり放題になんてならないでしょうね?

女性専用車両と聞いてすぐに思い出したのはエジプトです。カイロ市にも女性専用車両があります。理由は日本と同じ。痴漢がすごく多いんですって。そういえば欧米では電車の痴漢って聞きませんね。どうしてかな。東京やカイロの電車ほど混まないから、痴漢行為をしづらい、あるいは痴漢に間違えられづらい?それはあるでしょうね。でも電車以外の痴漢もあまり聞きません。欧米には痴漢はいないのでしょうか?

夫に聞いてみる。
「ドイツにも痴漢っているかな?」
「えー、いないよ」
まあこれはあまり当てにならない。夫も男性ですから。ドイツで痴漢に遭った経験のある方はご一報ください。しかし、ドイツにおける「痴漢発生総数」が日本より少ないことは間違いありません。ドイツでも性犯罪は決して少なくないですし、職場でのセクハラというのも聞いたことがあります。でも、痴漢や露出狂、覗き男などはあまりいなそう。ではドイツの性犯罪は凶悪なものが多く、日本は軽犯罪が多い?う~ん、そうとも言い切れないですよ。だってこの手の統計ほど信憑性が疑わしいものってありませんもの。どれだけの女性が届け出るものか・・・世界の他の国では痴漢状況ってどうなっているんでしょうか。知っている方がいたら教えてくださいね。

でも、私がここで問題にしたいのは痴漢発生数の国際比較よりも、痴漢行為に対する意識というか、「痴漢文化」についてですっ!みなさんは痴漢というものをどう考えているのでしょう。日本へやってきて家探しをしたとき、児童公園にある立て札を指差して夫は「何とかいてあるのか」と聞きました。「痴漢に注意!」と書いてあると説明したら、夫は真っ青になって「何だって!そんな町で娘を育てられるか!!」。でもどこの町でも同じ。痴漢のいない町なんてあるんでしょうか。

日本で生まれ育ち、子供の頃から痴漢被害にも遭ってきた私は、夫ほどは驚きませんでしたが、この手の立て札には首を傾げてしまいます。
「この公園には痴漢が出ます」これってまるで・・・・
「このアパートにはゴキブリが出ます」
「この倉庫にはネズミが出ます」
申し訳ありませんねえ。出るんですよ。ご勘弁くださいねえ。そんな感じじゃない?
「痴漢を許すな!」にはならないんですか?
「混合車両のほう、痴漢が大発生しておりますので、女性の方は専用車両のほうへどうぞ」
そういうことなのかい?

しょうがないな~っていう受身社会が痴漢を許しているんじゃないんでしょうか。痴漢が出るのは当たり前って諦めていません?いーのかなー、そんなことで。

この「女性専用車両導入」のニュース、海外メディアでも紹介されてるんですよ!恥ずかしくないんですか!!日本は痴漢大国として世界に名を馳せてしまうんですよ!どうやって言い訳するつもりなの。

女性は痴漢にあったら容赦なく叫びましょう。そして、僕は痴漢なんてしませんよ、っていう男性のみなさん。どうか痴漢撲滅運動に乗り出してくださいよ。痴漢行為を見かけたら、大声でこう言ってください。
「君ぃ、やめたまえ!」

その清い一言を待っています。変な連帯感を持つのはやめましょう。



(追記:Kakoさんもこのテーマで記事を書いていらっしゃいます。)
スポンサーサイト
  1. 2005/05/11(水) 09:52:50|
  2. 日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<女子割礼について思うこと | ホーム | 戸田奈津子氏の誤訳騒動 翻訳者の弁明>>

コメント

スイスで

ドイツではないのですがスイスで痴漢に遭いました。ジュネーブに行く途中だったと思うのですがツアーの自由行動で一人で列車に乗っていた時です。対面式の四人掛けの席で、私は老婦人と二人で通路側に腰掛けていました。若い男性(どこの国の人か不明ですがどちらかといえば中東よりヨーロッパ系?)が列車が、かなり空いてるにもかかわらず私と老婦人の間を通って窓際の私の横に座り、カバンで隠しながら私の太ももにタッチしてきました。初めは偶然指が当たっているのかと思ったのですが不自然な指の動きなので、すぐに別の席に移動しました。
スイス人の車掌さんに「コンニチハ」と挨拶されたので日本人だとバレバレだったので痴漢大国の女だから触ってもいいやと思われていたのなら悔しいです。
  1. 2006/01/21(土) 11:59:50 |
  2. URL |
  3. カメーリエ #-
  4. [ 編集 ]

カメーリエさん

いましたか~。ヨーロッパにも。それにしても随分大胆ですね。

私は日本でアメリカ人に痴漢行為を受けたことあります。スポーツクラブのジャクジーで。大声で「痴漢~」と言いましたよ。
  1. 2006/01/21(土) 23:42:06 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/38-35177c2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。