わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

テレビ番組の裏側

某超有名ブログで、テレビ番組におけるヤラセがテーマになっていますね。

真実とはまったく異なる内容の台本があらかじめ用意されていて、その通り演じるように強いられた出演者の体験談を読みましたが、大変な目に遭われた人がたくさんいるのですね。

私はテレビはあまり見ませんが、これ明らかにヤラセでしょうっていう番組、確かにありますよね。芸能人が外国のどこかでホームステイしながら貴重な体験をし、帰国の日にはホストファミリーと涙の別れ、そういう趣向の番組とか。結構面白いけど、でもこれ、実際にはありえないよね~。異文化って、つまらぬことがトラブルになったりして面倒だったりするんだから。毎回こんなふうに美しく終わるわけないもんね~。なんて思いながらも、別に目くじら立てることでもなさそうだから、あっさり流してましたが。

こないだドイツのテレビでも、ヤラセもいいところっていうルポがありました。ある若い家族の日常を映しているんですが、失業中の父親がどうしようもない男だという設定らしい。朝いつまでも寝ていて、やっと起きて来たときの「オレって朝は機嫌悪くってさー。起されるとチョームカつくんだよね」というセリフといい、妻が「坊や。先に朝ご飯にしましょうね」と言いながらヌッテラを塗った食パンをテレビの前で子どもに食べさせるところといい、夫が昼間っからゲームに興じて「オレ、こうやって一日中ゲームできればハッピーなんすよ」とカメラに向かって言うところといい、庭で洗濯物を干している妻に「おーい。早く中入ってメシ作れや」と呼びかけるところといい、演技しているのがミエミエ。

この出演者、ギャラを貰って「ダメ家族」を演じるお仕事をしたんでしょうか。それとも、日本の気の毒な出演者のように、騙されて泣く泣く不本意なことをする羽目になった?

実は私にも、もしかしたら危なかったかもってことがあるんですよ~。

かなり前のことですが、ドイツで本が出版されたとき、ラジオに出演しないかとか、朗読会をしないかと声をかけて頂いたことが何度かあるのです。実際に出演したものに関しては、最初に電話または手紙で「当方はこれこれこういう者で、あなたの書いたものをベースにこのような企画をしたいと思うのですが、興味はおありですか」と丁寧な問い合わせがあり、その後何度かやり取りして詳細が決まりました。仕事をした後もトラブルは一切ありませんでした。

ところが一度だけ、妙な問い合わせがあったのです。

夕方、食事の仕事をしていると電話が鳴ったので出ると、
「こちらハンブルクの○○というトークショー番組のスタッフなんですが、あなた本をお書きになりましたよね」と女性の声。そして、
「近々、番組にゲストとして出演して頂こうかと思っているんですよ。日本人でいらっしゃるってことですが、日本人とドイツ人の違いってどんな感じなんですかねえ」
はあ?いきなりそんなこと、何話せって言うの?電話で?
「はあ。確かに違いはいろいろありますけれど......本を読んで頂いたのでしたら、そこに書いたことが私の主な印象なんですが.....」と口ごもってしまいました。
だって私、ご飯支度があるし、その番組知らないし、どういう趣旨で電話をして来ているかもわからないので、答えようがなくて。すると相手はイライラして来たようで、

「あなたね、これはテストなのよ。テレビでまともなトークができるかどうかチェックしてからじゃないと、テレビに出演させるわけにいかないでしょっ」

なにぃ~っ。テストだとぉ?テスト受けるなんて誰がいったぁ?
気分を害しました。確かに私には素晴らしいトークなんてできませんよ。それはわかってます。出演を依頼したのに本人がカメラの前でしどろもどろっていうんじゃ、確かにテレビのスタッフは困るでしょう。でも、知らない人にいきなり電話して来てその言い方はないよな~。ですから、結構ですと言って、電話を切ったんです。

後で友達に、「○○という番組知ってる?」と聞くと、「あー、知ってる、知ってる。女装したタレントのトークショーで、愛について語るんだよね~」と教えてくれました。「愛」についてだって!?なんじゃ、そりゃ?私、愛についてなんて一行も書いていないぞ。さっぱりわかんねーとしばし首をひねってましたが、そのうちにその一件は忘れてしまいました。

その数ヶ月後......

「ああっ!日本人が出演してるよっ!○○にっ!」
夫が叫ぶので慌ててテレビの前に飛んで行くと、かの番組でした。夫の言う通り、ドイツ在住と見られる若い日本女性が二人並んで、質問に答えています。テーマは日本人の性愛について

「日本の男性は、×××のことをmein Sohn(オレのムスコ)って言うんだよね」
とか、語ってます。げげげっ。こ、これだったのか、彼らが私に語らせたかったことは。

私、日本人の性愛についてなんて語れないし、語りたくもないから、出演を断られてよかったよ。






スポンサーサイト
  1. 2006/06/19(月) 04:24:04|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<様々な子育ての価値観と理論 | ホーム | 教科書のない勉強>>

コメント

うーむ。
やはり、どこの国にもあるんですね。
ビアンカさん、災難?に遭わなくてよかったです。

日本の場合、メディアのやりたい放題という感が拭えません。
マスコミを信頼しすぎる、またはそれに頼りすぎる、または甘やかす視聴者が多すぎるんでしょうか?
  1. 2006/06/19(月) 16:14:13 |
  2. URL |
  3. 麻。 #-
  4. [ 編集 ]

ビアンカさんの著書?!
私に教えていただけますかぁ~?
  1. 2006/06/19(月) 19:04:55 |
  2. URL |
  3. がるっち #yl2HcnkM
  4. [ 編集 ]

一生懸命

企業に勤めている方たちはみんな、一生懸命に与えられた役割をこなしていってるんだと思われます。その方も、電話でテストするという任務を遂行していただけなのでしょう!?
  1. 2006/06/19(月) 19:49:07 |
  2. URL |
  3. RYO #-
  4. [ 編集 ]

私もビアンカさんが書いた本が知りたいです。
  1. 2006/06/19(月) 19:57:50 |
  2. URL |
  3. 脳天気 #-
  4. [ 編集 ]

みんなで読みましょう!!!
  1. 2006/06/19(月) 22:01:37 |
  2. URL |
  3. Kiasu #-
  4. [ 編集 ]

麻さん

ヤラセまったくなしで番組を作るって、不可能なんでしょうけど、どこまでだったらモラル的にOKかって、難しいでしょうね。

テレビでドラマとして放映される以前に、いろんなドラマがあるものなんだろうなあと思います。
  1. 2006/06/19(月) 22:02:20 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

RYOさん

そうですね。新聞や保険のセールスも同じですが、そういう仕事が存在する限りは誰かがやらなければならないのですよね。それをいちいち個人的に受け取っちゃいけませんね~。
  1. 2006/06/19(月) 22:08:03 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

がるっちさん、脳天気さん、Kiasuさん

興味を持って頂いてありがとうございます。でも、初版ですでに絶版になっているのです。それに内容も、自分でも読み返したくないほどで、わざわざ読んで頂く価値があるかどうか.....

私の手元にももうなくて、ドイツ国内の市立図書館または大学の日本学の図書室に置いてあるところが少しありそうなのと、たまにネットの古本サイトで売ろうとしている人がいるようです。
ISBN番号は、 3-612-27150-4です。
  1. 2006/06/19(月) 22:17:07 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

この番組、知っていますーいました。
ひっかからないでよかったですね~。

ズーパーナニーって番組があるじゃないですか。あれも、半分やらせなのか、って思う事もあるんです。
  1. 2006/06/20(火) 04:51:43 |
  2. URL |
  3. nyf1403 #-
  4. [ 編集 ]

NYF1403さん

ご存知でしたか。メディアって怖いですよね。騙すというような悪質なものでなくても、その人の言ったことをそっくりそのまま報道してくれるわけではなくて、編集されるわけですから、蓋を開けてみたら「私はこんなニュアンスで言ってないのに~」ってなること、多いんでしょうね。

半分やらせかと思わせるような番組は、やっぱりやらせじゃないかしら。
  1. 2006/06/20(火) 05:46:36 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

いえいえ、僕は一応、

皮肉のつもりでした。そういうことを機械的にこなす人、必要なのでしょうけど、僕だったら嫌です!! 特に、安っぽい記者さんや芸能ネタのレポーターさん、あくまでも個人的意見ですが、自分だったら嫌です。
  1. 2006/06/20(火) 13:36:16 |
  2. URL |
  3. RYO #-
  4. [ 編集 ]

RYOさん

私、自分が考えているのと全然違うことを言ったりやったりするの、とても苦手なので、その手の仕事は気が進みません。

でも、どうかなあ~。もし、それをやるしか食べて行けない状況なら、やるのかなあ~。
  1. 2006/06/21(水) 15:56:05 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

図書館で

見てきまーす
あるといいな。
  1. 2006/06/22(木) 16:28:38 |
  2. URL |
  3. がるっち #yl2HcnkM
  4. [ 編集 ]

がるっちさん

見つからないようでしたら、お手数ですがメールをください。
  1. 2006/06/23(金) 05:29:02 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/375-965a50a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。