わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本の週末とドイツの週末

ドイツに戻って来て、2ヶ月が経ちました。家の方も少しづつ片付いて来て、一応なんとか生活らしくなってきました。

日本での生活とドイツでの生活。何が一番違うかと聞かれたら、即答できます。
週末の過ごし方が違う」と。

ドイツで12年暮らした後に日本で生活するようになって、何よりも驚いたのは日本での週末における時間の流れ方でした。

ドイツでは、週末というのは個人のためにある時間です。平日は会社やら学校やら、それぞれの所属する場所で活動し、週末には皆、個人に戻る。寝坊をする人もいれば、早起きをする人もいて、過ごし方は人それぞれですが、キリスト教の影響もあって基本的に日曜は店なども開いていないので、静かにのんびりと過ごす人が多いと思います。あ、もちろんスポーツなどしてアクティヴに過ごす人もいる。まあ、いろいろですね。

自分が予定を入れない限り、何かの予定が入ってくるということは、まず、ありませんでした。会社や学校で「○日に××をするので、集まってください」というようなことは、クリスマス会と夏のバーベキューパーティくらい。クリスマス会の方はともかくとして、バーベキューは行っても行かなくてもいいような気軽な集まりでした。

ところが日本へ行ってみると、自分が「さて、今度の週末をどう過ごそうか」と考える間もなく、カレンダーの週末はびっしりと予定で埋まっているのでした。生活を始めてしばらく経ったある日、ふと気がつくと、家族四人がそれぞれ複数の集団に属することになっていて、各集団の「年間予定」に基づいて、私達の週末の過ごし方は予め設定されていたのです。

それは、町内の草むしりやお掃除だったり、会社や学校のレクリエーションだったり、保育園や学童クラブの話し合いだったり、様々でした。ドイツでも、アパートの住民が分担で草むしりや掃除をしたりすることはありますが、それぞれが自分の担当の日に作業をすることになっていて、みんなで集まって作業をすることは稀だし、そういった作業が週末に予定されることも極めて稀。

日本では、週末は「個人の時間」とは認識されていないのだなあ、と、ドイツ式に慣れきっていた私には大きなカルチャーショックだった。そして、日本人にとって、週末とは平日と切り離された時間ではないのだということにも気づきました。平日と週末では一緒に活動するメンバーが変わるだけ。

皆で集まって草むしりをする。だって、みんなでやったほうが早いから。でも本当はそういう合理性よりも、「顔を合わせることが大事なのだ」と言う説明をいろんな場所で何度も聞きました。交流し、仲間意識を高めることが助け合いに繋がり、個人にとっても社会にとっても有益なのだ。確かにそうなのですよね。疲れているときや、他にやりたいことがあるときには、「自ら立てたわけではない予定」が煩わしいことも多々あったけれど、集団の一員として行動することがもたらす恩恵は計り知れない。

集団にとってたいして何の利益ももたらさない私でも、集団の一員と認識され、皆が集まるときに参加しないと、「あれ、今日はビアンカがいないね。どうしたんだろうね」と、気にかけてもらえることは有り難いことだったんだなと思います。私だけでなく夫もが、「日本へ行ってよかった。またいつか行きたい」という気持ちで日本を離れることができたのも、周囲の人達に気にかけてもらっていたからだ、とつくづく感じます。だから、あれはあれでよかったんですね。

だけどその一方で、私は今、ドイツでの静かな週末を再び堪能しています。どこにも属さない自分が、自分自身のために過ごす時間。ただひたすら自分のペースで流れて行く時間。

他人あっての自分なのだということを意識した日本と、自分なしでは他人との関係は生まれないということを意識するドイツで、時計の針の動きが意味するものは違うのです。


スポンサーサイト
  1. 2006/05/29(月) 06:42:13|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<ピッカピカの0年生! | ホーム | 内面の充実>>

コメント

オーストラリアでも週末は完全に個人の時間です。
もしオーストラリアで週末に町内会の草むしりなんかがあっても、たぶん誰も来ないでしょう。...というか、その前に町内会というものが無いですが。
みんなで草むしりや掃除をする日本式は、いつもだとわずらわしいけど、たまにだったら楽しいかもしれないですね。
  1. 2006/05/29(月) 18:38:22 |
  2. URL |
  3. 脳天気 #-
  4. [ 編集 ]

子供があるスポーツクラブに入ったおかげで私の週末も彼に合わせなくてはならなくなりました。自分の時間はもてませんが、子供が初めて自分でやりたいと言ったスポーツなのでとことん付き合ってやろうと思います。そんな理由で私の誰にも邪魔されない時間は皆が寝てからですね。今、日本に住んでいたらと思うとぞっとします。田舎では平日の夜もいろんな集まりがありましたので・・・・・・。
  1. 2006/05/29(月) 22:41:07 |
  2. URL |
  3. Kiasu #-
  4. [ 編集 ]

日本に居た頃、同じアパート内の組長ってやつをしてたんですが、草取りとかを皆でやるという習慣は廃れつつありましたね。週末は自分の時間という認識が広まってきたんだと思います。でも草取りはやらざるを得ないので、お金を集めて業者に委託するということになりました。お金で片付ければそれで良いのかな、という気もしないではありませんでした。
  1. 2006/05/30(火) 13:34:37 |
  2. URL |
  3. LiLA管理人 #-
  4. [ 編集 ]

脳天気さん

夫の両親が日本に遊びにきたとき、たまたま学童クラブの運動会があって、義父も綱引きに参加したんです。それが楽しかったみたいで、「日本はああいう行事があっていいよね」なんて、今でも言っています。

たまにだったらドイツ人も楽しめるのかもしれません。
  1. 2006/05/31(水) 05:05:59 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Kiasuさん

スポーツは週末に試合がありますものね。親も観戦で忙しいですね。

日本も都会と田舎では生活が随分違うでしょうね。私が住んだところは新興住宅地でしたが、田舎風だったのか、むしろ都会的だったのか、いまだによくわかりません。
  1. 2006/05/31(水) 05:09:37 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

LiLA管理人さん

アメリカでは草むしりってどうしているのですか?

前に住んでいたドイツのアパートでは、「草むしりはAさん、階段掃除はBさん、ゴミ出しはCさん」と決まっていて、同じ人がいつも同じ作業をしていました。
  1. 2006/05/31(水) 05:20:46 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

自我と時間の使い方

バリ島では、日本のそれと同じような感じですね。出生から死にいたるまで、すべては町内会の共有行事です。そういう意味では、集団に帰属するという意識が強く、帰属することによってはじめて、個の個であるうるという感じです。
でも、日本ほどスケジュールが詰まっていることはないようで週末も割りとフリーですが、ボーイスカウトとか学校の課外活動が日曜日に行なわれることが多いです。それと、宗教行事に関する縛りは絶対です。
  1. 2006/05/31(水) 16:13:15 |
  2. URL |
  3. RYO #-
  4. [ 編集 ]

アパートに住んでいた頃は、草取りとか階段掃除は管理会社が全部やってましたね。住人にそんな労働を強いることは無いです。そんなのも家賃の一部という事なんでしょうか。
  1. 2006/06/01(木) 12:53:12 |
  2. URL |
  3. LiLA管理人 #-
  4. [ 編集 ]

RYOさん

バリ島では、ほとんど毎日、島のどこかで宗教行事があるのではというほどお寺の行事が盛んなのですよね?

ドイツも、日曜は本来、教会へ行く日だったはずですが、だんだんとその習慣は薄れているようです。キリスト教のことはよくわかりませんが、教会に行くのは、地元の人と顔を合わせるよい機会だったのかもしれません。
  1. 2006/06/02(金) 04:38:41 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

LiLA管理人さん

そうなのですか。今現在私が住んでいるところでは、住民は雑草をあまり気にしないようで、道路脇は結構草ぼうぼうです。西側にいたときは、あまりこういう状態を見たことがなかったのですが。
  1. 2006/06/02(金) 04:43:25 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/364-ded2ec50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。