わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

乾物の使い方

日本から、煮干し、ワカメ、ひじき、鰹節etc.といろいろ乾物を持って来たのですが、お味噌汁を作るたびにどんどん減っていくのを見ると、「あ~、ダシ取るだけにこんなに使っちゃって、もったいない~」って気がしてしまいます。

こちらでも買えるのですが、高いし、古かったりもするしで、お金を出すのはどうも悔しい。かと言って、「ほんだし」や「中華だし」を使うのは嫌な私。

そこで、この本を見ながら、粉だしを作ってみました。

乾物をミキサーにかけて粉末にするだけなのですが、だしに使うだけでなく、炒め物の味付けに使ったり、サラダのドレッシングに入れたりできるし、煮干しなんかは骨まで摂取できるから体にいいし、ってことで。

鰹だし、煮干しだし、昆布だし、帆立の貝柱だし、干しえびだしに干し椎茸だしを作りました。干し椎茸のだしは本には載っていませんでしたが、ずっと昔、ドイツのテレビ番組でやっていたんです。確かHobbythekという番組でしたが、「日本のシイタケというキノコはマッシュルームよりも風味があって、とても体にいいのです。是非、料理に利用しましょう!」と言って、干しシイタケをミキサーにかけたのを炒め物の味付けに使っていました。そのとき「ほ~」と思ったけど、試したことなかったんですよね。今日はついでに、作っちゃいました。

今日の晩ご飯は子ども達と作った「手打ちうどん」でした。鰹と昆布と煮干しの粉だしで麺つゆを作って、台所で育てている万能ネギとミツバを入れて食べました。晩ご飯がうどんって粗食ですが、結構充実感あり。おいしかったです。

そうそう。煮干しは完全に粉末にならずに、粗いままのが残るのですが、ふるいわけてフライパンで炒ったら美味しいふりかけになったので、お昼にそれをかけたおにぎりを作って、娘とすぐそばの森の中で食べました。

明日はどのだしを使おうかな~と、楽しみ。

食べ物の話ついでに。今年是非とも作りたいものがあります。それはRumtopfというもの。大きな蓋つき容器にラム酒とお砂糖を入れ、春から旬の果物を順に漬け込んでいくのですが、最後の果物を入れてしばらく経ったクリスマスの頃に、果物が柔らかくなって、果汁のたっぷりしみ込んだ赤い色のラム酒ができあがります。どういうものか見たい方はこちらのサイトの右下に写真があります。それをバニラアイスと一緒にデザートとして食べる。前から一度作ってみたいと思いつつ、やりそびれてました。そろそろドイツ産のいちごが出回るので、今年こそ!カシスが大好物の息子が、庭にカシスを植えたので、実がなったらそれも入れて......

楽しみ、楽しみ。


スポンサーサイト
  1. 2006/05/24(水) 03:33:17|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<内面の充実 | ホーム | 家族が増えました>>

コメント

粉だし

妊婦なので健康には気をつけましょうと言われているのに、「だし」に関しては、まあいいか、と思っていました。玄米だってオーガニックを使っているのに。ちょっと本を覗いてみたけれど、面白そう。さっそく購入してみます(笑)。

Rumtopfも美味しそうですねえ。クリスマス時期と言えば出産がとっくに終わっているので飲めるはず(笑)。こちらも無理せず楽しめる感じですね。

ありがとうございます、です!
  1. 2006/05/24(水) 07:49:34 |
  2. URL |
  3. アキツ #tY2oADrk
  4. [ 編集 ]

最近、食品の裏側という本を読みまして、添加物がいろいろなものに使われているという内容なんですが、
うちで使ってる粉末だしは安全なんだろうかとおもっていたんです。
そんなときに、ビアンカさんまで粉だしとは!と思っていたら、粉にするんですね!
良い考えです。
本のせいかちょっと食欲ないです、、、。
  1. 2006/05/24(水) 09:49:35 |
  2. URL |
  3. なかい #2veXWRss
  4. [ 編集 ]

完全に嫉妬です。

なんか、完璧に環境が揃っているように感じるのは僕だけでしょうか? お子さんと一緒に料理だなんて、羨ましい限りです……。
  1. 2006/05/24(水) 17:41:58 |
  2. URL |
  3. RYO #-
  4. [ 編集 ]

女房が日本にいたとき煮干などでダシをとっていました。ダシとったあとはポイ。でも海外にいると煮干でダシをとるなんて贅沢なことができません。仮にそうしたとしてもエキスとられた煮干までしゃぶるでしょうね、きっと。こちらでは乾燥させた貝柱などでよくダシをとりますが味は今ひとつですね。
  1. 2006/05/24(水) 22:31:53 |
  2. URL |
  3. Kiasu #-
  4. [ 編集 ]

アキツさん

玄米を食べていらっしゃるんですね。私はその方が体にいいと思いながら、白米が好きで、先日も健康おたくのお義父さんに、「玄米にしなさいよ~」ってアドバイスされたところです。

この本、レシピもたくさん載っています。
  1. 2006/05/25(木) 02:25:14 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

なかいさん

その手の本、一度読むとしばらく食べる気しなくなりますよね。

市販のだし、ご心配だったら姫野さんに聞いてみるといいですよ。無添加の美味しい出しを私も教えてもらいました。
  1. 2006/05/25(木) 02:26:59 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

RYOさん

環境が整っているだなんて、そんなことないですよ。こちらは8月が新学期なので、娘はまだ小学校に上がれずに家にいるんです。もう、持て余しちゃって。油断するとすぐにテレビ漬けです。

でも、子どもと一緒に料理するのは楽しくて、大好きです。
  1. 2006/05/25(木) 02:29:01 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Kiasuさん

ダシを取ったあとの煮干しを捨てるのも辛いですが、鰹節はさらに耐え難くありませんか?ドバッと入れて、サッとすくうなんて。。。

そんな勿体ないこと、とてもできません。粉だしを入れっぱなしで飲むことにします。
  1. 2006/05/25(木) 02:31:23 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

だし

外国だと、ダシほどの貴重品もないですよね。あまりにもったいないので、普段は中国食料品店で見つけた、化学調味料無添加と謳っている粉末のダシを使ってます。何かわざとらしい甘みで誤魔化してる感じがしますが、ないよりましと思って・・・。
  1. 2006/05/25(木) 06:17:53 |
  2. URL |
  3. にしお #HH7DicBs
  4. [ 編集 ]

にしおさん

中国製の無添加だしがあるのですか。

ドイツでは鶏のもも肉は骨付きでしか売っていませんよね。骨を外した後、勿体ないから必ずスープを取ります。
  1. 2006/05/25(木) 15:48:34 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

日本製です

 すみません、言葉が足りませんでした。シマヤの「鰹だし」という製品で、無添加と書いてあります。魚の粉が若干入っているものの、原材料の大部分はやはり糖分でした。入れすぎなければ、そこそこの味にはなります。
 鶏の骨、なんかゼラチン質のが出てきて美容に良さそうですよね。
  1. 2006/05/26(金) 07:37:57 |
  2. URL |
  3. にしお #HH7DicBs
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/361-c013ce2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。