わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

男女は六歳にして席を同じゅうせず

(ここのところ「ドイツのサウナ」でググってこのサイトを訪れる方がすごく多いんですが、どうしたのでしょう?最近ドイツのサウナが話題にでもなったのかしら・・・誰か知っている方がいたら教えてください。)


さて、私の現在住んでいる埼玉では、しばらく前から某名門女子高の共学化をめぐって議論が続いているようです。「いまどき女子高なんて古い」という改革派と、「女子高の伝統を守るべき」という保守派。保守派によると男女別に教育を受けることには利点がいろいろあるのだそうですが、私はずっと共学で来たので今ひとつピンと来ません。

まあそれはともかく、日本には「男女は六歳にして席を同じゅうせず」の名残かな?と思われる現象がちらほら見受けられます。たとえば、親戚の集まりや知人同士のパーティで男女が集ったとき。気がつくと、たいてい男女がきれいに分かれて座っていませんか。最初はごちゃまぜに席についたりするのですが、いつのまにかドレッシングの酢と油のように分離します。この現象はアメリカやドイツではあまり経験したことがありません。イスラム圏のように必ず男女別でと決められているわけではないけれど、日本人はなんとなく「同性同士のほうが居心地がいい」のでしょうか。結婚しても新婚期が過ぎると、夫婦一緒に行動するよりも、夫は会社の同僚とゴルフ、妻は女友達とショッピングという傾向がありますね・・・

近頃、海外に留学する日本女性が増えていますが、アメリカやヨーロッパでは大きなアパートを学生数名で共同で借りることが多く、その場合男女が一つ屋根の下で生活することも珍しくありません。これ、問題になったりはしないのかしら?親が日本から娘に電話をしたら男が出て仰天!娘がいくら「あれはただのルームメート」と説明してもわかってもらえなくて・・・とか。ドイツの大学の学生寮も男子寮と女子寮に分かれてはいませんでした。ミッション系の寮についてはどうだったか覚えていませんが、基本的には男女に分けるという発想はないようです。

この「男女混合」の文化に慣れていないと、ちょっとびっくりすることがあります。ドイツの大学にいた頃、ある学生合宿に参加しました。宿泊先はかつての農家を改造した貸し別荘のようなもので、部屋は居間と台所の他にはすごく大きな多目的部屋が二つ。参加した男女数はほぼ同じだったので、男女それぞれが一部屋づつ寝室を使うんだろうと早合点したのですが、違いました!幹事が参加者を二つのグループに分けて部屋割りをした結果は、男女ごちゃまぜ。え~~~っ。ま、考えてみれば、日本の修学旅行でも夜中に男女が部屋を行き来して結局混じったりしてましたから、そう驚くことでもないのかな。だけど着替えるときに不便だよね。いちいちトイレに行って着替えるなんて・・・

まあいいや。とりあえず食事&飲み会のために居間に集合。盛り上がっていつのまにか夜も更けた。ぼちぼち二階に上がる人も出始める。では私もと、部屋に戻り、中の様子を見て唖然!男も女もその場でパッパと服を脱いで寝巻きに着替えていたから。全く人目を気にするふうもありません。ここで私一人がトイレへ行って着替えたりしたら逆に目立ってしまうかも・・・幸い、照明が薄暗かったので誰も見ていないうちにサッと着替えちゃえと思ったのですが・・・寝巻きにする衣類を鞄から出して、いざズボンを下ろそうとした瞬間、隣のベッド(正確には寝袋)の男の子が急に私の方を向いて話しかけてきた。わわっ。しかたがないので着替えは中断して、返事する。着替えはとりあえずこの話が終わってから・・・ところが、彼はいつまでも話をやめないのですっ!延々と会話を続けることになり、私は着替えのタイミングを失って困ったのですが、数時間後、意を決してズボンを脱ぎました。話のクライマックスで彼が私の顔に視線を注いでいるすきに。彼は何も気づいていない様子(ふり?)。ふう~、セーフ。

しかし翌朝あらためてビックリ仰天のことが・・・

鳥のさえずりで目をさまし、あ~よく寝た~とふと辺りを見回したら、向かい側の寝袋から女子学生が一人出てくるところでした。その彼女の格好は、Tシャツ一枚。「あーいい天気ぃ~」と言って彼女は窓の方へ歩いて行ったのですが・・・ちょ、ちょっと、パンツ見えてるよ~。男子もいるのにっと私はすごく焦ったのですが、本人はいたって平気。しかも窓辺で「う~ん」と伸びまでして。それなのに男子は彼女をジロジロ眺めるわけでもなく、「よく寝た~?」なんて平然と話しかけているんです。そのうち男子生徒もモゾモゾ起きてきて着替えだしたのですが、下着をはきかえる人もいて・・・

洗面所ではもっとオソロシイことになっていました。シャワーと洗面所が同じスペースにあり、男女分かれていません。しかも脱衣所もない。人が顔を洗ったり歯を磨いたりしているところで服を脱ぎ、シャワーブースに入り、終わったら裸で出てきて服を着るというシステムでした。げーーっと思わず後ずさり。
「ほら、次おまえの番だぞ」と言われても、
「い、いいっ。私、今日は浴びない」
「シャワー浴びないだとー?きったねえなー。日本人は毎日風呂に入るんじゃなかったのかよー」そうみんなに冷やかされてしまった。

男女席を同じゅうせずどころか・・・シャワーも一緒!?

ほんとに衝撃的でした。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/13(金) 09:48:13|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<責任の種類 | ホーム | ホメオパシー その謎>>

コメント

席=ベッド

初めまして!今台湾に住んでいるcotoba Hinakiと申します。

古い中国語と今の中国語ってかなり隔たりがあって、タイトルでいう「席」は「ベッド」の意味だそうです。6歳になったら、もう性的なことについても興味を示すので、分けて寝かせないと、行動がエスカレートするよ、って意味だったそうです。

あ、ちなみに古代中国語は現代でいうところの台湾語(ミンナン語…もんがまえに虫、南、と書きます)です。

では、また♪
  1. 2006/05/08(月) 15:11:46 |
  2. URL |
  3. cotoba #qTlQTaRY
  4. [ 編集 ]

cotobaさん

初めまして!

「席」って、そういう意味だったのですか。では一緒にご飯を食べたり、机を並べたりは構わなかったのですね。

一つ賢くなりました。ありがとうございます。
  1. 2006/05/08(月) 16:19:00 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/36-ef262329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。