わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

食生活、悪くないです

こちらへ来てすぐは、スーパーへ行っても置いてある食材が日本と違うので、一瞬どうしていいかわかりませんでした。棚に並んでいるものを見ても献立が浮かんで来ず、「はて、日本ではどんなもの作ってたんだっけな?」「前にドイツに住んでたときはどうしてたっけ?」と困ってしまった。

とりあえずは日本から持って来たルウでカレーを作ったり、豚肉と野菜を炒めてみたりしたけれど、子ども達から「ご飯の味が違う!」「豚肉が分厚い!」「ナスがかたい!」とブーイングが出ました。なにしろまだ最低限の調理道具しかないし、ジャポニカ米や薄切り肉やお魚の入手場所も見つけていないので、どうしても「間に合わせ」的な献立になってしまいます。

あ~、もっとちゃんとしたもの食べたい~。

と思っていたのですが、何回かスーパーに足を運んで棚をじーっと見ているうちに、だんだん思い出して来ました。ドイツにも美味しいものがいろいろあったんだってことを。埼玉にいた頃は存在を忘れていた食品がどっさり!ちょっといなかった間にクリームチーズとか乾燥パスタの新製品が随分出たんですね~。「行者ニンニクパスタ」なんてものも見つけました。イタリアやギリシア風アンティパスティのコーナーもあるし、天然ジュースの種類も多いし。

子ども達は「ドイツのゆで卵って美味し~い!」と感動したようです。
「日本のゆで卵って黄身が緑色してて、温泉みたいな匂いがするよね」
そういえば確かに、そういうの多いですね。一体何が違うんだろう?餌かな?

ここのような小さな村にまで自然食の店があったり、ほとんどのスーパーが有機食材を扱っているのも嬉しいです。まー、「有機の定義は何なのか」とか「本当に有機なのか」っていう疑問はありますけど(私、疑り深いので)。こちらには「エコテスト」っていう商品評価雑誌があるんですが、最新号にちょうど有機卵の評価記事があったので早速買ってチェックしました。それによると、評価の対象となった24種類の有機卵のうち「評価基準を満たしていない」とされたものは5つ。あとはおおむね「大変よい」か「よい」でした。これを信用していいとすれば、「有機」と書いてある卵は大体安心ということでしょうか。

今日は食材探しにベルリンへ行きました。日本食材店へ行くつもりだったのですが、偶然大きな有機スーパーの前を通ったのでちょっと入ってみると、日本食材コーナーがありました。といっても日本からの輸入物ではなく、ドイツで製造された食品なんですが、有機醤油に八丁みそに葛粉に梅酢にエトセトラ。いろいろある~。そして生鮮コーナーにはなんと「絹ごし豆腐」までが!かつてはドイツの有機ショップのお豆腐は固くて酸っぱくてとても食べられないと思ってたけど、最近はかなりいい感じのも作られてるんですね。

ニッコニコでお買い物して、さらに歩くと大きなアジアショップがあった。そうそう、ドイツでは私の大好きなエスニック料理の材料が簡単に手に入るんでした!店内に入ると懐かしい匂いが。タイ人経営のお店です。タイだけでなくインド、インドネシア、フィリピン、中国、韓国の食材も置いてます。店の奥はちょっとした食堂になってるんですが、メニューを見ると、わーお!タイのいろんな屋台料理が~。ドイツのタイレストランってドイツ人好みの味付けになっているところが多いけど、ここは普通のタイ料理を出すみたい。やったー!と驚喜して、クイティアオセンヤイナームとソムタムを食べました。感激っ。

さらに往来を歩いていると、アラビア料理店の前で揚げたてのファラフェル(野菜コロッケのようなもの)を配っていました。これも美味しくて満足。

ドイツで貧しい食生活に耐えている、なんてことはありませんので、どうぞご心配なく~。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/21(金) 06:08:17|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<人間の幸福よりも鳥の幸福 | ホーム | ゴミ出しが楽になった~>>

コメント

Seiden Tofu

こんばんは。
私も絹豆腐のファンです、と言っても、日本の絹ごしよりは硬いです、私が買っているのは。ちなみに Taifun というメーカーです。
醤油もドイツのビオのは悪くないですよね。

そう、20年前にはなかったベアラオホ(ぎょうじゃにんにく)を使った食材もたくさん出ますし、食材全体が豊かになったように思います。お気に入りは、ビオのBaerlauch Pestです。
  1. 2006/04/21(金) 06:34:56 |
  2. URL |
  3. nyf1403 #-
  4. [ 編集 ]

おいしいもの

ドイツならではのおいしいものがいろいろ見つかったご様子で、読者としてはビアンカさんのお料理が楽しみです。行者にんにくパスタっておいしそうです。こういうものもあるのですね。(味噌和えのイメージしかなかったです)
  1. 2006/04/21(金) 09:16:22 |
  2. URL |
  3. kmy #GaU3vP2.
  4. [ 編集 ]

ビアンカさんとこの蜂蜜が食べたい!
  1. 2006/04/21(金) 09:17:15 |
  2. URL |
  3. なかい #-
  4. [ 編集 ]

卵の色

タイでは卵の黄身は、オレンジ色をしています。
不思議なことに、年々その色が日本の黄色に近づいているんですよ。
やっぱり、鶏の餌とかが、日本に近づいているのでしょうか。
  1. 2006/04/21(金) 10:20:34 |
  2. URL |
  3. Toshi@タイ #EBUSheBA
  4. [ 編集 ]

そうですよね、

必ずあるものなんですよね、美味しい食べ物、どこの土地にも。
僕は別に日本食にはこだわらないので、いろいろな国の料理が安く食べられるとすごく嬉しいです。有機食材が多いのはいいですね。インドネシアではジャカルタのあるジャワ島のほうでブームとなっているようですが、手間やコストがかかるからか、バリ島ではお目にかかれません。
ちなみに、Nasi Campurとか、Mie Gorengとかもありますか?
  1. 2006/04/21(金) 15:02:10 |
  2. URL |
  3. RYO #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは

遅ればせながら、お引越しお疲れ様です。
現在はポツダム生活なんですね。
早速ベルリンへ足を延ばすなんて、行動力ありますね。すばらしい。
私もこちらへ来た当初は、スーパーの食品の多さに驚きましたが、「はて、どう料理するのか?」と結局いつも同じ食材を購入している気がします。
何かいいお料理方法があったら是非お伺いしたいのものです。。。
どこかでお会いできるかもしれないですね。楽しみです♪
  1. 2006/04/22(土) 01:47:06 |
  2. URL |
  3. ビーグル #-
  4. [ 編集 ]

nyf1403さん

ベアラオホ、今ドイツでブームなんですか?今日はベアラオホブレーチェンを見つけました。

nyf1403さんのお庭にもあるんですよね?うちも植えようかな。
  1. 2006/04/22(土) 04:47:27 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

kmyさん

旅行でドイツ料理を食べるとなると、どうしても同じようなものになりがちだけど、自炊だとそれなりにバラエティがあります。パンだけでも何百種類もあるんですよ。
  1. 2006/04/22(土) 04:50:02 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

なかいさん

そうそう。ドイツの蜂蜜って自慢じゃないけど美味しいですね。夫が今度埼玉出張のとき、持たせますね。
  1. 2006/04/22(土) 04:51:04 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Toshi@タイさん

タイの卵、日本化してるんですか。不思議ですね。

日本の鶏肉ってタイから輸入しているものも多いのに、タイで食べる方がずっと美味しい気がするんですがどうしてでしょう?飼育方が別なんでしょうか。
  1. 2006/04/22(土) 04:53:54 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Ryoさん

ナシゴレン、ミーゴレン、サテはドイツで普及していますが(でも味がだいぶ違う)、残念ながらナシチャンプルはないですねー。私が大好きなのはソトアヤムとピサンゴレン、ガドガドです。
  1. 2006/04/22(土) 04:57:17 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

ビーグルさん

日本で見たことのない野菜って、なかなか手が出ないですよね。でも夫の実家や友達の家で食べて美味しかったものは取り入れます。

まだポツダムの見所に足を運ぶ余裕がないんですが、よく駅のショッピングセンターをウロウロしているので、すれ違っているかも知れませんね。

Werderのお花見とかには行かれますか?

いろいろ教えて頂きたいこともあるので、お会いできたらいいなと思っています。
  1. 2006/04/22(土) 05:02:12 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

食べたいものが手に入る環境ってのは何ものにもかえられませんね。さて、卵ですが、日本のゆで卵が緑っぽく見えるのは黄身の中の鉄分が白身の中の硫黄分と反応して硫化鉄ができるからだと理科かなんかで習いましたが、加熱する温度によっては、温泉卵のように、硫化鉄ができない場合もあるらしいです。ドイツのほうが高度が高くて沸点が低いから、いや、まあどうでもいいですね。おいしいのが一番だと思います。
  1. 2006/04/22(土) 06:04:42 |
  2. URL |
  3. ヒロシ #-
  4. [ 編集 ]

ヒロシさん

日本の卵の方が鉄分が多いんですか。そういえば、日本のゆで卵は殻が剥きづらいものがたまにありますが、ドイツでは経験したことがありません。これも気になります。
  1. 2006/04/22(土) 06:13:48 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

なんと、日本の卵はまだ古めだったのでしょうか。 アメリカの卵はもっと古いと思うんです。盛り上がってないから。 でも、半熟で食ってしまう私です。

やっぱり、その土地の材料のよさを見極めたら、それにあう料理ですね。 アメリカのナスでミソ炒めはまずいですもん。
  1. 2006/04/26(水) 04:23:36 |
  2. URL |
  3. すまいる #-
  4. [ 編集 ]

すまいるさん

そうなんですよね。素材の味が違うから、日本にいるときとドイツにいるときでは、おのずと作る料理が変わって来ますね。

日本では生クリームを使った料理はほとんど作りませんでした。高いから。
  1. 2006/04/26(水) 05:09:12 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/347-65fbeab7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。