わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

不要品の処分

現在、ドイツへもって行く物とそうでない物との仕分けをしています。

あさっては布ゴミの回収日なので、子ども達の古着を全部出してチェックしました。古着と言っても着古したものばかりではなくて、二、三回しか袖を通さずに小さくなってしまったものも多いです。

少しでもシミになったものは、バザーに出しても、たとえただでも誰も欲しがりませんよね。日本製の衣類は丈夫なのが多いから本当に勿体無い。端切れにして再利用するか、雑巾にでもするほかはありません。

シミのあるものはよけて、まだきれいなものにアイロンをかけました。午前中ずっと。全部で60着くらいありました。

それをダンボール二つに入れ、リサイクルショップへ。お金にはならないとわかっていますけど、捨てるよりいいから。

それなのに・・・・・
「お引取りできるのはこれだけです。あとはお返しします」
と、ほとんど全部突返されてしまった。受け取ってくれたのは、たったの6点。

ガーーーーーン!!

買ってくれとはいいません。でも、貰ってはくれるだろうと思ったんだけどなあ。ただでも要らないよ、だなんて。ショックです。突返されたものの中には、新品で袋に入ったままのものもあったんです。

今の日本、何でも安く買えるから、誰しも物があり余っているのは仕方がないですね。でも、もったいないよぉ~。

保育園や学童保育室では年に二度ほどバザーを行いますが、たいして売れません。物品を集めるときに、「各家庭、新品のものを最低二つ、ノルマ!」って言われたりするんですが、うちはお中元やお歳暮を頂くことがないので、新品のものが何もなくていつも困りました。新品じゃない不要品ならありますが、そういうのは本当に売れません。だって百円均一で何でも売っているもの。

古着なんて子どものものでさえ、大きな紙袋に詰め放題で百円。それでも売れ残る。もちろんシミのないものばかりですよ。大人のものは全く売れない。(私も買いませんけど・・・)

物が安く買えるのは消費者にとって嬉しいことですが、こんなにどんどんゴミばかり出していいのかな。

洋服は何回か着た後だからまだいいのですが、いろんなお店でくれるプラスチック製の景品類を捨てるときの罪悪感はすごいです。ただ捨てられるためだけに作られた物達。哀しいわ。

不必要な景品はなるべく貰わないようにはしてるんですけど。そうムゲにも断れないことが多くて。

ウジウジしながら不要品の整理を続けます。娘にはもう小さくなった自転車や三輪車、どなたか貰ってくれないかな。古くて錆びているから、誰も欲しがらないでしょうね、やっぱり。粗大ゴミですね。ぐすん。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/23(木) 17:00:36|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20
<<幼稚園児のグループ送迎 | ホーム | 新しい生活に向けて>>

コメント

ブルーになりました・・・

そんな状況なんですね……。スゴイショックです。インドネシアでは過去何度もいろいろな災害や被害に恵まれて、金銭援助以外にも、食べ物や衣服などの物資援助を受けてきました。その中で、特に物資援助に言えることですが、政府がただでもらったのに国内で売られているんです。証拠はないですが事実です(信用度低い!?)。今も、あの地震災害地アチェでは、衣食住がまともに整っていない人たちが大勢いるそうです。
変な話ですが、いわゆる会社勤めから卒業することができたら、このバリ島の人たちに日本から寄付物品をもらって、できる限り公平にちゃんと配ってあげたいと、馬鹿正直な僕は本気で考えちゃいます。
  1. 2006/02/23(木) 17:24:09 |
  2. URL |
  3. RYO #-
  4. [ 編集 ]

痛ましいですね・・・

ぼくがその場にいたら、子どもがいなくても三輪車とか引き取ってたかもしれないです。留学を終えた友人が帰国するときに、所持品のバザーをしますが、余ったものは捨てられてしまうので、要らなくてもついついもらってしまいます。誰かがいつか使うかなと思って。

でも、余るところには余り、足りないところでは足りず。うまくいかないですね。
  1. 2006/02/23(木) 18:28:58 |
  2. URL |
  3. にしお #HH7DicBs
  4. [ 編集 ]

寄付金の闇取引、北朝鮮でも同じような状況だそうですね。

日本で物の使用期間が極端に短いのは、流行の移り変わりが早すぎて何でもあっという間に陳腐化してしまうのもあると思うんです。
  1. 2006/02/23(木) 19:27:29 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

にしおさん

そういえば日本製のものや日本にしかないものはドイツでは貴重だから、日本人同士でよく譲り合いっこしてました。

家具や家電なんかも、みんなで回して使いますよね。
  1. 2006/02/23(木) 19:36:33 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

こういうのは切ないですよね。
Kleidersammlungなんてあるといいのにと思いますね。(今日はKleidesammlungでした、たまたま。)
  1. 2006/02/24(金) 02:56:56 |
  2. URL |
  3. michiaki01 #-
  4. [ 編集 ]

困ったものです。

日本人、贅沢になりましたよね。私も含めて。
そして新しいものを買うために家庭も顧みずに一生懸命働くと。
ちなみに我が家では、要らなくなった私の服とか子供の服、ベビーカーなどは、いつの間にかタイの田舎の親戚のうちへ。
  1. 2006/02/24(金) 10:18:50 |
  2. URL |
  3. Toshi@タイ #EBUSheBA
  4. [ 編集 ]

寄付ってのは・・

アメリカみたいにDonationセンターってのはないんですね、日本って。 それがだめなら中古店とか。 こっちにいくらでも寄付する機関があるので、その後国内の中古店に行くのか、ホームレスのミッションやシェルターにいくのか、国内外の災害用に使うのかは解りませんが・・。

少なくとも災害の援助の寄付なら、すぐにシアトルでもTVで3,4箇所モールやTV局で受付始めるんですが・・・、その辺あんまり日本ってないですよね。 もっと、有効活用できるような物流、援助システムができればいいのに・・。 
  1. 2006/02/24(金) 16:10:05 |
  2. URL |
  3. すまいる #TwO4yE0Y
  4. [ 編集 ]

信じられないー、と叫んでしまいました。
私は、二シーズン着なかった服、履かなかった靴は、オットの物もふくめてDiakonieへもっていきます。寄付です。そしてそこが主催する中古品販売店で販売されて、Diakonie(evangelischの教会の福祉部、でかいです)に利益が出て、それが活動費となっていきます。
また、クリスマスに教会でバザーがあって、そこでも、中古衣類販売があって、よく売れていますし、また、いろいろな福祉団体が集めています。もちろん、汚いもの、壊れた物は断られますけど、そこは常識の問題ですよね。
バザーに新品がノルマ、ってのも信じられません。何かを作って、というのはあります。教会の婦人会は一年かかってあれこれ、作っています。

お近くに教会、ありませんか?母が通っている教会は、バサーで中古衣類を扱って、完売するようです。それを狙ってくる人たちもいる、って。
  1. 2006/02/24(金) 17:31:28 |
  2. URL |
  3. nyf1403 #IP/sRWwE
  4. [ 編集 ]

はじめまして

先日日本に住む私の両親が、こんなことを言っていました。「ドイツにはもったいないって言葉がないんだってね!?」私は知らないんですが、日本のラジオで放送されたそうです。
物を大切にするドイツ人。それはたまに耳にする言葉。
でも、私は去年越してきたばかりで、今はドイツ人のお友達はいないので、おはずかしながら両親に「ふ~ん」としか答えられなかったのですが、コメントされているかたの内容を読むと、考えさせられますね。
いらないから捨てるのではなくて、それを利用する方法をドイツでまなべるといいなぁと思います。
ビアンカさんはポツダムに住まれるのですか?私も在住してます。すごく嬉しく思います。
  1. 2006/02/24(金) 18:30:57 |
  2. URL |
  3. ビーグル #-
  4. [ 編集 ]

michiaki01さん

Kleidersammlungもありますし、街に古着ポストもありますよね。

私が今回持って行ったのは子供服の中古店なので、絶対引き取ってくれると思ったんですがダメでびっくりしました。厳選されたものしか扱わないとは知らなかったので・・・(商売だから、売れない物は要らないのは当然ですが)
  1. 2006/02/24(金) 19:13:16 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Toshi@タイさん

使い回しができるなんていいですね。タイでは日本の電車やタクシーの中古も見かけますよね。
  1. 2006/02/24(金) 19:14:52 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

すまいるさん

古着を寄付できるところをと思ってネット検索したんですが、即座にヒットしないので、探しているうちに疲れてやめてしまいました。

保育園へ持っていってみて、それでさばけなければ捨てることにします。
  1. 2006/02/24(金) 19:18:35 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

nyf1403さん

息子のベビー服はほとんどドイツの幼稚園や教会のバザーで買っていましたが、洗って少し縮みかけているものや、多少のシミのあるものも中にはありました。でもうんと安いから、あまり気にしませんでしたね。

ドイツのバザーって、古いお皿なんかもありますよね。このあたりのバザーではそういうの出せる雰囲気ではありません。贈答品として箱に入った食器類ばかりです。

探せば日本にもがらくた市ってあるのかしら・・・この辺では見たことがなくて。教会に明日問い合わせてみます。
  1. 2006/02/24(金) 19:26:04 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

ビーグルさん

はじめまして!ポツダム在住の方ですか。とても嬉しいです。

「もったいない」。一言で言える表現はないような・・・「捨てるのは残念だ」みたいな言い方ですよね。

ドイツ人は物をすごく長く使うな~と思います。息子のレゴや電車のおもちゃ、夫の子供のときのです。ベビーカーも30年前のを使いました。
  1. 2006/02/24(金) 19:34:30 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

ショック

ちょっとカルチャーショックを受けてしまいました(笑)。

ニューヨークでは「物々交換」する場所があるんですよ(行ったことないけれど)。皆いらないものを持ち寄っているものを持って帰る。

こちらの日本人同士でも結構子供服やおもちゃなどの交換や譲り合いとかはありますよ。やっぱり日本製は高い、かわいいという認識があるから。しかし……日本、贅沢ですねー。なんかヘンですね。「もったいない」精神はもうないのだろうか?
  1. 2006/02/25(土) 01:47:00 |
  2. URL |
  3. アキツ #tY2oADrk
  4. [ 編集 ]

意外とオークションで売れます

キョウコです。
たしかにリサイクルショップでは子供服はよほど状態が良くないとひきとってもらえませんよね。でもネットオークションでは、状態がいくら悪くても買ってくれる人がいます。娘の布オムツカバー6枚組(ユーズド、保育園で使用したため記名有り、使用感あり)は100円からスタートして、2000円くらいで落札されました。
店舗をかかえるリサイクルショップだと、店舗や倉庫の維持費がかかるのうえに、購買層が近隣の住人に限られるので、売れない危険性のあるものは買ってくれないのかもしれません。いっぽうネットだと、国内のすべての地域から欲しい人を募れるので、意外と高値で売れます。オークションでものを売っていると、意外と古いもの(とお金)を大切に使う人がいるものだなと感じます
  1. 2006/02/25(土) 06:31:54 |
  2. URL |
  3. キョウコ #-
  4. [ 編集 ]

アキツさん

私がドイツで子どもを産んだとき、ドイツではサイズの合うマタニティがなく、実家から送ってもらったのですが、後で日本人女性に貸してと言われました。その人が無事妊娠を終えたとき、「別の日本人が妊娠したから」とさらに借りられていき、その後音沙汰がありませんでしたが、もう私には不要なので追求しませんでした。

すると、その後三年経って、日本人学校の補習授業に息子を連れて行くと、私のマタニティらしきものを着ているお母さんがいました!

みんなマタニティに困って、回りに回っていたみたいです。なんだか嬉しかったです。
  1. 2006/02/25(土) 08:03:14 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

キョウコちゃん

ネットオークションがあったんですね!思いつきませんでした。オムツカバー、随分高く売れたんですね。

今日、早速調べてみます。ありがとう!
  1. 2006/02/25(土) 08:06:11 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

わかります!

私も昨年大量の物の処分に困りました。
我が家は女の子3人ですから、衣類はすごい量でした。幸いにも「もらうよ~!」と声をかけてくださる方がいたから、もらっていただいたの。それにうちの幼稚園は、あまり規制がなく、(私もぼろを人に渡してないつもりだけど)、その方もいらなかったらバザーに出せるので、気楽でした。
自転車も近所の女の子がもらってくれたり、おもちゃ類もそれぞれ男の子や女の子にあげました。

6年間住んでいろんな人と知り合っていて本当良かった、この人たちとさよならするのかぁ、と寂しくなった瞬間でした…。
  1. 2006/02/25(土) 17:33:09 |
  2. URL |
  3. ぷにゃた #yl2HcnkM
  4. [ 編集 ]

ぷにゃたさん

引越しがなければ、いっぺんに全部放出ということはないのでしょうが、不要品を海を越えて運ぶわけにもいかなくて頭痛いです。

昨夜、保育園のお父さん達が夫のために送別会を開いてくださいました。頂いた色紙を私も見て、じーんと来ました。
  1. 2006/02/26(日) 21:38:27 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/323-5058ca63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。