わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

身内に厳しい私?

えっと、本文とは関係ないんですけど、先日のアキツさんへの私のお返事、もしかして誤解を招くかも・・・と心配になりました。「浮気の告白はやめて欲しい」って書いたんですが、夫の名誉のために言い直します。夫が私に浮気の告白をしたということではありません。もし仮に浮気をされたと仮定して、それを正直に告白されたら嫌だということでした。あくまでも仮定の話ですので~。

ここから本文です。

この間、引越し業者のサービスに関する記事に、すまいるさんから、日本の運送業者は対外的にはサービスがいいけど、従業員には厳しいという面があるのでは、という内容のコメント頂きました。それで、思い出しました。先日会ったタイ人の友達が言っていたことを。

彼女は在日15年。日タイ通訳者として活躍しています。その彼女がいまだに理解できない日本の慣習がある。

「タイ人のお客さんを連れて日本の会社へ行ったときなんだけどね、日本側は上司と部下の二人で対応してくれたのよ。ところが部下が準備してきた書類に不備があって。そうしたら上司は部下を怒鳴りつけたの。それを見たタイ人のお客さんはびっくりしちゃって、こんなひどい上司のいる会社とはとても仕事ができないって、結局、交渉成立しなかったのよ~。」

うーむ。そういう場面って確かに珍しくないかもしれませんね。

「怒鳴りつけるのはどうかと私も思うけど、社員を厳しく教育していますよってことを示そうとしたのかもね」私はそう言いました。
「でも逆効果じゃない?その場にいた私も見ていて嫌な気持ちになったもの。自分の部下すら大事にできない上司ってどうなんだろうと思ったよ。タイ人の上司なら、人前で部下を叱ったりしないね。注意するときはこっそりと誰もいないときに、が常識よ」
「部下の面子を大事にするからでしょ?」
「部下の面子だけじゃないよ。自分の評判を落とすことにもなるのよ」

なるほど~。

逆に日本では内輪に厳しい方が信用されるのでは。子どもが悪さをしたときにも、人前だとことさら厳しく叱ったりして・・・内輪に厳しいって、日本では一つの美徳なんですよね?

それは文化だからいいんです。でも、個人的には、私、身内には優しいほうがいいのかなと思って。というのは、自分が身内に優しくないから。

私、夫が何か失敗すると、
「ほら~、だからいつも言っているでしょ~」
「いつもこうなんだから~」
「そういうのがいけないんだよ~」
よく言ってしまうんです。でも夫は私に対して絶対にそれはしません。

もちろん、私の数多くの欠点を彼は知り尽くしています。だけど、言わない。知り合って15年、ただの一度も非難がましいことを言われたことはありません。

夫はもともと悪気の全くない人ですが、正直にずけずけと物を言うタイプで、彼が人と話しているのを聞くと「ヒェ~。そんなこと言ったら、キラワれちゃうよ~」とヒヤヒヤすることがあります。でも彼は人にどう思われるかをあまり気にしない。

そういう人なのですが、内輪の人間には本当に優しいです。私だけじゃなく、親友と呼んでいる友達に対してもそう。自分が信頼している相手、大切に思っている相手のことは決して否定しません。徹底してます。内心「またかよ~。いい加減にしろよ!」と苛立って当然な場面でも、「ははは・・・面白いね~、あんたって」で許してくれる。

なんだか・・・すごぉーく自己嫌悪。

欠点は山ほどあるけれど、私の最大の欠点はきっと、「一番優しくするべき相手に優しくない」ことだわ。身内に厳しいと言えば聞こえはいいけど、実は外ヅラがよくて内弁慶。家族だから何を言っても許してもらえると甘えて、言いたい放題。いけませんね・・・

人間誰しも外ではいろんなことがあるのだから、家族だけはいつも優しくしてあげないと。欠点の多い私が社会でなんとかやっていけるのは、家族にいつも肯定してもらって多少の自信を保ち得ているからなんですよね。

・・・・と、一ヶ月に少なくとも一度は反省するんですが、すぐにケロッと忘れてしまうところが私の二番目に悪いところかも。

「身内に優しい私になる」。永遠の目標にならないようがんばります。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/09(木) 18:00:17|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
<<いつまで添い寝? | ホーム | 謝るべきかどうかの基準>>

コメント

ビアンカさんのおっしゃること、とてもよくわかります。きっと私も同じように身内に厳しいからでしょうね。シンガポールに来てから身内への厳しさ、とくに子供への厳しさが増してきたようで反省しきりです。

こちらの親のように子供に罵声をあびせることだけはやめようと思うのですが、ついつい・・・・・・。本当もっと反省しなければいかないですね。
  1. 2006/02/09(木) 18:46:54 |
  2. URL |
  3. Kiasu #-
  4. [ 編集 ]

相手を思うからこそ……

僕も気を付けています。人前で誰かを叱ったりすることはもうなくなりました。だけど、「相手を思うからこそ、厳しいアドバイスを……」という感覚はなかなか完全に消し去ることができずに、ときどきうちの家内の言う『余計なお節介』アドバイスをしてしまうことがあります。こういった(厳しい)前向きなアドバイスでさえ、バリ島ではあまりいいものとは思われていません。
  1. 2006/02/09(木) 18:55:35 |
  2. URL |
  3. RYO #-
  4. [ 編集 ]

以前、Frankfurtの某日本料理屋で、そっくりな光景が繰り広げられていたことを思い出しましたね。
僕等日本人客も、決して心地よくなかったし、もちろん現地の人たちは驚いてましたね。
  1. 2006/02/10(金) 04:54:04 |
  2. URL |
  3. michiaki01 #-
  4. [ 編集 ]

あ~、これ、どこかでみた光景・・うちと同じじゃん、と・・。
私も、ビアンカさんとおなじように対応してしまうんです。で、あとで、ぐじぐじ自己嫌悪になったりします。

内容からずれてしまいますが、こちらの人は身内を賞賛しますよね。日本の様に「愚妻」なんて言いませんものね。「ボクのツマは料理が上手でね」って平気で言いますし、まわりも、うんうん、って聞いている・・。今は日本もそうなっているのかな。
  1. 2006/02/10(金) 05:35:33 |
  2. URL |
  3. nyf1403 #-
  4. [ 編集 ]

耳が痛いっ!

日本人の特質なんでしょうか?私もビアンカさんと同じことを同居人に対してやってしまいます。 それを彼の家族にまでやってしまうんで、あとで、はっと気がついて、「これでは本当に同居人に愛情があるのだろうかと思われてしまう・・」と、ついつい身内?を人前でけなしてしまう癖を反省することしばしばです。

でもそのタイ人のお友達が言われるように、普通日本人の会社でも上司が人前で叱るというのはよくないんでないでしょうか? 通常はしないと思います。(軍隊じゃないんだから) その上司の方もお客さんに詫びることを部下を叱ることで申し訳なさを示したのかもしれませんが、怒りをお客さんの前で出すほうがいけないような気がします。

それから、ワタクシがコメントしたところでビアンカさんにお答えしてなかった疑問がありました。 どんなところに不満があるか・・、福利厚生がひとつ、そしてそのタイ人のお客さんのお話みたく、お客様にいいサービスをするがために、身内(社員)を犠牲にするってとこでしょうか。

  1. 2006/02/10(金) 06:11:36 |
  2. URL |
  3. すまいる #TwO4yE0Y
  4. [ 編集 ]

なんと!

最初は名前が出てきてどきどきしました(笑)。

あたしも彼に対して厳しいんですよね。アメリカって「ほめ社会」なのにそれができない。ひどい場合は差別一歩手前の言葉を言っていたりしています。こんなんじゃ嫌われてしまう、と思いながら優しくしようと思っていてもできない。

身内に優しく。

あたしも一生のテーマにさせていただきます。
  1. 2006/02/10(金) 08:57:42 |
  2. URL |
  3. アキツ #tY2oADrk
  4. [ 編集 ]

Kiasuさん

子どもには間違ったことはちゃんと教えないとと思うんですが、私の場合、一つのことを叱るとき、ついでに他のこともまとめて怒っちゃうんです。「それに・・・・だし、あのときも・・・・だったし!」って。

いっぺんに言うのヤメてって、子どもに言われます・・・・あれもこれも言われると、否定されているように感じちゃうんでしょうね。反省です。
  1. 2006/02/10(金) 10:02:12 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Ryoさん

相手のために言ってあげる、っていうのもあっていいとは思うんです。でも、私自身に限って言えば、自分が優しくしてもらって初めて他人にも優しくしなくちゃと思えるので(思うだけじゃ何もなりませんが)、厳しく言うよりもまずは優しくあることが必要なのかな~と思って。
  1. 2006/02/10(金) 10:05:28 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

michiaki01さん

自分に関係なくても、誰かが怒られているのって見ていていいものじゃないですね。

雰囲気が大事な飲食店では特に。
  1. 2006/02/10(金) 10:07:23 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

nyf1403さん

ドイツで人前で身内を悪く言ったら、「離婚間近か!?」と勘ぐられそうですよね。

日本でも最近は身内をよく言う人も増えてるのかなと感じますが、「のろけてる~」って冷やかされますね、やっぱり。
  1. 2006/02/10(金) 10:09:24 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

すまいるさん

私、日本の会社事情に明るくないんですが、福利厚生はあまりよくないんでしょうか。夫の会社は外資系としてはごく普通なんですが、日本人の友達からは「至れり尽くせりでいいね~」って言われるんです。

  1. 2006/02/10(金) 10:12:03 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

アキツさん

褒めたい気持ちはあっても、なんか言葉が出てこない・・・ってありませんか?他人のことはいくらでも褒められるのに、不思議なものです。
  1. 2006/02/10(金) 10:13:22 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

いろいろな人がいるわけで。

タイ人の上司なら、人前で部下を叱ったりしないね。注意するときはこっそりと誰もいないときに、が常識よ」
ですけどね。
タイ人の上司だって、日本と同じですべての人が部下思いではない訳で。
人前で部下を叱るタイ人の上司も間違いなく存在します。
タイ人がどうの、日本人がどうのと言う前の、上司の態度の問題のように思います。
  1. 2006/02/10(金) 11:19:56 |
  2. URL |
  3. Toshi@タイ #EBUSheBA
  4. [ 編集 ]

Toshi@タイさん

そうですね。日本人の上司だって、人前で部下を叱らない人がたくさんいますものね。

このことに限らず、なんでも「人による」んでしょうね。違いがあるとすれば、それが社会的にどこまで容認されるかが少し違うというところでしょうか。
  1. 2006/02/10(金) 11:39:11 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

はぁ…すごく納得。

私もイタリア人のすごく近しい存在の人に、彼に対する不平不満を正直に告げたら、「大切だと思っている人間にそんなことを言えるはずがない」と言われました。
私としては「大切だと思っているからこそ、あえて言った」んですが。
そういうことなんですね。はぁ、納得です。
これからは気をつけないと。
  1. 2006/02/10(金) 20:54:37 |
  2. URL |
  3. pino #7yme2j7Q
  4. [ 編集 ]

pinoさん

身内に不満をぶつけないって、単に夫の方針なのか、一般的な傾向なのかはわからないです。

日本より離婚率が高いことからみても、結構お互いに不平不満を言い合うのかもしれませんし・・・
  1. 2006/02/11(土) 08:02:26 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

相手のいいところを学ぶ

いいことだと思います。
日本も普通は、人前ではおこらないで、後で、怒ったりするのが、普通だと思います。
イタリアは人前も何も関係なく、自分の感情で、怒ったり、身内だって、見てるとそりゃーもう「もう家族崩壊か」と思うほど言い争うこと、多いと思います。でも、あとで、けろっと仲良くしてるんですけど。
  1. 2006/02/13(月) 04:42:30 |
  2. URL |
  3. yuranoto #-
  4. [ 編集 ]

yuranotoさん

イタリアの人は感情表現がストレートな人が多いんですか?けろっとしているのならいいですけど。
  1. 2006/02/13(月) 12:05:48 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/316-4dce117f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。