わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

センター試験

センター試験一日目。今年は英語にリスニング問題が加わり、これまでにも増しての長丁場。大変ですね。

あいにくの大雪です。この寒さで風邪をひいている学生もいれば、生理中で体調がすぐれないという女子もいることでしょう。実力を出し切れなかった学生がいたなら、本当に気の毒です。

思い起こせば自分自身もかつては受験戦士だったわけだけれど、戦いはいまや一層過酷なものとなっているのでしょうか。少子化による学生数の減少に対処すべく「英検二級以上の資格保持者には授業料全額免除」に踏み切る大学もある一方で、本年度の受験者総数における三浪以上の浪人受験生の割合は(うろ覚えですが)17%だとかで・・・

少子化しても志望校がブランド大学に集中していれば変わりがないのかな。

東京都内に住む友人の話では、中高一貫校を受験するためには小学校のうちから夜遅くまで塾通いをしなければならない。入試問題は年々難しくなっていて、学校の授業で習うことでは全く対応できないのだとか。

そう考えると、ドイツに帰るうちの子ども達は恵まれているのでしょうか。バイリンガルで大変だ、引越しが辛い、などと愚痴ってはみても、受験がないというだけで負担はかなり軽いのかもしれません。

もちろん、ドイツだって進学は大変。小学生でもついていけなければ落第しますし、総合大学に進学できるのはギムナジウムという進学校を卒業した生徒だけ。しかもギムナジウムにうまく入学できても、卒業試験に通らなければ、あるいは好成績を修めなければ大学の希望の学科には進めない。

晴れて大学に入学しても、単位を取るのは容易ではないですしね。10~12歳という低年齢で進路を決めなければならないのが酷だという批判もある。

総合的に見れば、日本とドイツとのどちらがより大変というのははっきり言えないかもしれません。

それでもドイツには「ブランド大学」がない分だけ、進学競争は緩やかだと思う。
「化学だったら○○大学が設備が整っている」とか、
「歴史なら××大学にいい先生がいる」などの評判の違いこそあれ、基本的には全国のどこの大学もレベルは同じ、出身大学によって就職のときに特別有利だったり不利だったりすることもないのですから。

日本では何浪してでも希望の大学に入りたいという学生がいて、それを思うと辛くなります。ある大学に、七浪して入ったという人がいました。

でも・・・ドイツも今後どうなるかな。今の教育制度では問題があるというので、いろいろ改革の動きがあるようですが、良い方向に行って欲しい。子ども達が無意味に苦しむようなおかしな方向へは行かないで欲しいです。

スポンサーサイト
  1. 2006/01/20(金) 16:11:19|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<国民性やその他いろいろについて | ホーム | 散歩>>

コメント

私は中学から私立へいきました。当時も、連立方程式ができないと合格しない中学とかもあたようですが、私がいったところは、小学校の勉強をきちんとしていれば、合格できたんです。でも、今はどうでしょうね。
こちらでも、Nachhilfeという「塾」や「家庭教師」が増えています。でも、成績がもう一つと言う生徒が通うことがほとんどのようです。あと、たとえば、英語が苦手という6年生に、担任が教科担任と相談して、10年生とかの英語が得意という生徒を紹介して、学校の昼休みに定期的に教えてもらったり(小額だけど、謝礼する)というシステムも多いです。
駐在でいらっしゃっている日本人の方々は、それでも、日本での高校受験などに備えていらっしゃるようです。日本の塾があったりします。
  1. 2006/01/22(日) 01:32:20 |
  2. URL |
  3. nyf1403 #-
  4. [ 編集 ]

nyf1403さん

私は地方出身なので私立はなく、高校まで公立でした。だから「私立と公立ではレベルが全然違う」と言われてもよくわからなかったんですが、今の私立中学受験の内容は歴史とか時事問題のような公立小学校ではまったく習わない問題が出ると聞きました。

駐在の方達、大変ですね。周りがそういう環境じゃないと、お子さんもやる気がでないかもしれませんし。
  1. 2006/01/22(日) 08:42:03 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

受験のころ

大学受験のころって、大学の具体像があまり見えていなくて、○○大なら入れるし、××学ができるらしい、くらいで選んでいました。憧れる教授もいましたが、とても入れるレベルではなく諦めましたが……。
本当はどんなことを学びたいか、その後にどういう方面に行きたいかが重要なのですよね。今になって「こういうのを学生時代に読めばよかったな」なんて思ったりします。
地方も果ての田舎住まいで子どもたちはのんびりしていますが、受験のニュースを聞くとちょっとだけ不安になったりします。
  1. 2006/01/22(日) 09:06:25 |
  2. URL |
  3. kmy #GaU3vP2.
  4. [ 編集 ]

わからない。

私もボーっとたいしたこと考えずにたいした勉強もせずに大学を選んだんですけど、
一流大学に行くために一生懸命勉強して、入学して卒業する。
その人たち、本当に今幸せなんでしょうか。
受験勉強してよかったと思っているんでしょうか。
  1. 2006/01/22(日) 15:02:48 |
  2. URL |
  3. Toshi@タイ #EBUSheBA
  4. [ 編集 ]

kmyさん

情報があまり入ってこない環境にいることが、不幸なことなのか、あるいは逆に幸せなのかわかりませんね。

紙の試験だけでどこまで判断できるものかなと思いますが、そんなことを一人で言っていてもシステムがそうなら仕方がないのでしょうか。
  1. 2006/01/22(日) 18:06:42 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Toshi@タイさん

どうなんでしょう・・・今は一流大学を出たから安泰という時代でもなさそうですよね。

何が起こるかわからないから、高い偏差値を獲得するより、臨機応変に状況に対応できる力を獲得したほうがいいように思いますけど、それもまた難しそうです。
  1. 2006/01/22(日) 18:10:41 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/302-09346090
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。