わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

散歩

今朝、朝食の後で夫が、
「今日は工場じゃなくて東京オフィスの日だよ」と。

それは、私に駅まで車で送っていけということを意味します。普段は家から工場まで自分で運転して行っていますが、週に二度ほど都内の本社へ行かなければならず、そのときには私が駅まで送るのです。

家から最寄駅までは、私の足で約10分。夫のコンパスの長さだと7~8分もあれば充分。決して歩けない距離ではありません。実際、私は歯医者や買い物で電車を使うときに歩いていますしね。でも夫には「遠すぎる~」。まあ、たいして手間でもないので、送ってあげますけど。

私自身も横着な人間なので、彼をとやかく言うわけではないんですが、駅で夫を降ろして「行ってらっしゃ~い!」と見送ったところで、思わずぷっと吹き出してしまいました。

だってね、普段は数百メートル先の店に買い物に行くのにも車を使う人なのに、週末になると「散歩、散歩!」とムキになるんだもん。

夫に限らず、ドイツでは散歩好きな人が多く、週末の散歩は国民のスポーツとまで言われているくらいですが、私が週末散歩を断ると、夫は「どうして行かないの?」と、さも理解に苦しむという顔をするんですよね。

私「だって毎日歩いているんだから、週末くらい歩かなくてもいいでしょ」
ドイツでは私、車の免許を持っていませんでしたから、いつも徒歩でした。日常生活の中で日々歩いていれば、なにもわざわざ「まとめ歩き」することもない。

ドイツで人の家にお邪魔すると、お茶やケーキを出してもらってしばし歓談の後、
「じゃ、そろそろ散歩に行きましょうか」
となることが多いです。これが最初は不思議で。わざわざ家に遊びに来たのに、何故また外へ行くのか。

お天気がよければ、それもまたよし。でも、天気が悪くても行くのには、なかなか慣れませんでした。ママ友達に「子ども達を遊ばせながらお茶でも飲もう」と家に招かれ、「今日は寒いし雨が降りそうだから、さすがに散歩には行かないだろう」と思って出かけて行くと、玄関に入るなり、「なんだか雨が降りそうだから、今のうちに散歩に行ってしまいましょうよ」と言われたりして。そこまでして行かなくちゃいけないの?とウンザリすることも。

大学の文化人類学科の仲間と田舎へ春合宿に行ったときも、まだ花もない寒々とした草原を皆で歩きました。世界のあらゆる奇妙な文化や習慣について議論しながら。私も仕方なく、ジャンバーのポケットに手を突っ込み背中を丸めて歩いていましたが、思わず口にしてしまった。

あ~あ。なんでドイツ人って散歩に行くんだろう!

若きドイツの文化人類学者達、ここで初めてドイツの奇妙な習慣に気づいたようでした。

とは言うものの。森や広々とした公園の中の散歩というものは、お天気さえよければ、とても気持ちがよいものです。私も長年のドイツ生活で散歩熱ウィルスに感染したのか、長い間散歩に行かないでいるとどうも調子が悪いのです。

しかし今住んでいるこの町では、住宅街の中をおばさんが用もなく一人でウロウロしてるとおかしいし、犬を連れているわけでもないのに土手をぶらぶらするのも妙だったりで、なかなか適当な散歩コースが見つかりません。固いコンクリートの上を長時間歩くのも疲れる。

そんなわけで、ドイツに帰って森へ散歩に行くのがちょっぴり楽しみだったりします・・・



スポンサーサイト
  1. 2006/01/20(金) 10:03:40|
  2. 異文化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<センター試験 | ホーム | アメリカ留学中の食生活>>

コメント

バリも『まとめ散歩』

何でなのでしょうか? バリ島でも毎週日曜日の朝は広場などでジョギングまがいの散歩に明け暮れる人が蟻のように集まります。僕も行ったことありますが、走れません……。だって、体斜めにしてジグザグに歩かないとほかの人とぶつかってしまいます。バリの場合、こんなことでもしないと他にエンターテインメントがないということなのかもしれません。
  1. 2006/01/20(金) 13:43:10 |
  2. URL |
  3. RYO #-
  4. [ 編集 ]

私もいまだに理解できない、ドイツ人の散歩。最近は、犬連れ、ジョギングなど自分なりの理由付けをして、散歩をしていますが、やっぱり、しっくりきません。特に、散歩に向いている場所に車でわざわざいって、”環境を汚染してから”、自分だけ空気のいい場所で散歩して、自然を楽しむというあの矛盾したドイツ人の態度が許せません。おまけに、学生のくせに、大学まではポンコツ車で行って、思いっきり排気ガスをまきちらしてるくせに、その後、家に帰ってきてから、4時間もマウンテンバイクを乗り回し、自然を楽しんでいると語った大学生がいましたが、”そんなら、なんで最初からマウンテンバイクで大学いかないの”って思ってしまいました。思うんだけど、ドイツ人にとって、散歩は自転車にのることは、リクレーションで、通勤や、通学と結び付け考えちゃいけないみたいです。ま、ここラインランドには、土地が平坦なので、通勤や通学に自転車を使ったり、徒歩の人もいるみたいだけど。
  1. 2006/01/20(金) 19:12:46 |
  2. URL |
  3. とんちんかん #-
  4. [ 編集 ]

私はこちらでは、徒歩か自転車の生活です。平日は、徒歩がほとんど。ですから、週末、オットが「散歩しよ」と言っても、一人でいっといで、って。
「アナタはボクと散歩するのがイヤなのか」と言うんですが、私は毎日、数キロは歩いているんだよ~、と思います。
もちろん、寒くても晴れているような週末には、喜んで散歩にいきますよ。でも、今にも降り出しそうという午後には、ソファーでまったりしてもいいじゃありませんか。
うふふ、ご主人様に取っては、通勤で歩くのと、週末の散歩は、全く異なる行動なんでしょうね。
  1. 2006/01/20(金) 20:49:26 |
  2. URL |
  3. nyf1403 #IP/sRWwE
  4. [ 編集 ]

夫は例外?

夫は散歩が嫌いです。目的もなく歩くのが嫌なのだそうです。
昔は登山に行っていたので、「あれは?」と尋ねたら、あれはちゃんとルートを決めて、山小屋なり、頂上を目指して歩くから、良いのだそうです。
と言うわけで、散歩と縁のないドイツ人もここにいます。
私はどちらかと言うと散歩に行きたい方なので、お天気が良いと出かけたいのですが・・・・。パートナーとの相性って、、なかなかうまくいきませんね。
  1. 2006/01/21(土) 18:41:05 |
  2. URL |
  3. HDのC #-
  4. [ 編集 ]

Ryoさん

バリの人がジョギングとは意外です!じゃらん、じゃら~んとのんびり歩いているイメージがありました。
  1. 2006/01/21(土) 23:23:26 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

とんちんかんさん

確かに矛盾してるー(^^)

という私も、生活にはできるだけ便利さを求め、それで運動不足だの、太っただの文句を言っていたりして・・・反省、反省。

  1. 2006/01/21(土) 23:29:15 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

nyf1403さん

天気の悪い日には出たくないです、私も。あと、ドイツ人は部屋の換気にもうるさくありません?

もちろん換気は大事ですが、「閉めてよ~、寒いっ!」ってときも。
  1. 2006/01/21(土) 23:32:01 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

HDのCさん

ご主人は散歩嫌いなのですか。

私も目的がないと体が動かない性質なので、夫はいつも「散歩の帰りにアイス屋に寄るから」と食べ物で釣ろうとしてました。
  1. 2006/01/21(土) 23:36:31 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

おもしろいですね

きっとドイツ人にとって、散歩は運動というより、習慣なんでしょうねー。朝起きたら、顔洗って歯を磨くみたいな。 それが週末の行事で、かかせないとか。 

歩くといえば、日本人は駅から駅、駅の構内とかなり毎日通勤通学で歩くのになれてますよね。 早く歩く傾向にあるような気がします。同居人とウィンドウショッピングにいってもどうしても私が彼の手を引いているかのように先に歩いてしまうんですねぇ。私だけかもしれない。。
  1. 2006/01/23(月) 03:49:17 |
  2. URL |
  3. すまいる #-
  4. [ 編集 ]

すまいるさん

ドイツは日曜祭日はお店が全部閉っているので、散歩しかすることがないというのもあるんです。

私は北海道から上京したとき、人があまりにセカセカタッタッと歩くのに驚きました。北海道の車生活から、都内の駅の階段昇り降り生活に変わって、なんと10kg近く痩せてガリガリになったんですよー。

また階段ダイエットするかな。
  1. 2006/01/23(月) 10:37:13 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/301-830a250e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。