わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そういえばドイツって・・・

埼玉に帰って来たら、いつもの青空。さわやかな日曜日です。関東の冬の空は本当にいいですね。私は埼玉人に埼玉の冬空の素晴らしさを常々説いて回っているのですが、彼らにとってはそんなことは当たり前らしく、ちっとも有り難味を感じていないようです。

ドイツは・・・・暗かったです。朝は8時近くまで真っ暗。夕方4時にはもう真っ暗。昼間もどんよりとグレー。今回はポツダムもベルリンも雪が降っていましたから、雪明りでそれなりに明るかったですが、溶けたあとは本当に暗かった。

日光が少ないというだけでなく、街燈も日本に比べてずっと少ないので、日が沈んだ後の街の暗さは日本の街中とは比較にならないと思います。お店も夜になるとレストラン以外は全部閉ってしまうのでなおさら静か。

ポツダムからカプートへ行く森の中の道などは、あまりにも暗くて、シューベルトの「魔王」を思い出したほど。

しかし「街が暗い」は「星がきれい」ということでもあります。カプートのWさんの寝室には天窓があります。Wさんはその真下にベッドを置いているのですが、
「ベッドに寝ながら星空を観察できるのよ」
と奥さんが言っていました。

ドイツは外が暗いだけではありません。家の中も夜は暗い。私たちは埼玉で借家に住んでいるのですが、たまたま家の中はすべて間接照明です。それでお客さんに、「ビアンカの家は暗い」と文句を言われるのですが、暗いのに慣れているはずの私にもドイツ人の家はとても暗く感じられました。

というか、電気をめいっぱいつければそれなりに明るいのですが、人工の光を嫌ってなかなか電気をつけません。ちょっとびっくりしたのは、子ども達の学校を見学したときに、薄暗い中で子ども達がディスカッションしていたこと。
「学校でも電気つけないんだ・・・」と意外でした。

電気はなかなかつけないのですが、クリスマスの時期だったので、Wさんの家でも東ベルリンの親戚の家でも、家中にキャンドルが置かれ、小さな光があちらでもこちらでも揺らめいていました。とても綺麗。こういうセンスは日本人にはありませんね。ドバッと蛍光灯をつけておしまい。自宅で光の演出って、あまりしないのではないでしょうか。

「きれい」と言えば、家の中もきれいです。とっくにわかっていた筈なのに、久しぶりにドイツ人の家に行って再びショックを受けてしまった。

もー、どーしてドイツ人の家ってあんなに片付いているんでしょう!!

いや、ドイツ人にもだらしない人はいる筈ですし、日本人にも几帳面な人は多いと思うのですが、なんというか「片付いていること」の定義が違う気がしますね。ドイツ人の家には生活臭がない・・・

棚の上、テーブルの上、いろいろなところに物が置いてありますが、それらは「生活用品」ではありません。ほとんどすべてがデコレーション以外の用途を持たない物。生活用品は全部棚の中にしまってあります。ハサミだの懐中電灯だの回覧板だの海苔の空き缶などは、一切見えるところにありません。(これらは今私が居間のテーブルのまわりをぐるっと見回して目についたものです)

ドイツ人の一般の家とホテルの部屋とモデルルーム。この三つの間の違いって何?

まあ、日本人の家は狭いですから、片付けるにも限度がありますが・・・(言い訳)

ドイツに帰ったら、掃除が大変だぁ~。
スポンサーサイト
  1. 2006/01/08(日) 12:36:28|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<ポツダムのモンテッソーリ・シューレ | ホーム | 言語と人格>>

コメント

ベルリンの方は、Heilbronnよりももっと早くに暗くなりますよね。デュッセルドルフでオルガン勉強していたころ、真冬に練習を3時半に終えて、教会の外に出たら、薄暗くなっていました。

大丈夫、私だって、掃除とくに窓ふきは大嫌いですが、それでもドイツで主婦しています。だって、「掃除の鬼」の遺伝子は、私達、もらっておりませんもん。
  1. 2006/01/08(日) 18:18:03 |
  2. URL |
  3. nyf1403 #-
  4. [ 編集 ]

自慢じゃないけど・・・・

我家もしっかり日本の家庭と同じです。
夫は、実家の母の居間をgemuetliches Chaos と称していました。
どこに何があるか一目瞭然だけれども、全体を見回したときに、雑然としているのだそうです。
確かに、我家もそうだな・・・。母親の遺伝子でしょうか?
  1. 2006/01/08(日) 19:53:05 |
  2. URL |
  3. HDのC #-
  4. [ 編集 ]

なんとなく

ドイツというとまず家事って感じがします。

そっかぁ、やっぱりイメージだけでなく

ドイツの主婦は片付け上手なのね。
羨ましいです。。

私ももう少し何とかしたい
今日この頃です。。

  1. 2006/01/08(日) 22:55:56 |
  2. URL |
  3. contenta #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは。

埼玉にお住まいなんですね。やっぱりあの冬の高い青空と茶色い木々の景色は格別ですよね。
ドイツ人の部屋って本当にきれいすぎて、ぼくはかえって落ち着かないんです。街も整然としてて美しいんですが、雑多な日本の方が落ち着くのは何でだろう・・・。
また遊びにきます。
  1. 2006/01/09(月) 00:00:41 |
  2. URL |
  3. にしお #HH7DicBs
  4. [ 編集 ]

nyf1403さん

同じドイツでも緯度によって・・・ですね。北欧はもっと暗いんでしょうから、あまり贅沢言えませんよね。

窓掃除、本当に憂鬱です。だって、ドイツの窓って大きいんだもん。前に住んでいたアパートでは隣が大家さんで「いい加減、窓を拭け!」とよく言われてました。トホホ・・・
  1. 2006/01/09(月) 00:39:12 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

HDのCさん

はじめまして!

私はスッキリシンプルなのが好きではあるんですが、家具の取っ手やシンクを常に磨きたてるのはとてもできません~。

Gemuetliches Chaosでいくことにします。
  1. 2006/01/09(月) 00:42:24 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

contentaさん

「ドイツ主婦の家事のやり方」みたいな本がよくありますよね。読んだら辛くなりそうで、読みませんが。

こないだ「ドイツ主婦の料理術」のような本も見かけました。こちらは別の意味であまり読みたくなかったです。
  1. 2006/01/09(月) 00:45:04 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

にしおさん

きれいすぎると、肩が凝るような感じってありますね。汚してはいけないような・・・

私の夫はドイツ人ですが、だらしないのでよかったです。
  1. 2006/01/09(月) 00:46:31 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

ここも暗いです。

僕の住んでる土地でも家の中ではあまり強烈に電気(ランプ)に頼りません。そんな明かりで本読めるのか? っと思うような可愛い光量のもとで家内は読書しています。僕ももうなれましたが、年に数回日本からくる僕の両親は「暗い、暗い。」と大クレームです。そうそう、星空、ここでも滅茶苦茶綺麗です!! ちなみに、うちの家内は清掃好きで一見散らかっているようには見えませんが、引き出しの中は散らかっています……。
  1. 2006/01/10(火) 12:01:03 |
  2. URL |
  3. RYO #-
  4. [ 編集 ]

ちょっと気になったので、、、

日本の公立校で教師をしています。
仕事柄、こどもたちの写真を扱う時は、肖像権は個人情報ということでとても気を使います。ですから、ちょっとびっくりしました。
  1. 2006/01/10(火) 16:37:55 |
  2. URL |
  3. シン #-
  4. [ 編集 ]

シンさん

肖像権・・・そうですか。考えが及びませんでした。念のため、削除します。ご忠告ありがとうございました。
  1. 2006/01/10(火) 18:46:59 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Ryoさん

バリ人もあまり電気つけないのですか。蛍光灯を好むの国民って珍しいのかしら。
  1. 2006/01/10(火) 19:18:05 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/293-5e1d0baf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。