わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

焚き火

クリスマスが近いので、保育園の年長児はプレゼントを入れる長靴やリース作りに大忙しです。夕方五時に迎えに行っても、まだみんな黙々と作業をしていて、作業の区切りのいいところまで帰れないので、保護者達はその様子を眺めながらお喋りしつつ待っています。

娘は手作業が好きなので、いつも「まだ終わってないから待ってて!」と、長々作業を続けるのですが、三日ほど前のある日、いつもの時間に迎えに行くと、年長児の部屋に娘の姿は見当たりませんでした。

「ゆりこはもう作り終わって外へ行ったよ」と保母さんに言われて外へ出ると、娘は年長児の他の女の子二人と焚き火をしようとしていました。

娘の保育園では、寒い時期は毎日園庭で焚き火をします。お芋や拾ってきたシイの実やぎんなんを焼いておやつに食べます。薪は子ども達が定期的にその辺の林で拾い、リヤカーに積んで持ってきて、自分達でのこぎりで切ったものを使うのです。

その日は寒かったので、娘達は暖を取るのとオヤツの両方が目的で焚き火の場所へ行ったのですが、なぜかすでに火は消え、そこには誰もいなかったようです。どうもその日に限って早めの終了で、出遅れてしまったらしい。

「なーんだー。もう消えてる~」
ブツブツ言いながら、棒きれで灰の中を引っ掻き回していたら、下のほうに火の粉が見えた。
「あっ。まだ火の粉があるよ。これ、もう一度燃やせるよ!」
「ほんとだ。やったー」
三人は、その辺からダンボールの切れ端を持ってきて、パタパタ扇ぎだした。
「こっち側からやったほうがいいよ」
「もっと強く!」
相談しながら一生懸命扇ぎます。
「ついたついた」
「じゃ、木を入れよう」
「いや、まだ入れないほうがいいよ」

私は、少し離れたところでその様子を見ていました。

しばらくして、いい感じに燃え始め、
「やったやった。じゃ、何か焼こうよ」
「うん。お腹空いたね~」
友達二人がそう言ったところで、娘は、
「ねぎを焼こう。ゆりこね、隠し場所にねぎを隠してあるんだよ」
と、焚き火の側に置いてある丸太の裏から、長ネギを一本出してきた。

焚き火にネギをかざして、先が黒くなりかかったところで、ガブリ。
「おいし~い!」
「ゆかりにもちょうだい」
「りなも~」
三人でかわるがわる、ネギに齧りついてる。美味しそうに食べてます。

こういうのって、この子たちの日常なんだなあ、と思いました。

娘がこの保育園に入ったときにはまだ三歳で、大きい子たちに混じって焚き火の傍に立っているだけでした。ボウボウ燃え盛る火にただ見入っているだけ。取ってもらったお芋やシイの実を齧るだけ。

四歳になり、恐る恐る火の中に枝や木切れを投げ込んでみるようになり、五歳になったら、火にかけたフライパンの中をかき混ぜたりひっくり返したりして、おやつの焼け具合を確認するようになりました。そして年長児の今は、当たり前のように火を熾して、当たり前のように野菜を焼いて、当たり前のように食べている。

大きくなったんですね。

「焚き火のやりかた」なんて特別教わったわけでもなく、ただ三年間の日常があって、その日常の中に「焚き火」があった。それだけ。イベントでもなんでもない、フツーのこと。

娘にとっては普通のことなんだけど、贅沢なことだなあと思います。

「ああ、美味しかった。じゃあね~、バイバイ」

娘は満足してリュックを背負い、友達に手を振りました。そして私と娘は、月明かりの中を駐車場に向かって歩いて行きました。月は丸く大きく、オレンジ色に輝いていました。なんだかちょっと楽しい気分だった。


それにしても、あのネギ、一体どこから入手したんだろ?
スポンサーサイト
  1. 2005/12/17(土) 23:18:23|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<幼少時の服装と体感温度の謎 | ホーム | 海外在住日本人の名前について>>

コメント

心温まる光景ですね

ビアンカさん
はじめまして、英国に住んでいる、さなえです。
ビアンカさんのお名前はLailaさんの所でお見かけしていたのですが、最近までサイトの方には気づかず、数日かけて昔の日記から現在まで一気に読ませてもらいました。

この娘さんのお話で、昔祖父と一緒に焚き火をした事を思い出してとても懐かしくなりました。あと数日前にうちの娘のナーサリーが終わり1年間のレポートをもらってきて、先生が細部まで娘の様子を書いてくださったので「いつの間にかこんなに成長したんだ」と夫婦でしみじみとした事を思い出しました。最近クリスマス前でバタバタしていて余り余裕をもって娘に接していなかったので、明日は、サツマイモでも買ってきて、庭で焚き火でもしようかと思います。

それでは、また、お邪魔しますね。
楽しいクリスマスを...。
  1. 2005/12/18(日) 10:52:06 |
  2. URL |
  3. さなえ #-
  4. [ 編集 ]

さなえさん

はじめまして。

過去ログをみな読んで頂いたとは感激です。

先生が詳しいレポートを書いてくださるなんていいですね。お嬢さんのお家では見られない一面なども発見されたのではないでしょうか。

イギリスではサツマイモ、売っているんですか?いいですね~。ドイツでもたまに見かけましたが、日本のものとはだいぶ違う味でした・・・

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
  1. 2005/12/19(月) 21:25:34 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/284-78403827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。