わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

語学の楽しみ

私の夫は現在、駐在員です。日本へ来るとき、「東京オフィスがいいですか。それとも埼玉の工場がいいですか」と聞かれ、迷わず「埼玉の工場にします!」と答えた彼。満員電車が嫌だったのが主な理由みたいですが、埼玉を選んだおかげで私達一家は、普通の日本の家に住み、子供は日本の学校に通い、日本式の食事をし、普通の日本の店で買い物をし、おつきあいはほとんど日本人ばかりという、およそ駐在員家庭らしからぬ普通の暮らしをしています。

でもここでの楽しい暮らしもあと一年で終わり。来年の夏になったら駐在契約満了です。その後どこへ配属になるか、まだわかりません。ヨーロッパの企業なので、「来月からXXの国へ行ってください」と人事部から言い渡されることはなく、ポストに空きの出そうな部署から「どうですか」と打診があって返事をすることになっています。私達はてっきり、前に住んでいたフランクフルト近郊へ戻れるのかと思っていたら、どうもそうではないようで、今のところこんな三つの案が出ています。

1.パリ本社転勤
2.東京オフィスに転勤
3.ベルリンオフィスに転勤

夫は「1と2はちょっと・・・」と言って3に傾いているようなのですが、「ちょっと・・・」の理由は、「これ以上語学をやりたくないから」。語学が大嫌いな彼は、仕事の中で英語を必死に覚え、今度は日本へ来て日本語にすごく苦労しているのに、これ以上フランス語なんて!って言うんです。東京オフィス勤務をしぶっているのも、「日本語能力試験2級を受けなさい」と言われるのが嫌だからのよう。

そんな夫とは逆に、私は語学が好き。だから、パリでもいいかもって思ったのですがね~。フランス語は難しそうだけど、できるようになればきっと楽しいでしょう。世界中の人間が集まる語学学校も大好きですし。

「一つ目の外国語を学習するのは大変だが、二つ三つとやっていくとどんどん楽になる」

こんな話を聞いたことありませんか。まあ、実際にはそれほど楽にはならないと思います。新しい言語を勉強するということは、語彙を新たにワンセット覚えなければならないのだから、それなりに労力が要るし、使いこなせるようになるには、やはり何年もかかるでしょう。(そうじゃない語学の達人もいらっしゃるかもしれませんが・・・)

真剣に物にしようと思えば、簡単なことではないはずなのですが、それでも私にとって外国語学習は楽しい。どういうところが楽しいかというと、いくつもの言語をかじっているうちに、まったく見知らぬ言語に接したときにも、いくらか推測がつくようになってくることです。英語とドイツ語ができる私は、オランダ語やスェーデン語などを目にしたときに、それらの言語をまったく知らなくても「たぶん、こういうことだな」とわかることがあります。日本に「アンデルセン」という名前のパン屋さんがありますが、先日そこで「トレコンブロイツェン」なるパンを見かけました。何種類かの穀物の種が入っている小さいパンだったのですが、「あっこれはドライコーンブレーッチェン(三つの穀物の丸パン)のことだ」とわかってニコニコしてしまいました。「アンデルセン」が店名だから、デンマーク語なんでしょうか。

あるときは、バリ島でお世話になった家族に「これ、前に泊まった客が置いていったんだけど、まだ中身がたくさん入っているんだよ。こういうの使わない?」と言ってローションのようなもののボトルを手渡されました。何か北欧の言葉で書かれていたので全然読めなかったのですが、なにやらintimとかhygieneとかに似た単語があったので、「これはいわゆる、女性のデリケートゾーンの洗浄ローションだ!」と推測がついて、思わずゲラゲラ。

沖縄の料理に「チャンプルー」というのがありますが、あれはインドネシア語の「チャンプル(混ぜる)」と何か関係あるのかな?

イタリアでホテルに部屋を取ろうとして、
「マトリモニアーレ?」
とイタリア語で聞かれ、一瞬、イタリア語なんてわからないよーと思ったけど、英語の
matrimonialが「婚姻の」という意味だからダブルの部屋のことかなとわかったり。それにもちろん、日本語ができると漢字圏では結構、理解できますよね。

そんなふうにいろいろな言語をつなぎ合わせていくのがとても楽しいのです。

ところで、この間、路傍の花のわくわくふわくさんが、面白そうな本の案内を我が家の郵便受けに入れて行ってくださいました。白水社の「~語のしくみ」というシリーズなのですが、それぞれの言語の大まかな文法上の特徴を「しくみ」としてまとめてあるもののようで、なかなか画期的かもしれません。たとえばドイツ語はこれ

新しい言語を始めるとき、分厚い文法書の最初からチマチマやっていくのって、気が遠くなりますよね。ドイツ語のように初期文法が複雑な言語だと、しょっぱなから格変化につまづいて挫折する人も多そう。でもこのシリーズなら、寝っ転がっておせんべいでも齧りながら、その言語が「どういう言語なのか」ざっと読んで概要を掴むことができるようです。

おもしろそうだから、どれか読んでみようかな。何語がいいかな~?
スポンサーサイト
  1. 2005/06/21(火) 21:48:25|
  2. 言語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15
<<ある日系アメリカ人の目が突然・・・ | ホーム | 知りたい世界の離乳食事情>>

コメント

ポルトガル語のしくみ

 以前、一緒に働いたサンパウロ在住の同僚がおりましたが、彼は沖縄から南米に移住した日系三世でした。彼が在日の知人を訪ね歩くのに何度か付き合いましたがそのときポルトガル語の威力に感じ入ったものです。

 ”ポルトガル語のしくみ”は未発刊のようですが出たら読んでみたいです。
  1. 2005/06/22(水) 00:34:15 |
  2. URL |
  3. panics #-
  4. [ 編集 ]

ビアンカさん良いこと言いますね~。でも私も同意見です(笑)。私は日本語が話せて(←当たり前)、英語がちょっと話せて、イタリア語がホントにちょっとわかるんですが、それだけでも確かに日常で意外な発見があるんですよね。
それにして、各国をまたいでいる人生羨ましいです。私は語学に興味があると言うよりは、新しい土地に興味があります。父が転勤族だったので、けっこう引越しを繰り返した結果、新しい土地で、できる友達や新たな出来事が、良いことも悪い事も含めて、とても刺激的で自分の世界を広げてくれますよね。
  1. 2005/06/22(水) 11:06:09 |
  2. URL |
  3. pino #-
  4. [ 編集 ]

語学好きかな??

?の理由はいろいろな語学の勉強はしたものの実際すべて中道半端なんです。
イスラエルでヘブライ語、アメリカで英語、ポルトガル語、イタリア語、日本語などいろいろと勉強して来ましたが、すべて中道半端、いや基礎で諦めたものもあります。
しかし、いろんな外国語を接する時のわくわく感大好き!そして私も多国籍の語学学校が大好きです。勉強よりも道の世界との交流が好きかな。まったく自慢になりませんが、実際アメリカの語学学校に行った時は半分も授業に出ず、友達と旅行ばかりしてました。しかし、私にはそちの方がもっと勉強になるようです。
しかし帰ってきてからまったく使いませんでしたので、また0に戻ちゃいましたが。^^;
  1. 2005/06/22(水) 12:06:37 |
  2. URL |
  3. anna #SW6wkXTQ
  4. [ 編集 ]

すまへん

道の世界 → 未知の世界 でした。^^;
  1. 2005/06/22(水) 13:00:31 |
  2. URL |
  3. anna #-
  4. [ 編集 ]

panicsさん

その方は、日本語はお話になるのですか。ご自身を「ブラジル人」と認識されているのでしょうか、それとも日本人?

私にも日系三世のアメリカ人の友人がいますが、彼女は日本語を話しませんし、日本へ行ったこともないのですが、ドイツでは自分を「日本人」と自己紹介していました。私から見るとまったくのアメリカ人に見えるのですが、私が病気のときにご飯を作りに来てくれました。出来上がったものは「ニシメ」という料理で、鶏肉と野菜が醤油、酒、砂糖で煮付けてありました。
  1. 2005/06/22(水) 18:57:36 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

pinoさん

そうですね~。あちこちで生活できるのは楽しいです。

でも埼玉に来てから、「生まれてからずーっと同じ町で生活していて、親兄弟はみんな近所に住み、友達は幼馴染み、子供も自分の母校に通っている」というような人たちに出会って、そういうのもいい人生なのかな~と、ちょっぴり羨ましく思ったりもします。

ないものねだりなんですね・・・
  1. 2005/06/22(水) 19:01:47 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

annaさん

中途半端だなんて、何を仰る!そんなに日本語が自然なのに~。

それを言うなら私も、ドイツ語以外はお遊びのレベルですから。あっ、ドイツ語ももっと頑張らなくちゃ。

そうそう、今日アマゾンで「韓国語のしくみ」を注文しちゃったんです。笑わないでくださいね。
  1. 2005/06/22(水) 19:05:55 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

語学かじり

語学は実用レベルにないですが、大好きです。
ドイツ語講座再開希望です、、、。

PS:ビアンカシ、 ウェ ハングルルコンブヘシッポ?
  1. 2005/06/22(水) 20:45:33 |
  2. URL |
  3. なかい #7XDhzQU2
  4. [ 編集 ]

ひゃ~、なかいさん!

ドイツ語講座、ブログに熱中してつい忘れとったです・・・ゴメンナサイ。近々再開します。

ウェと聞かれても・・・そうですね~、今年の忘年会の隠し芸大会で「韓国語スピーチ」します!!って、ウソウソ。
  1. 2005/06/22(水) 21:04:07 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

笑うなんってどんでもないっす!

さすがビアンカさん。いろんなお勉強なさって!まじ尊敬です。
この機会に韓国語の学習でもいかがですか!^^
日本語とすごく似ててビアンカさんならすぐ喋れると思いますよ。

あ、ところで仰るーおっしゃるだったんですね!大変お勉強になりました。^0^/
  1. 2005/06/22(水) 21:07:24 |
  2. URL |
  3. anna #SW6wkXTQ
  4. [ 編集 ]

annaさん

「すぐに喋られるようになる」なんて言われると、ほんとにやってみたくなってきますね。でも「かじった言語」がもう一つ増えるだけの結果になりそう。とりあえず「しくみ」の本を読んで、「勉強したつもり」になってみます。
  1. 2005/06/22(水) 21:18:36 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

おおお、パリだったらお会いする機会もあるかもしれないですね。でももう語学はいや、というご主人のお気持ちもわかりますー。ヨーロッパ言語内ならもう一つの習得はそんなに大変ではない気もしますが。
  1. 2005/06/22(水) 22:37:27 |
  2. URL |
  3. ふらんす #-
  4. [ 編集 ]

ブラジルの友人

友人はほぼ普通に日本語を話していましたが受け答えはポルトガル訛りで英語も一部混じることがありました。

自分を日本人と感じていたのかは訊きませんでしたが事業家でしたから国際人として考えていたのかも知れません。
アメリカでも南米でも”日本で暮らすより楽だよ”と云っていましたね。
  1. 2005/06/23(木) 02:25:41 |
  2. URL |
  3. panics #blPj0RWY
  4. [ 編集 ]

ふらんすさん

そうですね~。パリだったらお会いできそうですね。

フランス人と結婚した友人が「フランス語は英語のようなオーバーなイントネーションではなくてわりと棒読みのように喋るから、案外簡単だよ」と言っていたのですが、私にはすごーく難しそうに聞こえてしまいます。

  1. 2005/06/23(木) 16:21:09 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

panicsさん

具体的にどのあたりが「日本より楽」なのかしら。知りたいな~。
  1. 2005/06/23(木) 16:26:26 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/28-1163d291
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。