わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

髪は女の命

「絶対に切りたくない!ずっと伸ばす!」
そう娘は言っていたんですがね。週末に、なんとか説得して美容院へ連れて行きました。

ボサボサ頭が獅子のようで、前髪も目に入りそうなのがずっと気になっていました。ロングヘアにするにしても、たまにはカットしないと見苦しいですから。
「絶対に短くしないから。毛先を揃えるだけ」
何度も説明して、娘はやっとうんと言ってくれたのです。

「伸ばしているので、長さは変えずに毛先だけ揃えてください」と美容師さんにお願いし、娘は奥の椅子に案内されて行きました。私はソファーに腰掛け、目の前にあった「女性自身」を手にとって芸能人の写真を眺めながら待っていました。

ところが、しばらくして、スタッフの一人が私を呼びに来ました。
「あの、お嬢さんが、暑くて気分が悪いと言っているんですが.....」
え?と思って、様子を見に行くと、娘は私を見るなり椅子から飛び降りて抱きついて来ました。そして、私の手を引っ張って、出口の方へ行こうとするんです。
「どうしたの?暑いの?」
私を無視して、娘は強引に出口に向かいます。美容師さんが慌てて追いかけて来て、
「あのっ。髪が多くて重たいので、ちょっと薄くしたんです。長さは変えていないんですけど....」
「はあ、そうなんですか。あの、もう終わったんでしょうか」
「いえ、まだ片側しかやっていません」
しかし、娘は私の手を引っ張り続けます。
「まだ終わっていないんだってよ」
「もう帰る。暑い。気持ち悪い」
見ると目には涙が。しかたないので、「どうもすみません」と美容師さんに謝り、お金を払って外に出ました。

「ウッウッ。短くしないって言ったのに。こんなに切られちゃって」
「それが嫌だったの?」
「そう。だから暑いって言ったの。そうしないと止めてくれないと思って。シクシク」
はーん、そういうことなのね。確かに片側だけ薄くなっています。

娘はさめざめと泣きながら、薄くなった方の頭にしきりに手をやって歩いていましたが、飯盛川に架かった小さな橋の上でしゃがみ込んでしまいました。思いつめた顔で川を見下ろしている様子は、まるで恋に破れた乙女のよう......

髪の毛なんてすぐに伸びるだの、ボサボサ頭がすっきりして可愛くなっただの言ったところで、気休め言うなって感じでしょうから、余計なことは言わないでおきました。
「もう、絶対に絶対に、二度と切らないもん」
「うん、わかった。もう切らなくていいよ。無理に連れて行ってごめん」
「あああ~。もう結べなくなっちゃった~」
「ショックだよね~。わかる~」
相づちを打っているうちに、自分自身の似たような体験を思い出しました。中学生の頃、よく前髪を切られすぎて「明日、学校に行けない~」と困ったこと。頼んでもいないのに刈り上げにされて、ショックで口がきけなかったことも一度ありましたな。

思ったのと違う髪型にされた!!

確かに女にはツライのう。しかし、まだたったの6歳。足の裏は常に真っ黒、顔はたき火の煤で汚れ、洋服はシミだらけの野生児であるうちの娘なのに、乙女心はちゃんと芽生えているのですね~。不思議なものです。

左右アンバランスな髪型で、娘は保育園へ行っています。当分の間、髪の毛の話題はタブーです。

スポンサーサイト
  1. 2005/11/30(水) 14:33:05|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<アドベント | ホーム | 移住へのステップ2 家が見つかった!?>>

コメント

ひどいね~

 勝手に髪の毛をすいてしまうというって、その美容師、ひどくありません?
 親切心からしたのかもしれませんが、勝手に自分の判断でやってしまうのは、問題ありだと思います。そういうことをするなら、コミュニケーションをとりながら、騙し騙しでやれって思ってしまいます(黙ってやって、しっかりバレてるし。下手クソ)。
 そう言えば、先月、勝手に髪の毛を短くされたと美容院を相手に訴訟を起こした女性の訴えが認められていましたね。まっ、新聞報道などを見ると、この場合は、担当の美容師が相当なカン違い野郎だったみたいですが。
  1. 2005/12/01(木) 09:56:14 |
  2. URL |
  3. 鈴実 #5HXqN8lQ
  4. [ 編集 ]

子どもの好み

子どもとはいえ、別の人格なので「こっちのほうがいいと思う」と言ったところで譲らないこと、わたしもよくあり悩むところです。
ビアンカさんの娘さんは、自分の考えをいつももっているというか、強い意志を感じます。(逆上がりのこととか)髪型もその表れなのでしょうね。しばらくは気になると思いますが、またお気に入りの髪型になるといいですね。
  1. 2005/12/01(木) 14:57:44 |
  2. URL |
  3. kmy #GaU3vP2.
  4. [ 編集 ]

私もあったなぁ

髪の毛すくときにさ、美容士さん、声をかければよかったのにね。
こんな小さい子に言っても分からないと普通は思ってしまうのかしら。

私も中学生の時(!)言ってもないのに、超ベリーショートにされて、ものすごく傷つきました。その時言われたのが、「夏休みだし、どうせ伸びるから」。二度とそこには行きませんでしたよ~!
  1. 2005/12/02(金) 03:09:25 |
  2. URL |
  3. がるっち #yl2HcnkM
  4. [ 編集 ]

鈴実さん

毛先だけとお願いしたので、すかれるとは私も思わなかったんですけど、今は軽い髪型が流行なので気をきかせてくれたんでしょうね。

でも、子どもにはまだ流行ってわかりませんし、すくということの意味も理解していないので、「たくさん切られた!裏切られた!」としか思わなかったみたい。

  1. 2005/12/03(土) 16:30:07 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

kmyさん

ほんと、「自分はこうしたい!」っていうのが強くて、真夏にスノーブーツ履いて行くって言われた時は困りました(^^;)

  1. 2005/12/03(土) 16:32:41 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

がるっちさん

髪型って、人にいくら「似合う」と言われても、主観的に納得いかないとだめだったりしますよね~。
  1. 2005/12/03(土) 16:34:40 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/275-fdf6b442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。