わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リビングで異文化しよう わいるどわ~るどらいぶらりー

旅行したいけど、お金がない、暇がない。ありがちです。でもいつでも「異文化」したい私。だから自宅でトリップします。熱いカプチーノのカップを片手にソファーに座り、「異文化本」のページをめくるのって最高!

「わいるどわ~るど・らいぶらりー」から、お気に入りの本をいくつか紹介させてください。


<アジア世界へ>

中国  「大地」パール・バック
(え~、なんで今の時代にパール・バックなの?と言うなかれ。ビアンカの「異文化好奇症」発症の引き金となったのがこの作品。小学校高学年のとき、母が買ってくれました。なんとなく違うようでなんとなくわかるよその国、その不思議なメンタリティを全身で感じ取ることができます)

タイ  「私は娼婦じゃない タイのメールオーダーブライドの告白」パカマート・プリチャー
(結婚斡旋所を通して見知らぬドイツ人男性のもとへ嫁いだタイ女性の手記。国際愛情販売組織とは?そしてタイ人女性側から見た結婚とは?幸せとは?)

インドネシア 「人間の大地」プラムディヤ・アナンタ・トゥール
(インドネシア大文豪、プラムディヤの獄中作カルテットの第一部。ジャワの貴公子が民族運動に目覚めていく過程がドラマチックに描かれています。世界各国語に訳出されていますが、英語版は翻訳が雑でお勧めしません。アジアの物語は日本語で読むほうが絶対グー)

ベトナム 「バンコクの妻と娘」近藤紘一
(サンケイ新聞バンコク特派員だった故近藤記者が現地で得た妻子とのユーモラスな日常。このシリーズ大好きです)

ニューギニア 「ニューギニア高地人」本多勝一
(ニューギニアの高地ジャングルにあるウギンバ村に住む、ダニ族とモニ族。対照的な二つの部族の生活とメンタリティは・・・本多勝一の若き日のフィールドワークレポート)


<アラビア世界へ>

サウジアラビア "Princess: A True Story of Life Behind the Veil in Saudi Arabia"
by Jean Sasson, Jean P. Sasson
(サウジアラビア王女が王家の内部事情を暴露。友人であるアメリカ人ジャーナリストによる代筆です。どこまで本当か知らないけど、すごーく面白い。続編がいくつか出ています。残念ながら、日本語版はなし)

エジプト 「バイナル・カスライン」ナジーブ・マフフース
(ノーベル賞作家マフフースの小説。カイロに住む一家の生活からエジプト社会が見える)


<アフリカ世界へ>

ケニア "Green City in the Sun" by Barbara Wood
(19世紀初めに大いなる夢を抱いてケニアに入植したイギリス人一家。しかしキクユ族のヒーラーに「聖なる土地を汚した!」と呪いをかけられ・・・)

ケニア 「マサイの恋人」コリンヌ・ホフマン
(バカンスでマサイの戦士に一目惚れ。何もかも捨ててマサイの部落に押しかけ女房したスイス娘の奮闘記)

カメルーン "The Innocent Anthropolosigt. Notes From a Mud Hut" by Nigel Barley
(文化人類学者ナイジェル・バーリーの抱腹絶倒フィールドワークレポート。死ぬほど笑えます)



他の地域はまたの機会に・・・
スポンサーサイト
  1. 2005/05/18(水) 21:30:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<あなたは何占いを信じますか | ホーム | 手話という異文化世界>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/27-ba834c56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。