わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

失敗は成功のもと!

「失敗は成功のもとっ!」
よく、小さな子ども達が言っています。

そういえば、私も子どもの頃にはよくそう言っていましたね。でも、最近は言いません。なんででしょ。

そんなことをふと思い、以前panicsさんがブログで紹介されていた「失敗学のすすめ」という本を手に取ってみました。プロローグはこんな感じです。(抜粋)

人は失敗から学び、さらに考えを深めて行きます。(中略)失敗はとかくマイナスにみられがちですが、じつは新たな創造の種となる貴重な体験なのです。
 いまの日本の教育現場を見てみますと、残念なことに「失敗は成功のもと」「失敗は成功の母」という考え方が、ほとんど取り入れていないことに気づきます。それどころか、重視されているのは、決められた設問への解を最短で出す方法、「こうすればうまくいく」「失敗しない」ことを学ぶ方法ばかりです。(中略)
 創造力を身につける上でまず第一に必要なのは、決められた課題に解を出すことではなく、自分で課題を設定する能力です。あたえられた課題の答えのみを最短のみちのりで出していく、いまの日本人が慣れ親しんでいる学習法では、少なくともいまの時代に求められている真の創造力を身につけることはできません



ごく当たり前のことという気もしますが、改めて言われるとちょっと考えてみたくなります。そういえば、今の世の中、ハウツー本が多いですね。「初めてでも失敗しない~作り」「成功する~法」というタイトルの本、すごーく多いですね。

 「こうすればうまくいく」といういわば陽の世界の知識伝達によって新たにつくりだせるものは、結局はマネでしかありません。ところが、「こうやるとまずくなる」という陰の世界の知識伝達によって、まずくなる必然性を知って企画することは、人と同じ失敗をする時間と手間を省き、前の人よりも一ランク上の創造の次元から企画をスタートさせることができます



つまり、失敗することは自分自身の創造力を高めるチャンスであるばかりでなく、失敗談を公表することで人の為にもなるということですね。これも当たり前のようでいて、なかなかできません。でも今後は、失敗しても転機の訪れだとポジティブに考えるように心がけようかな。

しかし、世の中がどんどん複雑化して、時間に追われて生活していると、一つ一つのことにじっくりと時間をかけていられないから、手っ取り早く目的を達成する方法をつい考えてしまうんでしょうね。子どもの頃は時間が無限にある気がして、合理性など追求しませんでしたけど。

今の自分の生活において、本当に試行錯誤しながらやっていることって育児くらいでしょうか。そういえば、私の子育て奮闘を観察していた母が、あるときこんなことを言いました。

「私がもし今、もう一度子育てをするとしたら、今度こそうまくやれそうな気がするな~」

そ、それって.....私たち姉弟は失敗作でしたってことなのかい。なんだか、笑うに笑えませんでしたが。私も子育てに自信が持てるようになるのは、孫を持つ頃なんでしょうか。それもなんだかね~。

ま、それはおいといて、この本の著者は面白い提案をしていました。
「失敗博物館」を作ってはどうか。
失敗を公共のものとして、みんなで有効利用する。いいかもしれません。

当ブログに晒している私の数々の失敗談も、どなたかのお役に立てばいいんですがね.....
スポンサーサイト
  1. 2005/11/17(木) 13:05:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:9
<<異国でアルバイト その4 ブランドマダム | ホーム | 三年間の成果 ピアノ>>

コメント

よっしゃ!!

TBさんきゅ。

文庫になってたんですね~。
最近、世の中失敗だらけだし・・・。
売れるでしょうな。

panicsも最近まで良い子にしてましたが?もう一度やりなおしです。
最近は一切世事を離れて失敗だらけの日々に向かってまっしぐらです。

これを思い切ることが出来たのは一種の幸せであり、大変贅沢なことではないかと思ってます。

笑ってやって下さい。

それはそうと、ビアンカさんの今までの素晴しいネタの数々?をまとめてみてはいかがでしょう。出来ればドイツ語版もつくって。
FC2ってHPもできるよね。広告も取れるかも知れないよ。
  1. 2005/11/17(木) 17:39:02 |
  2. URL |
  3. panics #-
  4. [ 編集 ]

panicsさん

こちらこそ、逆TBありがとうございます。本当は送って頂いた記事にTBするつもりでしたが、見つけることができなかったので最新記事に送ってしまいました。やり直しますので、古い方の私のTBはお手数ですが削除してくださいませ。

新しい生活、楽しみですね。これからいろいろなご苦労があるのでしょうが、やり甲斐があるでしょうね。

HP化ですか、考えつきませんでしたが、そういうこともできますね。ご提案、ありがとうございます。まとまった時間ができたら、是非やってみたいと思います。そのときにはアドバイス頂けたら嬉しいです。
  1. 2005/11/17(木) 18:33:10 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

もちろん

前回の出版社にて本を出されても結構でしょう。
  1. 2005/11/17(木) 22:09:13 |
  2. URL |
  3. panics #-
  4. [ 編集 ]

サッカーのごたごたに疲れ、こちらに憩いにきました。

家も三軒目になってようやく気に入ったものが立てられると言います。
私の友人も三人目が産まれた時に、「今度はうまく育てるわよ、まかしといて!」と言ったそうです。
ビアンカさんご姉弟が失敗作ということではなく、単に、1番目、2番目だということだと思いますよ。(^^;)
ちなみに私は2番目です。
ただし、歳が離れ過ぎているので1番目の時に上がったはずの母の経験値は、0に近いところまで落ちていたようですが...。

孫はどうか、となると... お嫁さん次第でしょうか。(笑)
  1. 2005/11/18(金) 17:52:14 |
  2. URL |
  3. Laila #J0O3xBzU
  4. [ 編集 ]

Lailaさん

何事も経験を重ねると慣れるということですか。

家も実際に使ってみないとわからないですものね。

子どもも大きくなってみないと、わからない。
でも、わかったら面白くないとも言えますよね。
  1. 2005/11/18(金) 21:46:52 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

はじめまして

こんにちは。
「天国に至る最良の道は、地獄へ至る道を熟知することである」
というマキャヴェッリの明言がありますね。
私の天国への道はまだまだ遠いです・・・。
  1. 2005/11/19(土) 10:30:36 |
  2. URL |
  3. 木曽 #GHYvW2h6
  4. [ 編集 ]

木曽さん

はじめまして。

マキャヴェッリですか。なるほど。私は永遠に天国に到達しないかも、という気がしてしまいました。

どうぞよろしくお願いします。
  1. 2005/11/21(月) 10:27:45 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

わはははは

ひゃぁぁ、お母様、うちの母とおんなじことをおっしゃる!また、ビアンカさんもうちの姉弟とおんなじことをおっしゃる! おもわずPC前に笑っちゃった。 うちの弟と同時につっこみましたからねー。「俺らは失敗作か!」
  1. 2005/11/30(水) 13:40:50 |
  2. URL |
  3. すまいる #-
  4. [ 編集 ]

すまいるさん

そうでしたかー。親って、みな同じなのでしょうかね~。

  1. 2005/11/30(水) 16:12:47 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/269-110b0271
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

もとをとる

 ”もとをとる”という言い方があります。 期待していた以上が得られれば、元を取ったことになるし、それ以下なら、 取らなかったことになります。 バイキングやワリカンでは、大食漢は元が取れ、小食の人は元が取れま せん。 ビジネスは、元を取って余りあるもの(..
  1. 2005/12/07(水) 13:53:35 |
  2. 自分探しの心の旅

冒険

よろしかったらクリックお願いします。登らないサルは木から落ちない  歩かない犬は棒にもあたんない 落ちたんなら歩けばいい  ぶつかったんなら登っちゃえ どこにだって道はある 人生踏み外し...
  1. 2005/11/18(金) 06:28:18 |
  2. 勇気の出る言葉 -SPIRIT- 【My vision (写真詩) 】

2005/10/07 0:20 10月4日発バンコック行き全日空915便

 10月4日全日空915便の出発時の事故についてワシントン通信さんが書いておられる。 比較的軽微とも思われやすい、空港内でのタキシング(地上走行)での間違いによる遅延の結果、離陸が四十分程遅れた、というものである。 詳しくはANAに情報開示を要請したのでいずれ..
  1. 2005/11/17(木) 17:44:38 |
  2. Panics is blue.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。