わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三年間の成果 ピアノ

実は、ピアノを習っています。三年前からです。

ず~っと昔から、ピアノに憧れていました。でも、ピアノって高いですから、自分のために購入したいなんて夫にはとても言えず、夢は夢のまま。学校の音楽の時間に鍵盤ハーモニカやオルガンを弾くのはわりあい上手な方でしたが、家系的に音楽の才能はまったくありません。臨界期をとうに過ぎていることは言うに及ばず、青年期すら過ぎ去っていますから、ピアノを習いたいだなんて、呆れられるに決まっていました。

ですから、息子がピアノを習うと言い出したとき、内心「やった!」と思ったんです。子どものためという大義名分があれば、ピアノが買えますもの。

そして、中古のピアノを購入しました。年代物のYAMAHAです。古さでは、私とどっこいどっこい。息子がレッスンを受けるようになってしばらくして、思い切って先生に切り出してみました。
「先生。実は、私も習いたいんです」
「エッ。ママもですか?」
「はい、お願いします」
「そ、そーですか... わかりました(^^;)」
ということで、私もレッスンを受けることになりましたが、先生が言うには、
「大人の方は基礎からみっちりというのでは辛いかもしれませんね~。どうでしょう。クラシックではなくポピュラーピアノということで、簡単な曲を弾きながら少しづつテクニックを覚えていくのでは?」
早い話が、いまさら初めてもどのみち多くは期待できないのだから、せいぜい楽しめば?ということですね。素直に、助言を受け入れることにしました。

楽器というのは、毎日コツコツやることが肝心なんですよね?そう思って、あれから三年、一応毎日かかさず鍵盤には触れているんですが........ うまくならないんですよね。いくら才能がなくたって、地道に続ければそこそこ上達するものだとタカをくくっていたが。なんだかいつまで経っても「弾けるようになってきた」という実感がありません。

もちろん、一日何時間も必死で練習すれば、ある程度の成果は上がるんでしょうが、そんな時間はありませんし、練習タイムはいつも子どもが寝た後ですから、その時間には自分も疲れて眠くて、さっぱり練習に身が入りません。一回か二回、ちょろっと弾いてハイおしまい、という日が多い。

そもそも明確な目標があるわけではなく、単なる気晴らしなのですから、自分が楽しければそれでいいのです。好きで始めたことなので、全然苦ではありませんし。しかし、それにしても.....

ピアノって、練習すればどんどんレパートリーが増えるのかと思っていたけど、新しい曲を始めると前の曲はあっさり忘れるので、常にレパートリーは一曲のみ。その一曲さえも、自分で納得のいく程度に弾けるようになる前にその曲に飽きてしまうので、結局、適当なところでお茶を濁してしまうんですよね~。

コツコツというよりも、むしろダラダラと練習を続ける毎日。楽しけりゃいいっていっても、何も弾けるようにならないんじゃ、あまりに無意味?と定期的に自問しつつ。

そしてポピュラーピアノの教本二冊がなんとな~く終わった頃、先生が仰いました。
「たまには、クラシックの曲に挑戦してみませんか?』
「はあ。クラシックですか」
「ビアンカさんならショパンなんかイメージにぴったり。これなんかいかがです?」
そう言って見せられたのは、ノクターンの2番。しかも、原曲です。楽譜を見ただけで真っ青。
「むっ、無理ですぅ!!」
「まあ、そう言わずに頑張ってみましょう」

まず、譜読みをするだけで一ヶ月かかりました。よく知っている曲だというのに、情けない。そして、毎日、毎日、ノクターン。おっそろしいスローペースでじりじりと。へたくそな演奏を延々と聞かされ、家族も発狂寸前という頃、ようやく完成しました。なんと五ヶ月もかかったんですよ。

先生いわく、
「いや~。ハッキリ言って、ここまで弾けるようになると思いませんでしたよ。楽譜をお渡ししたとき」

ここまで弾ける=上手に弾ける、って意味じゃないですよ。それなりにかたちになってよかったね、ということです、むろん。

でも、弾けるようになってよかったです。なんたって三年も習い続けたんですから、ちょっとはその実感がないと虚しいですもの。なにがしかの成果はあったということに、無理矢理してしまいましょう。

と、喜んでいたのもつかの間。本日、先生に言い渡されました。

「じゃ、今度はベートーベン、いってみましょう!」

ひえ~っ。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/14(月) 21:05:51|
  2. 日常
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:14
<<失敗は成功のもと! | ホーム | 突然、帰国モードに>>

コメント

ドイツを愛する人のベートーベンとバッハ

>>「ビアンカさんならショパンなんかイメージにぴったり。これなんかいかがです?」
>>そう言って見せられたのは、ノクターンの2番。しかも、原曲です。
「原曲」なんですか!!! それはす・ご・い・で・す。5ヵ月かかって当然です。もし今後5年間、ほんの少しづつでもいい、毎日上手になりたい、という思い入れの曲でしたら、将来の十八番になるかもしれません。

ベートーベンは「月光」のアダージョがいいか、ピアノソナタの1品がいいかしら・・・。いずれにせよ、この世に生を受けて、「ドイツ」に関わってしまった以上、ベートーベンとバッハははずせないでしょう(たぶん)。

(1つ上のコメントは重複です。削除してくださいませ)
  1. 2005/11/15(火) 06:00:10 |
  2. URL |
  3. Hiro-san #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

いいですねぇ

実はウチにも古い河合がありました。
自分は習っていなかったですけど妹が手に入れてきました。
時々触ってると好いものでしたよ。

手探りでこうしたらどんな音がするかな、とか。
せっかくベートーヴェン習うんでしたら是非協奏曲でお願いします。楽譜を書き写して下さいまし。

好きな音が並ぶように自分の愉しい即興も好いですよ(^o^)
  1. 2005/11/15(火) 10:03:31 |
  2. URL |
  3. panics #-
  4. [ 編集 ]

最近は、クラシックの楽譜も簡単なバージョンがいくつもでているよ。
仕事でもピアノをひく機会が多いので、昔ならっていてよかったと感じるこの頃です。
そういえば実家のピアノはいつなくなったんだっけね?
  1. 2005/11/15(火) 15:58:44 |
  2. URL |
  3. しょうへ→ #-
  4. [ 編集 ]

Hiro-san

言われてみればその通り。ドイツ文化と日本文化が融合する我が家で、ベートーベンが奏でられないのはおかしいですね。

よし!では、やってみるか。
  1. 2005/11/15(火) 21:03:30 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

あら、すごいね。私も引っ越してから一番ピアノのタッチに似ているという電子ピアノを買いましたが、私は以前ずいぶんひいたのに、今は残念ながらあまり弾くひまもなく、ビアンカさんの気持ちとってもよくわかります。1曲やっと弾けるようになると前の曲は忘れている。。。練習中は家族の白い目!まったく!
  1. 2005/11/15(火) 21:04:59 |
  2. URL |
  3. Sue #-
  4. [ 編集 ]

panicsさん

楽器って、天気によって音が違うのがいいですね。私は、雨の日にピアノを練習するのが好きです。

即興もいつかできるようになりたいものです。
  1. 2005/11/15(火) 21:06:21 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

しょうへ→くん

おお!初登場だね。

うちにピアノが来たとき、私はもう中学生だったから、習いそびれちゃったんだよね。私が結婚したときには、あのピアノ、まだあったけど、その後何年かして帰省したときにはなかったよ。

仕事にも使えて、楽しみでもあるなんていいですね~。まあ、私もがんばります。
  1. 2005/11/15(火) 21:09:34 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Sueさん

子どもの頃やっていたなら、かなり違うんでしょうね~。私は、やっぱり左手がうまく動かない。手も小さいしー。

電子ピアノなら音は消せるのかな?
  1. 2005/11/15(火) 21:12:33 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

確かに電子ピアノだと音は消せますが、私は個人的に頭にヘッドフォンつけてピアノを弾くのは嫌いです。それに音は消せてもフォルテのところなどを練習していると鍵盤をたたく音がうるさいみたい。2階まで聞こえると、結局、白い目で見られる。。。
私も手は小さいけど、そのうち伸びる!?ドから1オクターブ上のミまでは届くようになるよ。
  1. 2005/11/16(水) 06:57:01 |
  2. URL |
  3. Sue #-
  4. [ 編集 ]

楽しんでくださいね♪

私も、大人の生徒さんをもっていたことがあります。「子供の頃からずっと、弾きたかった」とか「数年弾いて、やめてしまったんですよ」とかおっしゃって、お子さんと一緒に始める方が多かったです。
子供は、理論はわかんなくても指が動く、大人はわかっちゃいるけど、指がうごきませ~ん、って嘆いていました。私も、大人の方とは最初から、バッハのメヌエットとか、ポピュラーな小品を教材にやっていました。いわゆる基礎からじゃないけど、大人は頭で理解できることが多いので、こういう形でも、しっかり弾ける様になるんですよね。ドイツにいらっしゃっても、ぜひ、続けてくださいね!
  1. 2005/11/16(水) 18:13:51 |
  2. URL |
  3. nyf1403 #-
  4. [ 編集 ]

Sueさん

子どもでもオクターブ届くんだから、手が小さいなんて言い訳してちゃいけないよね。やっぱり練習なのね。。。
  1. 2005/11/17(木) 08:32:07 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

nyf1403さん

大人は頭で理解できるので、こういう形でも、しっかり弾けるようになる!?

プロのこのコメントにより目の前が明るくなった気がします!諦めないでがんばりま~す。
  1. 2005/11/17(木) 08:34:19 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

ふは~

かく言うワタクシもですね、子供のころにピアノを習っていたことがあります。ですが、両手になったとたん、いくらやっても上達せず、結局1ヶ月がそこらでやめてしまいました。。。今思えばなさけないですが、その後十代のころに独学でっとやりはじめたエレキギターとベースがどうしても形にならず、これはもう才能だ・・・と、もともとどちらかというと得意な絵のほうのアートを追求することにしました。 今でも楽器できればいいと思いますよねぇ。 同居人のドラムをいつもたたいてみようとするんですが、、これもどうもいけません。。
  1. 2005/11/30(水) 13:37:49 |
  2. URL |
  3. すまいる #-
  4. [ 編集 ]

すまいるさん

いやいや、絵の才能こそ、真似しようと思っても無理ですよ。羨ましいです。

最近、すごい不器用のくせに、息子に触発されて手作りに凝っているんですが、完全に自己満足の世界です。とほほ。
  1. 2005/11/30(水) 15:58:32 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/267-3dde5999
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ディスレクシアという「個性」を受け入れる素地づくり

ピアノにしたところで、小学2年生で「できる子」と「できない子」は1000倍以上の開きがあります。そんなものです。人生の後半から始まった私のピアノは、極度の「ディスレクシア」状態ですが、みるみる向上する子供の読書力を追いかけるつもりで、じわじわと、楽しみな
  1. 2005/11/21(月) 06:06:44 |
  2. ヒロさん日記

内面世界

ビアンカさんのわいるどわ~るどに、三年間の成果 ピアノという投稿がありました。ビアンカさんは大人になってからピアノを始めるということで書いていらっしゃるのですが、それを読んで考えたことを少々...。私は子どもの時にピアノを始めて、高校2年生まで続けてい...
  1. 2005/11/15(火) 15:16:42 |
  2. ブレネリさん、Switzerlandってどこよ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。