わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

野菜の移住計画

『今年も、大きなカボチャがたくさん採れましたよ』

夫の母から手紙が来ました。ホクホクのカボチャ。西洋カボチャではありません。

夫の両親は、もともとカボチャが嫌いでした。日本に遊びに来たときに、北海道の母が送ってくれたカボチャを煮付けて出したのですが、断っては私に悪いと思ったのか、しかたなそうに箸をつけました。でも、一口食べて、
「おいしい!こんなおいしいカボチャは初めて食べたわ」
「ドイツのカボチャと全然違うね!」
二人とも、北海道のカボチャの味に感動したようです。

「種、捨ててなければ頂戴。ドイツに持って帰るわ」
そう言って、種を乾かし、スーツケースに入れて持ち帰りました。ドイツの畑に蒔いた北海道カボチャの種は、ちゃ~んと立派に育ち、以来、彼らは毎年、カボチャの煮物を食べているのです。

『あなたたちがドイツへ帰って来たら、北海道のお母さんの代わりに、今度は私がカボチャを送ってあげるからね』
手紙にはそう書かれていました。分家したカボチャが彼らの畑で繁栄している様が目に浮かびます。ドイツへ帰ってもおいしいカボチャが食べられるのは、嬉しいです。

カボチャに限らず、ドイツでも食べたい日本の野菜がいろいろあります。種を持って来れば育ててあげるよ、と義母は言っているんです。彼女は、いわゆる「みどりの指」の持ち主で、植物を枯らしたことがありません。

さあて、何の種を持って行こうかな~。

実は、畑は私もやってみたいのです。今まで、ハーブとかトマトとか、放っておけば育つものしか栽培したことがありませんが、売っていないものを食べようと思えば、育てるしかない。

夫がリストのトップに上げる野菜は、ゴボウ。
「ゴボウは絶対に必要。キンピラが食べられないのは耐えられない」と言っております。私が必要なのは、シソ。これは多分、難しくないですね。あとは大根。ドイツにもあるのですが、すが入ってスカスカのものばかり。どうしてでしょうか?

キュウリ。ドイツの大きなキュウリもいいですが、たまには小さくてシャリシャリしたのが食べたくなりそうです。だけど、どこかで読んだのですが、「日本のキュウリの種をヨーロッパに持って行って蒔いても、日本のキュウリが採れるのは最初の一年だけ。翌年からは、ドイツのお化けキュウリに変身してしまう。何故ならば、土の養分が違うから」って本当なのでしょうか?

それから、サツマイモ。寒い土地じゃ、やっぱり無理なのかな~?それとも土や水の問題?

枝豆もいいですね~。

と、希望は際限ないのですが、なにしろ園芸の知識がゼロですから・・・

野菜のヨーロッパ移住を成功させる秘訣をご存知の方がいらっしゃいましたら、どうかアドバイスくださいませ。よろしくお願いします。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/09(水) 16:45:08|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<突然、帰国モードに | ホーム | 警察に捕まった>>

コメント

ビアンカさん、こんにちは。
オランダでも、しそを育てていた日本人はいっぱいいました。皆さん、「おシソ様」と呼んでました(笑)

これは農業をしている祖母を見ていて思うのですが、多分、コツは「似たような現地の野菜のそばで育てないこと」だと思います。
被子植物の場合でも周りの同種のものと交配する可能性が高いですから、現地のものに近くなってしまうのではないかと思います。
祖母の家のピーマン、時々ピーマンの形をした唐辛子になるんですが、母曰く「近くの唐辛子の真似をしちゃうのよ」だそうです・・。
  1. 2005/11/09(水) 18:40:12 |
  2. URL |
  3. Kako #cUXo0n5o
  4. [ 編集 ]

おぉ!

旦那様に一票です。
半程まで読んでpanicsもゴボウじゃあ!と思いました。
気が合うズラ?

多分、異種交配は事実だろうと思います。
日本でも在来種と改良種との問題がありますね。
種を採るものは花が咲く前に透明なビニールで根本近くまでカバーするか雌花だけを囲ってしまい人工授粉します。
瓜類も土による変異というよりは異種交配の問題だと思います。Phの違いというのは確かにあると思いますが土を酸性に変えるのは逆の場合よりは簡単です。
基本的に瓜類はアルカリ質の土壌のものですがご心配なら参考になるかどうか保証は出来ませんがpanicsのリンク欄にあるwikiページ、農業部会内にリンク集を貼って置きますのでご参考になさって下さいまし(^o^)
  1. 2005/11/09(水) 22:38:07 |
  2. URL |
  3. panics #blPj0RWY
  4. [ 編集 ]

あっ!

ビアンカさんは、根ごと、土ごと引越しさせたいと考えてらっしゃるんでしょうか?!そしたら、ちがうんですけどもぉ、種類、不確かなことなんですけれども、持ち込めない場合がある、って聞いた事ありませんか?
だけど、引越し荷物に入れちゃうと、結局なぁんでももってこれちゃうんですよ~!
今回の引越し荷物から、いろんな台所の「えっ!こ、こんなものまで?!」っていうものが入れられていました。
そこは、業者が箱詰めしないとだめ、っていうコースだったんで、そういうことが置きました。
「ここらのものは全部お願いします」って言う中に種の箱も入れておいちゃえば、無事通関できてしまうって訳です♪
でも種、持ち込むのに何の問題もなかったら、なんの意味もない話なんですけれども。
  1. 2005/11/10(木) 01:12:45 |
  2. URL |
  3. がるっち #yl2HcnkM
  4. [ 編集 ]

あの、こちらへもどられた暁には、ぜひ、義理のご両親様の野菜のネット販売を開始してくださいませ~。
ごぼう・・だなんて、うるうるしちゃいます。
茄子もこっちの茄子は、日本のとは違いますよね~。
  1. 2005/11/10(木) 01:17:22 |
  2. URL |
  3. nyf1403 #-
  4. [ 編集 ]

Kakoさん

似たような野菜のそばで育てない、ですね。一つ賢くなりました。ありがとうございます。
  1. 2005/11/10(木) 18:41:22 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #bMwaj.5k
  4. [ 編集 ]

panicsさん

リンク、ありがとうございます。これからいろいろ勉強してみます。
  1. 2005/11/10(木) 18:45:24 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

がるっちさん

そうですね。引っ越し荷物に紛れ込ませていろいろ、、、

「これだけは日本から持ってこい!」というものありましたら、教えてくださいませ。
  1. 2005/11/10(木) 18:47:59 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

nzf1403さん

たくさん採れた暁には、お裾分けできると思いますよ~。楽しみにしていてください。

茄子も味が違いますね。キャベツも違いません?
  1. 2005/11/10(木) 18:50:27 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2005/11/13(日) 03:11:29 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

cyrilさん

お元気でしたかー?だめよ、日本語わからないふりしちゃ!

上のフランス語の文章、辞書引いたけど意味がわかりませ~ん。
  1. 2005/11/13(日) 19:47:52 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/265-e9bd49d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。