わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あなたは何占いを信じますか

日本に帰って来てから、子どもを持つ女性の集まりでうまく会話に加われないことがあります。

「本当はうちの娘、O子ってつけたかったんだけど、画数が悪いからO恵にしたの」
「うちは夫婦揃って体が弱いから、子どもには強い子に育って欲しくて、そういう画数の名前をつけたわ」
私、何もコメントできません。だって我が家のメンバーには画数がない。私も夫の姓に改姓したので、カタカナ書きです。夫と子ども達もドイツ名はカタカナ表記。それもドイツの名前を無理やり仮名書きしているだけで、正式な文字ではありません。私たちって、姓名判断の対象外だよね?

「うちの子はマイペース過ぎて困るわ。やっぱりB型ねー。ところでビアンカの息子さんは何型?」
「し・・・しらない」
私たち、子供の血液型知りません。だから血液型占いの対象外。

私の息子の誕生日は9月23日。ドイツではおとめ座の最後の日。ところが日本ではてんびん座の最初の日なんだって?一体どっちなの。ということで息子は星占いの対象外。

四柱推命とか言われてもダメですよ。私、自分の生まれた時刻を知りませんから。これまた対象外です。四柱推命って中国から来た占いですよね?でも、中国の人どうするんでしょう。戸籍の記載事項をしょっちゅう変更する人がいるって噂ですから。自分の正確な生年月日がわからなくなっているなんて、珍しくないらしいですよ。

最近判明したのですが、夫と私はお互いの「天中殺」の年に結婚したみたいなんです。ドイツには天中殺ってないので、思いつきもしませんでしたよー。もしかしたら式も「仏滅」に挙げていたかも知れません・・・

こんな調子で、ことごとく対象外なので、私は占いを信じることができません。「うちは関係ないわ~」という感じ。でも信じないからといって、存在を否定しているわけでもありません。決断力があってなんでも自分でテキパキ決められる人はいいけど、優柔不断な人も世の中にはいるので、決断のお助けツールとして便利だと思う。「今日あなたにはいいことがあります」と言われれば「そうかな~」とウキウキして前向きに過ごせるから、自己暗示ツールになるし、逆に「今日あなたに災いが降りかかります」と言われたら用心して行動するなど行動抑制ツールにもなる。また、占いの存在意義にも書きましたが、インドのような多民族社会では社会秩序を保つのに有効だという報告もあります。

それに、なんといっても文化ですから。占いは、その土地に住む人々の人生観を映し出す鏡といえないこともない。占いを信じないと言いながら、この私もお正月には神社に行っておみくじを引きます。大吉が出れば「わ~い!」と素直に喜ぶ。(でも「凶」が出ても、たぶんお祓いには行かないと思うけど・・・)人生に彩をつける楽しみの一種と考えれば、占いがあってもいいんじゃないかな~と思います。狂信的にならなければ、ですけど。

それにしても世の中には実にいろいろな占いがありますね~。手相・風水・吉方位・四柱推命・12星座・13星座・動物占い・水晶占い・タロット・コーヒー占い。こうしてパッと思いつくものだけではありません。アメリカ、アジア、アフリカ、オセアニア、ヨーロッパの各地にはありとあらゆる占いシステムが存在します。世界の至るところで、不安げな顔をした人達が「占い師」のテーブルの前に行列を作っている。そして、この無数の占いシステムにより導き出される貴方の今日の運勢は・・・
たぶん、全部違う!!

さて、数ある「貴方の人生」の中から、どれを「正しいもの」として選びますか?まさか世の中に存在するすべての占いの結果をかけ合わせて「総合結果」を出すわけにはいかないでしょう。では、どういう基準で「XX占い」は正しく、それ以外は全部「信じられない」と判断するんでしょう。うーん、わかんないな。「なんとな~く、手相が一番当たる気がする」とか、勘で判断する?では、信じる占いシステムが決まったとします。方角占いでもなんでもいいです。それでもし、外国に引っ越すことになったらどうしましょう。例えばケニアへ駐在とか。現地に着いて住居を整えるとき、鬼門だから北枕はマズイと思っているのに、現地人メイドさんが「ケニアの占いでは、枕は絶対北!じゃなきゃ悪魔に魂を乗っ取られる!」と言い張るかもしれません。さてどうする?郷に入っては郷に従えで、現地の占いに従って行動するべきでしょうか。

いえいえ。日本人はあくまで日本の占いを信じればよいのです。ケニアの占いはケニア人のもの。うーん、本当に事はそんなに単純かな?では、ケニアでメイドさん(またはボーイさん)とデキてしまって子供が生まれちゃったら?日本人とケニア人のハーフの赤ちゃんの枕はどっち向きにする!?

ねっ?考えてみると難しいでしょう。占いって普遍的なものではないのです。ある特定地域に定住し、特定集団に属していないと、占いは利用できなくなります。それに、幸運を呼ぶラッキーアイテムは移住先では入手不可能だったり、災いをもたらす鬼や悪魔や悪霊も移住先には住んでいない可能性があります。

今の国際化時代、占いの行く末はいかに?世界の人間すべてに適用しうる、「ユニバーサル占いシステム」を構築する必要があるかも知れません。

スポンサーサイト
  1. 2005/05/19(木) 21:28:51|
  2. 各国情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<虐げられる女性の運命 | ホーム | リビングで異文化しよう わいるどわ~るどらいぶらりー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/26-d0f5f8e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。