わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

勉強させられる!?

昨日、息子が学校から帰ってきて、こう言いました。

「今日、直人くんと遊ぶ約束しようとしたらね、勉強しなきゃならないからダメって言ったんだよ!」

「ああ、そうなの」と答えると、
「勉強しなきゃならないから、って言ったんだよっ。勉強するからとか、勉強したいからじゃないんだよ!!みんなの家では、親が子どもに勉強をさせるんだねー」
真面目に驚いている様子です。

そういえば、前にも似たようなことありました。
「みんなの家では、テストで○点以上じゃないと、怒られるんだってーっ!」
私は息子に、「勉強しなさい」と言わないし、テストの点が悪くても叱ったことがないので、息子は「親とはそういうもんだ」と思いこんでいたようで、必ずしもそうではないと知って、新鮮な驚きを感じたようです。

テストの点について何も言わない理由は、テストはそもそもどれだけ知識が身についたかを調べるためのもので、調べて足りない部分があるとわかれば、それを補えばいいので、点数について子どもに怒る必要性はないと思うから。

「勉強しなさい」と言わない理由は、私自身がプレッシャーをかけられるのが大嫌いで、「やれ」と言われるとやりたくない性格だから。息子にも、私のこの天邪鬼な性格がおそらく受け継がれているという前提のもと、やる気をそぐようなことは極力言わないことにしています。

うちのお母さんって、勉強しなくても全然怒らないよね~。やっぱり人生、勉強だけじゃないもんね。勉強なんて、学校でやれば充分だよねー。うん
勝手にそう解釈して、納得している様子です。

そうではありませんよ。わが息子よ。お母さんは「勉強なんてどうでもよい。元気に育ってさえくれたら」とは思っていません。

実は毎日毎日、家で勉強させられていることに彼は気づいていない。

工作で物理の勉強。料理で化学の勉強。ハイキングで生物や地学の勉強。日常の会話で論理力を鍛える訓練。これでも母は、いろいろ考えて勉強させているつもりなんだけど。

息子はここのところ、三日連続で「ベッコウ飴作り」にチャレンジしていました。一日目は温度が低すぎてベタベタになり、失敗。二日目は温度が高すぎて焦げた。三日目の昨日は大成功で、透明なべっ甲色の美味しそうな飴が出来上がり、家族にふるまってくれました。

「この実験をしなさい!」と言うと、しないだろうから、「こういうの自分で作れるんだね~。面白そうだね~っ」と言って、作り方の資料とかをテーブルの上にさりげなく置いておくと、9割方は食らいつきます。

おととい、私は本屋で「マッチ棒クイズ」の本を買って来ました。テーブルにマッチを並べ、「う~ん」と唸って考えていると、こちらの思惑通り、息子は飛んできて、
「お母さん、何してるの?」
「一本動かして、等式を作れって言うんだよね・・・」
「わあーっ。おもしろそう!貸して、貸してっ!」
息子は私から本を取り上げ、夢中になってマッチ棒クイズに取り組み始めました。

しめしめ・・・

自分でも結構、「私って教育ママかね?」って思っているんですよね。

でも、息子はな~んにも知りません。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/28(金) 09:46:56|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<考え過ぎちゃう | ホーム | 記念撮影>>

コメント

すてきですね。教育熱心でその上工夫されているのがものすごくよくわかります。
ビアンカさんの息子さんがうらやましいです。
わたしは宿題の他にたくさんのドリルなどをやがみがみいわれてずっと育ったので・・・今もものすごく天の邪鬼です(笑)

  1. 2005/10/28(金) 15:27:05 |
  2. URL |
  3. tnk_atk #-
  4. [ 編集 ]

奥様は魔女

恐るべき(頼もしい)教育ママ!
「しめしめ、ヒッヒッヒ」という魔女系の童話もつくりたいぐらいです。「奥様は魔女」というテレビもありましたが、昔・・・。
家事の手伝いをさせるだけでも、高度の学習がたくさんありますよね。
料理、テーブルセッティング、園芸、掃除、選択干し、など。
わが家の子供は、読書、本づくり、劇作りばかりやっています。
  1. 2005/10/28(金) 20:57:50 |
  2. URL |
  3. Hiro-san #SFo5/nok
  4. [ 編集 ]

tnk_atkさん

勉強ってとても愉しいことだと思うので、なんとかその愉しさを伝えたいな~と思っています。

「将来のために」というのは、実はあんまり考えていないんですが。
  1. 2005/10/29(土) 11:19:02 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Hiro-san

ヒロさんのお子さんは、きっと「言葉」に敏感なのでしょうね。いつブログデビューするかしら・・・

園芸は私もやってみたいです。
  1. 2005/10/29(土) 11:21:40 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

勉強

ビアンカさんのお子さんは恵まれてますねぇ。乗せられると楽しんでとりくめますもんね。私も勉強より、虫を捕まえてきて、図鑑を読んだり、パズルをしたりそんなほうが好きでした。
  1. 2005/10/30(日) 20:51:17 |
  2. URL |
  3. ヒロシ #-
  4. [ 編集 ]

勉強させられる

うんうん、そういうお宅多いと思います。誰が行きたいって、親が行かせたいから中学受験させる、でも勉強して頑張らなくっちゃいけないのは、「別に地元の中学校にお友達と通いたい」と思っている子どもだったりするんですよね。
勉強って私も子供の頃楽しかったです。親から「勉強しろ」と言われたことありません。
中学受験するぐらいの年齢の子には、親が公立に行かせたくないのなら、せめて受験勉強をがんばるために、子どもが行きたい!と思わせるような応援の仕方をするときっと子ども自身がんばるんじゃないかなぁ、っておもうんですけれども。
私の周りに、親の夢を子に押し付けてる人もいましたしねぇ…(宝塚とか)。
  1. 2005/10/31(月) 03:46:22 |
  2. URL |
  3. がるっち #yl2HcnkM
  4. [ 編集 ]

ヒロシさん

子どもよりも自分が楽しんでいる部分が大きいんですが・・・

図鑑を眺めるの、私も大好きでした。
  1. 2005/10/31(月) 10:49:21 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

がるっちさん

親の夢ですか~。「子どもに○○になって貰いたい」というのは今のところありませんけど、今後はどうでしょうね。

ちなみにうちの子ども達の将来の夢は、息子が「お百姓さん」、娘が「家事手伝い」だそうです。お百姓さんはいいけど、家事手伝いはちょっと・・・
  1. 2005/10/31(月) 10:52:43 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

素敵です

ビアンカさんの教育ってすごく素敵ですね。子供も喜ぶ勉強って一番ですよね!
私の母親もあまり勉強しないと言わないほうでしたが、韓国の学校自体が受験勉強で酷かったので、余計に母は言いづらかったそうです。^^;
  1. 2005/10/31(月) 15:55:03 |
  2. URL |
  3. anna #-
  4. [ 編集 ]

annaさん

うちの子ども達、日本の厳しい受験戦争をくぐり抜ける必要がないので、私ものん気でいられるのかもしれませんね~。

または、もうちょっと学年が上がったら、「ドリルやらせなきゃ~」って焦るかも。でも今はまだ、楽しんでやっていきたいです。
  1. 2005/10/31(月) 19:33:27 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/258-da7a3fb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。