わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

逆上がりの結末

逆上がりにまつわる我が家の親子ドラマにお付き合い下さった方に、運動会は結局どのようなことになったのかをご報告します。

「逆上がりを諦めろ」とは娘に言いませんでしたが、逆上がりのことばかり考えないようにと思って、別の話題など振って本番までの時間を過ごしました。

今朝、起きると、夜半の大雨もすっかり上がり、空は朝焼け。娘は機嫌よく起きてきて、服を着、朝ごはんを食べました。リラックスしているように見えました。

運動会が始まり、プログラムの最初の方に、縄跳びを飛びながらトラックを一周するというのがありました。一週間ほど前に練習風景を見たときには、数回飛ぶと引っかかり、また数回飛んでは・・・という様子だったのが、少しの乱れもなく軽々と飛んでいたので驚きました。

そして問題の「逆上がり」を含む、障害物競技。(競うわけではないので競技という言い方はそぐいませんが、他になんと呼べばいいのかな?)

保母さんは子ども達に、「できるまでやりなさい」とも「できなければ、やらなくてもいい」とも言いません。ただ、「がんばってね」と言うだけです。やるかやらないかは本人次第です。

もし、できるまでチャレンジすることを選んだ子がいたら、本人が自分の意思で諦めるまで、大人は何も言わないという暗黙の了解があります。

「次の子がいるから、そろそろこの辺で・・・」というのはなし。時間がかかっても静かに見守ることになっています。

ですから、本番の今日は、私も娘の好きにさせるつもりでした。

まず最初に、走って行って跳び箱を飛び、次に鉄棒で逆上がりをし、それから机を四段重ねた上に登ってそこから飛び降り、最後に、はめ板をよじ登って飛び降ります。

一人がスタートし、時間差で次の子が出て行きますが、途中で抜いても構いません。娘の出番は一番最後のようです。

それぞれ得意なものと苦手なものがあるので、その子によって各種目にかける時間はまちまちでしたが、逆上がりはどの子も一回できれいにクリアして行きました。

さあ、娘はどうするのだろう。鉄棒はやらずに通り過ぎるのか、それとも挑戦するのか。体力の限界まで宙を蹴り続けるのか、それとも早々にギブアップするのか。あるいは突っ伏して泣いてしまう!?

娘の前の番の子が出発しました。最近、新しく保育園に入って来て、まだいろいろなことに慣れていない女の子です。練習のときも、困っている場面があった子でした。

彼女は跳び箱は飛びましたが、鉄棒のところへ行くと、棒を掴んだまま、どうしたものかと思案しているようです。

そこへ、娘がスタート。跳び箱はお尻をちょっと擦っていましたが、なんとか飛んだ。そして鉄棒へ。

鉄棒は二台あったので、当然、空いている方へ行くのだと思ったのですが・・・

ゆりこはお友達が立っている鉄棒に向かって走って行きました。そして、お友達の背中に自分の背中をあて、ポンッと背中でお友達を押しました。

押された弾みで、お友達の腰は高く上がり、クルッときれいなカーブを描きました。棒を回り、ストンと着地。

すると、今度は娘が棒を握り、お友達がサッと背中をあてます。

くるりっ。ストン。

そして、二人で嬉しそうに次の障害物へと走って行きました。

思いがけない展開に、「こういうのもあったんだ」と驚き、そして心が軽くなった。

娘の顔も晴れやかでした。

運動会が終わりに近づく頃、子どもチームVS母親チームVS父親チームの縄跳びリレーがあり、月齢の一番高い娘はアンカーでした。それに合わせて私も夫もアンカー。

縄跳びに限っては、大人よりも子どもの方がずっと器用なため、親も手加減ナシで挑むのですが、娘の番に来る前に、すでに子どもチームがリードしていました。娘が出発して、まもなく私が出発、かなり遅れて夫が出発。

娘が最初にゴールインし、子どもチームが勝ちました。(これだけは、勝ち負けあり)

娘が跳んでいる間、私もトラックの反対側を跳んでいたので、娘の様子を見ることができなかったのですが、後で人に聞いた話では、
「ゆりこは、物凄く頑張って、縄が見えないほど早く跳んでいた」そうです。

元気いっぱいで、運動会を楽しむことができたようです。

お友達も、みんな素敵でした。笑顔が輝いていました。


みなさん、応援ありがとうございました。



スポンサーサイト
  1. 2005/10/23(日) 22:28:25|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:27
<<記念撮影 | ホーム | 明日、運動会です>>

コメント

素敵な運動会でしたね!

逆上がり、どきどきしながら、どうなったのだろうか気になっていました。
意外な展開に驚きつつ、嬉しくなってしまいました。
ビアンカさんもいろいろと考えられたことと思います。
子どもに対してどんな態度をとるかというのはいつも悩みます。口を出すか、手を出すか、じっと見守るか・・・・・・親として考えさせる場面は多いものですが、この運動会はとてもいい思い出になるでしょうね。(ビアンカさんにも、娘さんにも)
  1. 2005/10/24(月) 00:08:08 |
  2. URL |
  3. kmy #GaU3vP2.
  4. [ 編集 ]

ええなぁ

とてもうれしいです。
もし、自分の子がいてこんなふうなら幸せですね。
  1. 2005/10/24(月) 01:19:45 |
  2. URL |
  3. panics #-
  4. [ 編集 ]

いいお話でした

幼稚園で逆上がりって、そもそもレベル高すぎませんか?最近の子供たちはできるのが普通なんすか?
私は小学校の2年か3年頃できるようになったような。もちろん、うれしかったけど、今、ビアンカさんの記事を読み、子どもにとって...と考えると、学校教育のひたすらがんばること、って何だろう、と改めて思ったりしました。
  1. 2005/10/24(月) 05:04:25 |
  2. URL |
  3. yuranoto #-
  4. [ 編集 ]

一本取られたって感じですね。(笑)
また書かせてもらいますね。
  1. 2005/10/24(月) 05:53:27 |
  2. URL |
  3. michiaki01 #-
  4. [ 編集 ]

ほのぼの

曇り空だったけど、今朝日がきれいに顔を見せてくれました。
ゆりこちゃん、一人でがんばらないで鮮やかに決めてくれましたね!
よかった。
子育ては待つことだといわれたことがありました。
ビアンカさんが落ち着いて待つことができた結果、こうなったのでしょう。
娘さんもビアンカさんも、保育園の方々も偉いです。
おかげで今日1日いい気分で臨めます(^^)ありがとう。
  1. 2005/10/24(月) 07:43:18 |
  2. URL |
  3. smash #T5DPT7Jo
  4. [ 編集 ]

読みながら思わず涙がこぼれました。
子育ては悩んだり、学ばせてもらったりの繰り返しですね。
  1. 2005/10/24(月) 07:54:45 |
  2. URL |
  3. Kako #-
  4. [ 編集 ]

子供発想(?)に驚きました!

そういう方法もあったんですね!
私はやるか、あきらめるかっとそれしか考えてなかったのですが、さすが~~~。
驚きました!
できないものは諦めるんじゃなく、人と手伝いあって乗り越えるもの!
子供に見習わないといけませんね!

  1. 2005/10/24(月) 10:09:31 |
  2. URL |
  3. anna #-
  4. [ 編集 ]

↑のコメントに「手伝いあって」じゃなく、「助け合って」でした!
未だに下手な日本語にかつ!!^^;
  1. 2005/10/24(月) 10:11:15 |
  2. URL |
  3. anna #-
  4. [ 編集 ]

ありがとう

このブログのおかげで、自分がゆりこちゃんを育てているような錯覚を感じました。いい経験をさせてくれてありがとう。
(錯覚と自覚しているから大丈夫よ。拉致や誘拐はしませーん)
しかし、ゆりこ、鮮やかでした。
私の心も秋晴れです。
  1. 2005/10/24(月) 10:57:02 |
  2. URL |
  3. わくわくふわく #-
  4. [ 編集 ]

よかったですね。

逆上がり、うまく出来なくてむしろ良かったのかもしれません。
友達と助け合うことが出来たのだから。
でも、この方法、誰かに教わったのでしょうか。
  1. 2005/10/24(月) 12:11:15 |
  2. URL |
  3. Toshi@タイ #-
  4. [ 編集 ]

拝読して感動

>思いがけない展開に、「こういうのもあったんだ」と驚き、そして心が軽くなった。

お嬢様の華麗な展開、素晴らしいの一言です。
  1. 2005/10/24(月) 12:46:18 |
  2. URL |
  3. fumi_o #-
  4. [ 編集 ]

一番いい方向に物事がいったようですね!!お友達と共同、共感っても~!私も一緒に感動させていただきました。

実は…私も逆上がり、雨の降る日も母に傘を持ってもらって意地で練習した子どもでした。しまいにはおなかが痛くなっちゃって…。
懐かしい。
あの時母は、困ったような笑みを浮かべていたのを覚えています。
でも一緒にいてくれました。
  1. 2005/10/24(月) 15:51:09 |
  2. URL |
  3. がるっち #yl2HcnkM
  4. [ 編集 ]

よかった~

ほんと、読んで感動しましたよ~。
ゆりこちゃんもお友達もとっておきの方法をよく思いつきましたね。
なんだか物語に出てきそうなお話でした。
お天気もとっても良かったし、素敵な一日になって本当良かったです!私も元気をわけてもらいました。ありがとうございました。
  1. 2005/10/24(月) 21:58:23 |
  2. URL |
  3. しゅれ #-
  4. [ 編集 ]

kmyさん

はい。とてもよい思い出になりました!

これからも、いろいろあるんだろうな~と思いますけど。
  1. 2005/10/24(月) 22:39:19 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

panicsさん

とてもいい気分で運動会を終えることができました。

  1. 2005/10/24(月) 22:41:55 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

yuranotoさん

外遊びを重視する保育園で、園舎には柵がなく、子ども達は毎日、野原を駆け回っていますので、かなり筋力があります。だから、他の子たちにはそれほど難しいことではなかったみたいなんですが・・・

「ハードルを高くする」ことには長所と短所があるのかも、と感じた今回の件でした。これからよく、園長に相談して納得のいく回答が得られるよう、努力してみます。
  1. 2005/10/24(月) 22:46:05 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

michiaki01さん

そうなんです。娘にやられたという感じです。
  1. 2005/10/24(月) 22:47:10 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

smashさん

子育ては待つこと・・・肝に銘じます。わかっていても、つい焦ってしまうので。
  1. 2005/10/24(月) 22:48:17 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Kakoさん

子どもに育てられるって言いますが、本当ですね。ちょっとだけ、自分が成長できた気がします。
  1. 2005/10/24(月) 22:50:13 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

annaさん

子どもは、いつもびっくりさせてくれますねー。凝り固まった頭をほぐしてもらえるのが、よいです。
  1. 2005/10/24(月) 22:52:01 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

わくわくふわくさん

ゆりこ一人ではできなかったことでした。友達のカナホとの信頼関係があったから、実現したんですね。カナホにありがとうです。
  1. 2005/10/24(月) 22:53:30 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Toshi@タイさん

まだ他の子ども達もみんな逆上がりができなかった頃、そうやって練習したのだそうです。

本番でもやるとは思いませんでしたけど。
  1. 2005/10/24(月) 22:55:19 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

fumi_oさん

共感してくださって、ありがとうございます。

お天気が味方してくれたのかもしれません。
  1. 2005/10/24(月) 23:01:50 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

がるっちさん

いいお母様なのですね~。

私は、母にスキーを教えてもらいました。手取り足取りというのではありませんが、先にすべっては時々止まって待っていてくれました。

懐かしい思い出です。
  1. 2005/10/24(月) 23:04:26 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

しゅれさん

子どもが大きくなるにつれ、思わぬことが次々と起こるものですね。

今度は何があるのでしょうか・・・
  1. 2005/10/24(月) 23:05:52 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

おひさです

ゆりこちゃんは頑張りやさんだなー。何かとすぐ根を上げてしまう子供が多いなかで、貴重な存在。 かく言う私も子供のころ、そんなんでしたけどね(笑)。 でも負けず嫌いだったから、年を重ねるごとにどんどん初志貫徹がモットーになっていった。 最近は年を取りすぎたか、「適度」ということを覚えた。 今そんなに頑張ってちゃ、オトナになってから、私みたいに円形脱毛作っちゃうぞ。 でも子供の夢中ってのはかわいいもんですね。
  1. 2005/10/25(火) 14:29:10 |
  2. URL |
  3. すまいる #-
  4. [ 編集 ]

すまいるさん

負けず嫌いは夫の遺伝みたいです。私は勝ち負けに興味が沸かない体質なので、トランプやゲームもやらないんですよー。

娘も年をとったら適度になれるのでしょうか。
  1. 2005/10/25(火) 19:16:37 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/256-7303d8a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。