わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

逆上がり

不眠とは無縁の私ですが、今夜はなんだか眠れないので、記事連続アップです。

今度の日曜日は、娘の運動会です。

年長児の彼女は、縄跳び、跳び箱、鉄棒など、多くの種目に出ます。これは「競技」ではありません。「強制」でもありません。本人がやりたければやる、順位はつかない。気楽といえば気楽なスタイルです。

でも、娘には決して気楽なものではないのです。

私に似て、運動神経が鈍く、気力だけは人一倍だけど、体力もあまりない子です。お友達が次々と跳び箱や鉄棒ができるようになる中で、娘はなかなか思うようにできるようになりません。

それでも全然、構わないと思っていました。運動が苦手でも、娘には娘の得意なことがありますし、たとえ得意なことがなかったとしても、それでもいいのです。本人は運動ができないことに劣等感を持っていないようですから、それだけでも幸いだと思います。

ところが、周りに触発されたのか、おととい急に、
「どうしても逆上がりができるようになりたい」と言い出しました。
「保育園の時間は順番待ちでなかなか練習できないから、朝早くに保育園へ行って一人で練習したい」
そう言うのです。

そうか、やる気になったのか。それはいいことだ。応援してやらねば。そう思い、昨日は朝7時に保育園へ連れて行き、園バスが到着するまでの間、練習につきあいました。娘は目をギラギラさせて、取り憑かれたように、必死に鉄棒につかまり、足を蹴り上げていました。

しかし、なかなかできません。他の子たちが来たので、私は家に帰りました。

今朝も娘は6時前に目を覚ますと、「鉄棒!」と叫んでベッドから飛び出しました。今度は夫に付き添われて練習に行きました。夕方、私が迎えに行くと、まだ鉄棒にぶら下がっています。逆上がりができるようには、なっていません。園長や保母さんに励まされ、応援され、歯を食いしばって挑戦しています。
「ゆりこ、朝からずっと頑張っているんだよ。粘り強いね。すごいね」
褒めて頂きました。1時間ほど待ったところで、やっと帰る気になったようで、車に乗り込みました。

家に着いて、娘の顔を見ると、唇の横にヘルペスのようなものができています。
「お母さん、痛い」
疲れているのだ、と思いました。早く寝かさなくては、体が持たないかもしれない。慌てて食事をさせ、ベッドに連れて行きます。

でも、寝ないのです。体は極限まで疲れているはずなのに、頭は興奮して、「鉄棒、鉄棒」と呪文のように唱えています。やっと寝付いたのは2時間後でした。

やっても、やってもできない。私にも記憶があります。どんなに頑張っているつもりでも、私には運動という運動のすべてができませんでした。
「お前はもう諦めろ」
私は、体育の先生にそう言われて、早々に運動を諦めてしまいました。悲しかったけど、何が何でも頑張ろうという気にはなれなかった。別にいいやと投げやりな気持ちでした。

でも、娘は必死で頑張っている。自分にはいつかできると信じて、一生懸命前向きに努力している。

強いな。えらいな。感心します。

でも、私の心には声にならないもう一つの叫びがあります。

「そんなに頑張らなくていいよ。できなくたっていいんだよ。他の子ができたって、関係ないんだよ。もうやめよう」

やっと寝付いた娘の背中に、私の涙が落ちました。

明日も、娘は鉄棒に向かうのでしょうか。無理はさせたくない。

運動会まで、あと2日。ただじっと静かに見守り通せるのか・・・自信がありません。


スポンサーサイト
  1. 2005/10/21(金) 01:05:06|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<明日、運動会です | ホーム | ニュアンスの翻訳>>

コメント

逆上がりのコツ

毎回楽しく読ませて頂いています.
今日の記事、お嬢さん健気に頑張って可哀想にと思い一つコツを披露いたします.
小学生のとき回転の原理が分かり出来るようになったのでそれを参考にしてみては如何でしょう.鉄棒を中心に回転するのですから身体が鉄棒に早くくっついていれば自ずと回転します.その為には腕でぐっと鉄棒を自分の胸に引き寄せるのです.それを意識的に行ったらいとも簡単に出来てしまいます.足で蹴る力ではなく最初の腕の力なのです.何でそれをもっと早く教えてくれなかったのかと教師を恨みました.運動は、それはトップレベルでは運動神経がものをいうのでしょうが有る程度方法を考えるというのは運動神経のない私にはその後とても役に立ちました.
  1. 2005/10/21(金) 05:41:19 |
  2. URL |
  3. mm #-
  4. [ 編集 ]

難しい問題ですよね。

日本人って、やればできる。
出来ないのは努力が足りないからだ。
という思い込みがありますよね。
だから追い詰められてしまうこともあると思うのですが。
芸術関係だとなぜか才能が問題にされるのですが、学校の授業だと、努力が問題にされる。
不思議なことではあります。
  1. 2005/10/21(金) 11:01:40 |
  2. URL |
  3. Toshi@タイ #-
  4. [ 編集 ]

mmさん

こんにちは。アドバイスをありがとうございます。

練習につきあっても、私自身が逆上がりできませんので、どうしたらよいか困っていました。

このコツを頭に入れて、やらせてみます。体でうまくつかんでくれるといいのですが。
  1. 2005/10/21(金) 13:28:29 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Toshi@タイさん

弱音を吐かずに努力しているのを認めてやりたいですし、できたときの達成感も味あわせてやりたいです。

だけど、肉体の極限までがんばっているのを見ると、なんだかいたたまれなくて。自分が根性なしなものですから・・・

自分の得意な分野でそれぞれ頑張るのでもいいのかな、と思ったり。
  1. 2005/10/21(金) 13:35:19 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

偉い!

ビアンカさんの娘さん。本当に偉い!なんか自分が恥ずかしくなります!
ビアンカさん、悲しまないで下さい。
ビアンカさんの辛いお気持ちはよく理解できます。
この記事を読むだけで私まで涙がでそうですから。
しかし、娘さんはきっとそれほど辛いと思ってないんだと思います。
もちろん、肉体的には限界が着てるし、疲れてると思う。
だが、きっとできることを楽しみにしているからこそ、努力しようと思ってるのではないでしょうか。
私も体育は大の苦手ですが、努力しようとも別に思ってませんでした。
できるからといって特に楽しいと思ってなかったから。
娘さんはまだ子供ですけど、きっと楽しいことを嫌なことの分別は分かると思います。
本当に限界が来たときには自分で決めて判断すると思いますから、あまり心配なさらないでくださいね。
  1. 2005/10/21(金) 17:08:55 |
  2. URL |
  3. anna #-
  4. [ 編集 ]

やらせてあげてください

本人の気のすむまで、やらせてあげてください。
当日逆上がりができたならもちろんですが、できなくても、いい記憶になると思います。
(息子は当日もできませんでした)

  1. 2005/10/21(金) 18:54:01 |
  2. URL |
  3. わくわくふわく #-
  4. [ 編集 ]

娘さんの思い

逆上がり、わたしもできませんでした。やりたいとも思わなかったし、きっとできないと早々あきらめた子どもでした。
ビアンカさんの娘さん、きっと逆上がりに挑戦していくことそのものが目的なのでしょうね。もちろん、逆上がりができれば万歳!なのですが、できなくてもやっている途中でのここをこーして、ああ、もう一回と思える気持ちがあるのだろうな、と思います。記事を読んで結果が全てじゃないことを強く感じました。(よく言われることだけど)
運動会はお天気だといいですね。
  1. 2005/10/22(土) 10:56:05 |
  2. URL |
  3. kmy #0QcCB9ME
  4. [ 編集 ]

annaさん

応援ありがとうございました。

娘の粘り強さは本当に凄いと思いました。いつか、また別のところで発揮できるとよいです。
  1. 2005/10/23(日) 22:46:09 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

わくわくふわくさん

「お友達との連携プレーでいこう」と思えたことも、また、よかったのかもしれません。

応援ありがとうございました。
  1. 2005/10/23(日) 22:49:14 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

kmyさん

社会に出たら、結果で評価されるのは仕方がないことかもしれませんが、小さいうちは意欲を認めてやりたいです。

応援ありがとうございました。
  1. 2005/10/23(日) 22:52:35 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

ななななんと!
  1. 2005/12/04(日) 21:09:15 |
  2. URL |
  3. な!! #-
  4. [ 編集 ]

な!さん

はい。母親の私もそう思いました。
  1. 2005/12/05(月) 12:26:30 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/254-89f5ea16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。