わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本食の食べ方

喘息発作のため、二日連続で点滴して来ました。ああ~っ、空気を吸えるって気持ちいいねーっ。「空気のような存在」という表現がありますが、空気って侮れません。吸えて当たり前じゃないのョ。喘息患者は・・・

ということで日常生活(ブログ含む)に復帰です。でも、病み上がりなので、軽い話題で。


夫の両親は日本食が好きです。

義母は好奇心旺盛で、知らない味に挑戦するのが趣味。義父は健康オタクで、普段から食事は繊維やミネラルたっぷりの自然食派。「日本食はヘルシー」とのイメージから、私の作った料理を喜んで食べてくれます。

我が家に遊びに来るときには、
「今日はどんな料理が出るのかしらネ。ワクワク~」と言いながら来てくれるらしく、楽しみにしてくれると私も張り合いがあります。私、恵まれていますね。

でも、ちょっとだけ言わせてもらうと、彼らは日本食の食べ方をイマイチ理解していない部分があります。

「日本食は、ご飯とおかずで成り立っている」
「おかずは普通、複数ある」
ここまではとっくにわかっている。でも、なかなかピンと来ていないようなのは、
「ご飯には味がついていない」ことと、
「おかずの味はそれぞれ違う」こと。

どのおかずも、「美味しい、美味しい」と言って食べてくれるのですが(お世辞でも嬉しいです)、ご飯をお茶碗からそのまま口に運ぶことはしないのです。ジャーッとお醤油をかけるか、煮物の器の中にドップンと漬けて、味をつけてから食べたりします。

それから、トンカツを一切れフォークで刺して、それを煮物のつゆに浸してから食べたりもします。

うーむ・・・やっぱり、わかってないな~。それとなーく言ってみたりもしたけど、どうもピンと来ないらしい。

ドイツ食というのは基本的に一つのお皿に肉料理と、じゃがいもと野菜料理が一緒に乗っています。お肉にはグレービーソースをかけますが、このソースはじゃがいもの上にもかけます。そして、野菜の方にも流れていきます。野菜にはすでに味がつけてあることが多いので、そのままで美味しいし、ソースは不要な気がするのですが、ドイツの人はお肉もおいもも野菜も全部一つのソースにからめて食べるのが好きなようです。だから、ご飯に味がついていないとか、おかずの味を混ぜないというのは、わかりにくいみたい。

食堂などでは、サラダが一緒に肉やおいもと同じお皿に盛り付けてある場合があって、ソースがサラダのドレッシングとお皿の上で融合しているときがある。これは私には抵抗があるのですが、ドイツ人はあまり気にしないようです。

まあ、そんなことにケチをつけるのはやめましょう。ドイツ料理なのですから、ドイツ人が好きなように食べるのがよろしい。そして、ちょっとくらい日本食の食べ方が変でも、私の下手な手料理を喜んで食べてくれるのだから、つまらぬことに目くじら立てたりしないようにしましょう。

とは言うものの・・・・

あるとき、ヒドイことが起こりました。夫の両親のことではありません。別の方です。

若いドイツ人カップルが、「是非、日本食を食べてみたい」と言うので、家に招待しました。女性の方は、中華料理は食べたことがあるけど、日本食はまったくの初心者だという。何が食べられるかな、と悩んで決めた献立は5品。嫌いなものがあっても何かしら食べられるものがあるようにと、甘めの味、辛い味、しょっぱい味、酸っぱい味、などいろいろ考えました。彼らのやってくる何時間も前からキッチンに立ち、一生懸命作りました。

お箸は使えないそうなので、食べやすいように、テーブルの真ん中に料理を盛った鉢を置き、平たい大きなお皿に好きなものを自分で取ってもらうことにしました。小鉢に盛ったのではナイフとフォークでは食べずらいから。

「わあ、美味しそう。いただきまーす」と、早速おかずの器に手を伸ばしてくれたので、よかった・・・とほっとしたのですが。

女性のかた、お皿いっぱいにご飯とすべてのおかずを盛ったかと思うと、いきなりテーブルにあった醤油の瓶を取り、ジャーッと料理の上に回しかけたんです。味見もしないうちに。そして、ナイフとフォークを片手づつに盛って、ご飯とおかずを丁寧に混ぜ合わせ始めた・・・

ぎゃあーっ

それは・・・ビビンパではありませぬっ!

せ、せっかく作ったのに・・・一つ一つ、丁寧に味付けしたのに・・・

もう泣きそう!

私の顔がひきつっていたのでしょうか、彼女は私の方を向いて不思議そうにしました。
「何か変?」
「あの・・・それじゃ、味がまざって美味しくなくなっちゃう」
「え?私はいつもこうして食べるのよ」
そして、彼女は、あーおいしい!と言いながら、パクパクとその残飯もどきを食べていました。

ウワッ。と叫んでキッチンに駆け込み突っ伏したいのを必死で堪えていた私。食べ方を知らなかったんだから、しょうがないよ。本人がそれで美味しいと言っているんだからいいじゃないか。


でも・・・・あのときは、ほんとに悲しかったです。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/12(水) 15:49:59|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
<<ヘディングと脳の損傷 | ホーム | ゆとり教育に伴う「学力低下」についての補足>>

コメント

悲劇

それは、それは悲しいことでしたね。
誰にも悪意がないのに悲しみはある。それは悲劇だと思います。
ビアンカさんが醤油の君を恨んだりはしなかったと信じた上で、そのときのビアンカさんを気の毒に思います。
私がそのときそこにいて、お料理をおいしく食べられたらよかったなあ。
  1. 2005/10/12(水) 10:00:37 |
  2. URL |
  3. わくわくふわく #-
  4. [ 編集 ]

わくわくふわくさん

悪意がなくても、無知がゆえに、私もドイツ人やその他の人達を悲しませてきたのかもしれませんね・・・

そう思って、今後は醤油まぜまぜご飯程度のことは気にしないように致します。
  1. 2005/10/12(水) 10:16:25 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

異文化に耳を傾けたいです。

発作、本当に苦しかったとお察しします。お大事に・・・。

文化の違いとはいえ、醤油の方は、せめて、お料理をいただく前に、ビアンカ様の解説を聞いていただきたかったですね。

たくさんコメントして、ごめんなさい。

  1. 2005/10/12(水) 10:16:42 |
  2. URL |
  3. greenagain #-
  4. [ 編集 ]

greenagainさん

文化の違いはときどき悲劇をもたらしますが、過ぎ去ってしまうと「面白いエピソード」になるところがよいです。

あらかじめ解説を聞く、あるいは周囲の様子を観察することは大事ですね。かくいう私も、ドイツでゆで卵をスプーンで食べずにかぶりついて、みなに白い目で見られたことも・・・

コメントはいつでも大歓迎です。
  1. 2005/10/12(水) 10:21:53 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

うわ…

だって、ほら、日本人がずずずっとスパゲッティーを食べると、しろーい目で見られるじゃないですか。
それに通ずるものがありますよ…

いつもこうやって食べる、といわれても…

なんかなんでもおいしい、っていいそうってがっかりしちゃうな。
  1. 2005/10/12(水) 14:50:07 |
  2. URL |
  3. がるっち #yl2HcnkM
  4. [ 編集 ]

こういう人は

私は申し訳ないけど、こういう人には二度と日本のご飯を作らないでしょうね。
だって、ビアンカさんは「味が混じっておいしくなくなる」って説明したのに「私はいつもこうやって食べているのであるからよろしい」としたわけでしょ。これって何よ、って今、腹立ってますよ。
これこそ豚に真珠じゃないでしょうかね。

お大事に!
  1. 2005/10/12(水) 15:10:07 |
  2. URL |
  3. nyf1403 #RF3yK3PM
  4. [ 編集 ]

ぜんそくの点滴、大変でしたね。同じ時期だけに気持ちがよくわかるような気がします。お体、大事にされてくださいね。

食事についてのお話は(食いしん坊なので)、大好きです。ドイツの方の食べ方というのは違うのですね。なかなか異文化の料理も自己流に食べると失礼にあたるように思えます。ちょっとした旅館料理でも小鉢にいくつも前菜がでたりして、そういうのも混ぜちゃうんでしょうか。想像しただけでがっかりです。
  1. 2005/10/12(水) 17:43:47 |
  2. URL |
  3. kmy #0QcCB9ME
  4. [ 編集 ]

がるっちさん

インド人は料理は混ぜ混ぜすればするほど味がよくなると考えるそうですが・・・

でも、作った私としては、作った人が考えるベストの状態で食べてもらいたかったから、残念です。
  1. 2005/10/12(水) 18:47:52 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

nyf1403さん

その後彼女からは二度と、「日本食作って」とは頼まれませんでした。

ホッとしたような、無念なような・・・

あのときの私の落胆を覚えているのか、いまでは夫がお客さんに「こうやって食べるんだよー」と解説してくれて、助かっています。
  1. 2005/10/12(水) 18:53:08 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

kmyさん

アメリカではテーブルで自分で料理に塩・胡椒して構わないようですが、日本ではそれは失礼にあたりますよね。

その辺りの感覚など、微妙に違うのでしょうね。

タイ人の友達は、「日本食は味が薄いね。ナンプラーある?」とよく聞いてきましたし、日本人も外国でお魚食べると、「あ~、醤油かけたい!」と思っちゃったりしますね。
  1. 2005/10/12(水) 19:01:47 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

こんにちは。とても良く分かります。
日本食は小鉢で別々に全てのお料理を一度にだすので、外国の方はどれから食べたら良いの?って困られますよね・・・

私は義母に、「和食はお皿一杯洗わないといけないから大変ね。」って一言それだけ言われました。勿論もう和食は作るつもりはありません。(笑)
  1. 2005/10/14(金) 00:17:16 |
  2. URL |
  3. tnk_atk #-
  4. [ 編集 ]

tnk_atkさん

そうなんですよね。夫も最初の頃は、「どれを最初に食べればいいの?」「どうしておかずが冷えてるの?」って不思議そうでした。

洋食はお皿一枚、それも食洗機に入れるだけ。確かに楽・・・
  1. 2005/10/14(金) 08:04:36 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

あっら、知らなかった。

しばらくブログ休んでたので、ビアンカさんが病気だったとは知りませんでした。すみません。
今は大丈夫ですか?喘息だったとは本当に大変でしたね!
体にはお気をつけてくださいね!

  1. 2005/10/17(月) 11:17:45 |
  2. URL |
  3. anna #-
  4. [ 編集 ]

annaさん

ありがとうございます。もう大丈夫で~す。

  1. 2005/10/17(月) 12:08:43 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

フィンランド人も同じです

はじめまして、どこから到達したのか、こちらへお邪魔しました。
フィンランドに住んでいるみぃぴょんです。  日記を読んで・・・こんなことをされたらほんとに悲しいし、腹がたちますよね~。
ドイツ人もそうだとは知りませんでした。フィンランド人だけかと思ってました。 寿司は醤油の中で泳いでいるし、食卓に出すと、一回の食事で1ビンがなくなるとか・・・(大げさですが)
 おかずは何でもご飯の上に乗っけて醤油かけて、野菜も肉もじゃがいももドレッシングもグチャグチャで食べてます。

  1. 2005/10/18(火) 18:18:21 |
  2. URL |
  3. みぃぴょん #DaqWDIIE
  4. [ 編集 ]

みぃぴょんさん

はじめまして。フィンランドからようこそ!

フィンランド人は塩辛い味が好きですか?

ドイツ人は塩辛い味が好きなので、私は最初、ドイツ料理を食べると喉が渇いて大変でした。
  1. 2005/10/18(火) 20:00:03 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

すてきなブログですね

はじめまして。検索をしていて偶然に辿り着きました。ドイツ留学中の者です。ステキなエントリがいっぱいですね。

今日は記念の足跡をかねてこちらにひとことコメントをしていこうと思います。私も似たような経験があったので。私も、いろいろな味のものを作っておいたのですが、ちらしずしとお味噌汁を同じお椀にとっているドイツ人を目撃したときには本当に泣きそうになりました。「すごく美味しい!」って目を輝かせて感謝されたりすると「食べ方が間違っている」とも言えず...

これからちょくちょく訪問して過去ログも読ませていただきたいと思います。
  1. 2005/10/30(日) 07:30:19 |
  2. URL |
  3. Kyuco #VzDAxtl.
  4. [ 編集 ]

Kyucoさん

初めまして!

ちらし寿司とお味噌汁のミックスですか。それはガッカリですね・・・

これからもどうぞよろしくお願い致します。



  1. 2005/10/31(月) 10:42:45 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/241-2b63b88d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。