わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ポイントカードって

2002年に帰国して、初めて買い物に行き、レジでこう言われました。
「ポイントカードはお持ちですか?」
ポイントカードという言葉を、私は知りませんでした。日本を出た1990年よりも以前には、ポイントカードという言葉は使われていなかった気がします。ポイントカードというものも普及していませんでした。スタンプカードとか、台紙にシールを貼っていくようなものはありましたが。

まあとにかく、ポイントカードなるものがあるらしく、ポイントがたまるとお得だと説明されたのですが、財布の中がカードだらけになったり、支払いの段になって正しいカードを取り出すのにまごつくのは嫌だし、頑張ってポイントを貯めてもそれほど大した特典はなさそうなので(というか絶対に店が得するようにできてる気がする)、行きつけの美容院のポイントカードくらいしか持っていなかったんです。

でも、今日買い物のときレジでボーっとしていたら、「ポイントカード申し込み用紙」が用意されていました。そうしょっちゅう行く店でもないので要らなかったんだけど、別に断ることもないかなと思ってボールペンを受け取りました。そして用紙を見てちょっとびっくり。だって、名前の他にこんなことを書き入れる欄があるんだもん。

住所・電話番号・生年月日・メールアドレス・職業

どうしてこんなこと書かなくちゃいけないの?一体何の権利があって、赤の他人が私の年齢や電話番号やメールアドレスを聞き出そうというんだろう、と思ってしまった。一瞬迷って、とりあえず名前と住所と誕生日(年は省略)だけ書いてレジ係りに渡すと、「電話番号は必ず書いてください」と言います。「書かなければいけませんか?」「あ~ちょっと登録に必要なんでー」
たぶん、電話番号の末尾をコンピューターに登録するとか、そういうことなんだろうな~とは思ったけど、「ちょっと必要なんでー」という説明でみんな簡単に電話番号を教えてしまうものなのだろうか。生年月日や職業は「客層把握」のためのデータで、住所やメールアドレスはダイレクトメールを出すため?あるいは聞くだけ聞いておいて別に何にも利用しないのかも知れないけど・・・

でも、今の日本、あっちでもこっちでもポイントカードだの顧客登録だのあって、そのたびに気安く個人情報を与えるのって、なんだか納得いかないのですが。

みなさんは真面目に記入していますか?
スポンサーサイト
  1. 2005/05/21(土) 21:26:12|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「特殊な国、日本」という幻想 | ホーム | 痒くてもどかしい日本語>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/24-ec82fce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。