わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

息子の成長記録

今日は、息子の10歳の誕生日でした。

生まれてもう10年も経つんだなあ。よく今まで元気に育ってくれたなあ。月並みではありますが、感慨深い記念の日です。

息子はローストチキンが好物です。鶏の丸焼きなんて手の込んだ料理、クリスマスでもないと作らないのですが、なんといっても10歳です。ちょっと特別な日なんだからと思って、作ってやることにしました。彼の希望通り、お腹にりんごと栗の詰め物をして。

しかし、この料理は時間がかかります。ケーキを焼くのにもオーブンを使うので、順番に焼かなければならず、ご馳走は晩御飯にすることにしました。お昼は簡単に、鮭のおにぎりを握って、昨日の晩御飯の残りを添えて・・・

「あ~、お腹空いた~」
そう言って、息子はおにぎりをパクついていましたが、突然顔色が変わりました。
「ウウーッ。ウッ、ウッ」
喉元を押さえて、目を白黒させてる。
「喉詰まったの?」
慌てて洗面所へ引っ張っていき、背中をドンドン叩いていると、そのうち口から何か出てきました。

海苔です。

おにぎりの海苔が喉にへばりついて、息ができなかった模様。

「ああ~っ。苦しかったあ。死ぬかと思った~」

は~あ。ここまで元気に育って来て、10歳の誕生日に海苔が喉に貼りついて窒息なんて、洒落にもならないですよ。まったく。

それに、今始まったことじゃないんです、こういうの。

私の実家には、「年末に変わったことをするとろくな目に遭わない」という変な言い伝えがあって、実際、大晦日に大怪我したり、大事なものを紛失したりという嫌な偶然が続いているんですね。ですから、縁起を担ぐわけじゃないけど、一年の終わりは穏やかに落ち着いて迎えようと、年末はあまり出歩かないことにしています。

しかし、過去数年の年末にも我が家は災難に見舞われています。そして、災難の種を蒔くのはいつも息子。


おととし。大晦日に実家へ帰るので、前日は家の大掃除をしていました。お昼ちょっと前でしたか、息子が「公園で遊んでくる」と言うので、外に出したんです。近所にある、その公園は、遊具は滑り台が一つ、ブランコが二つという小さなもの。毎日のように遊びに行っているところです。

息子が出て行って30分ほど後、お隣の子供が我が家のドアを叩きました。
「大介が転んで泣いてるから、すぐ来て!」
転んだくらいで何を泣いてるんだ・・・ブツブツ言いながら夫が様子を見に行きました。そして3分後・・・

「うわアーーーっ」という泣き声と、バタバタという夫の靴音。
「あんたは見るな!オレがすぐに病院へ連れて行く」

公園を走り回っていて、プラスチック製のベンチに激突。太股パックリ。8針縫合。

なんでこうなるかね。

歩けないので、実家行きは延期になりました。


去年の年末。

「公園には行っちゃダメ。今日はおとなしく家で過ごそうね」
「うん」
ほんとに、おとなしくしてたんです。
夕方、おやつが食べたいと言い出しましたが、おせち料理を作るのに忙しくて、おやつの用意はしてなかったんですね。仕方ないから、冷凍のたこ焼きを温めることにしました。レンジでチーン!ほい、アッツアツのたこ焼きだよ~。
「わぁーい。いっただきま~す」
何を焦ってるのか、息子は椅子に座りもせずに、たこ焼きを口に放り込んだ。
「ギャーッ!!!」

一体何が起こったのか把握できず突っ立っていると、息子は床に倒れ、もがいています。
「アツッ、アツッ、ウギャーッ」
出来立てのたこ焼きを丸呑みして、食道を火傷したんだと。

時計を見ると、もう4時過ぎてる。
「大晦日だから、病院もう閉っちゃったよ~」
しょうがないから、冷たい水を大量に飲ませる。息子は部屋の隅にしゃがんで青い顔をしていましたが、そのうち、グワッと変な声を出したかと思うと、たこ焼きがポロッと出てきました。どうやら、火傷だけじゃなく、たこやきがつっかえてもいたんですね・・・

可哀想に、大晦日のご馳走も、おせち料理も息子は食べられず。

それもこれも、年末になると不吉な風が我が家に吹き込んでくるからかと思っていましたがね~。そこに今日の海苔貼りつき事件でしょ。どうやら悪いのは息子自身のようだ。

こんなに背丈も伸びてと喜んでいたのに。内面の成長はどうなっているんでしょうか・・・

先の思いやられる子です。




スポンサーサイト
  1. 2005/09/23(金) 14:24:23|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<コミュニケーション力 | ホーム | コミュニケーションに関する我が家の悩み>>

コメント

でも・・・

でも、家を飛び出してどっかに行っちゃうムスメのことを心配してた親が昔いなかったっけ?
  1. 2005/09/23(金) 20:19:48 |
  2. URL |
  3. panics #-
  4. [ 編集 ]

panics さん

あはは・・・いましたいました。

結局、子供がどんなふうでも心配するんですね。

親とは愚かなもんですね。
  1. 2005/09/24(土) 07:06:07 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

息子さん、お誕生日おめでとうございます。子どもができると自分の誕生日よりもずっと大事な日になりますね。
それにしても、驚くようなことをするのはいつも息子さんなんですね。子どものころ、何かしでかして大変な怪我をしては親を心配させていた姉を思い出します。上の子のほうが何かと大胆なのでしょうか。
手の込んだローストチキン、ご苦労様でした。(詰め物入り、おいしそうです)
  1. 2005/09/24(土) 16:11:08 |
  2. URL |
  3. kmy #GaU3vP2.
  4. [ 編集 ]

kmyさん

私自身も第一子なんですが、やはり親に心配ばかりかけた気がします。

下の子は要領がいいってよく言いますよね。上の失敗を見て育つので、いろんな面で匙加減を心得るのでしょうか?
  1. 2005/09/24(土) 21:36:37 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/226-f8d84eb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。