わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コミュニケーションに関する我が家の悩み

我が家では、日常的に日本語とドイツ語が飛び交っています。でも、両方の言葉を充分に話すのは、私と息子だけ。夫は日本語がダメで、娘はドイツ語がダメ。夫がドイツ語で言うことを娘は理解しますが、日本語で返事をするので、夫は理解しない。だから、私か息子が通訳しなければなりません。

ちょっとメンドウですが、それでも家庭生活は成り立っています。家庭内で通訳をしても、ギャラはもらえません。でも、夫に「オレは語学の才能がないからさ~。頼むよ、あんたたちには才能があるんだから」とかなんとか、おだてられて無償奉仕してます。

でも、ときどき、3ヶ月に一度くらいなんですが、
「なんだよー。ふざけんなー!!」
って、通訳を拒否したくなってしまいます。

「ドイツに住んでいたときは、誰も私に通訳なんてしてくれなかったよ」
「言われたことがわからなければ、自分で辞書を引いて調べたよ」「日本の衛星放送だって、高いからと見せてもらえなかったし、日本語の新聞だって取ってなかったよ」
「そして、そのことで私は文句を言わなかったよ」

と、口から出ちゃうときがある。

すると夫は、
「そんなこと言ったって、オレが語学苦手なの知ってるでしょ。あんたが苦労したのは認めるよ。でも、もうすでに習得したんだから、出し惜しみしなくてもいいじゃん。自分が大変だったからって、人にまで同じ苦労を強要するなんて了見が狭いよ」

うう・・・確かにその通りです。

でも、私だって、私だって・・・・

「ドイツ語話すの面倒くさあ~い!!」
ってときはあるんですよ。

ドイツに住んでいた頃は、子供と話すとき、日本人の知人と話すとき以外はずっとドイツ語でした。だから、私の脳はデフォルトでドイツ語に設定されていて、必要に応じて日本語に切り替えていました。ドイツ語に設定されているので、夫とドイツ語で話すことは苦痛ではありませんでした。

ところが、日本に来たら、夫以外のすべての人と日本語で話すので、脳はデフォルトで日本語になっています。疲れていて眠かったりすると、込み入った話をドイツ語でするのが面倒です。

夫に何か質問されて、私がいい加減に答えると、
「なんでちゃんと喋んないのっ」と怒られます。
「だって、ドイツ語喋りたくないんだもん」
「そういう意地悪やめてよ」
「意地悪じゃないよ」
「意地悪だよっ」

だからね、デフォルトが・・・と、夫に理解してもらいたくても、それをドイツ語で言わなくてはならない。それが面倒。

あなたが「日本語をおぼえたくない」というのを私は受け入れてるでしょ。だったら、私が「ときにはドイツ語を喋りたくない」というのも受け入れてください。

と、いうこともドイツ語で言わなければならない。

「なんで私ばっかりっ!」

正直、ちょっと嫌になります。

夫は、いまだかつて一度も辞書を引いたことがありません。わからない単語をメモしたこともありません。日本語の本も読んだことがありません。道路標識もローマ字でなければ見ません。

お喋りが大好きで、日本人も大好き。だから結構、人とは喋ります。でも、間違っても気にしないタイプなので、何年経っても同じ間違いを延々と繰り返しています。

日本語能力試験の前には机にかじりついていますが、勉強の仕方にすごく問題があります。漢字の読み問題は出るけど、書き問題は出ないというので、私に漢字を一つ一つカードに書かせ、それを眺めているだけ。

「あのさー、漢字は書いた方がおぼえるよ」
そうアドバイスしても、
「いいのっ!書きは出ないんだから、無駄な労力使いたくないよ」
試験には受かりたいが、無駄なエネルギーは1カロリーたりとも消費したくない。そう思っているらしい。

まあ、それでもいいでしょう。私がとやかく言うことじゃない。彼が日本語に興味がないのは仕方がないことで、興味がないことをやれなんて言いません。できるようになって欲しいとも、そんなには思わないです。

だって、私だって、いまだにビデオの録画の仕方を覚えてない・・・夫がいなければ、ブログに写真もアップできない・・・ヒーターのタイマー設定もできません。

でも、「才能がないから」で片付けられると、なんだかな~。もしかしたら、本当に才能がないのかもしれないけど。私の方がちょびっとは「才能がある」かも知れないけど。

もしも私が「語学の才能がない」と言って、辞書も引かず、子供の学校の先生とも話ができず、ゴミだしカレンダーも読めず、ニュースについて感想も語れず、あなたの両親から電話がかかってきても伝言ができないまま、ずっとドイツに暮らしていたら、あなた困ったでしょう?

と問いかけたいけれど、これもドイツ語で言わなきゃ。

「そんなにグダグダとドイツ語で文句が言えるのなら、オレの最初の質問にドイツ語で答えるくらい、なんでもないじゃないか」

はい、その通りです。

ごめんなさい。ちょっと日本語で愚痴ってしまいました・・・






スポンサーサイト
  1. 2005/09/22(木) 11:42:07|
  2. 言語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<息子の成長記録 | ホーム | 正しいお肌のお手入れ法>>

コメント

こんにちは。
最初に相手の言葉を習得した方が「損」すると思います。私達はドイツで暮らしているので、ドイツ語のみですが、それでも、パートナーの母国語を覚えようとしてほしいな、と思った頃もありました。「あなたは自由意志でドイツに来て、ドイツ語を勉強したんでしょ」といったので「アンタは自由意志で私と結婚したんだろが」と返し、これは今でもいじめの材料です。
しかし、ご主人様も筋金入りですね、さすがドイツ人、というのは、うぅ、褒め言葉にはなりませんね。
  1. 2005/09/22(木) 15:38:27 |
  2. URL |
  3. nyf1403 #-
  4. [ 編集 ]

nyf1403さん

そうなんですよね。この「自由意志で」ってのがクセモノなんですよね~。

私、確かに語学は嫌いじゃないです。でも、うっかり「好き」と認めてしまったがために、「好きなんだからいいじゃん」と損な役をやらされている。

「語学なんて死ぬほど嫌いだけど、あなたのために頑張って覚えたの」と言っておけばよかったです。
  1. 2005/09/22(木) 16:38:34 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

里帰りの時

うわー、これすごくわかりますね。私は日本に里帰りした時にこれに似た状況になります。バカンス(つまり休暇ですよ、休暇)で来ているというのに四六時中通訳状態になるとさすがに「いいかげんにしろー」と言いたくなります。私の場合、夫と私の間だけでなく、私の家族と夫との通訳もあるわけで、実家にいてもちっとも休まりません。それもこれも「自分で好きで外国人と結婚したんでしょ」といわれると何も言えず・・・。つらいですね。
  1. 2005/09/22(木) 17:42:05 |
  2. URL |
  3. ふらんす #-
  4. [ 編集 ]

私の家内(タイ人)とはいつもタイ語で話しています。
決して私のタイ語がうまいわけではなく、下手な日本語を聞くといらいらするときがあるんですよね。
今は家内がいらいらしています。
問題は、私の息子だな。
6歳になるのに日本語が全然わからない。
日本語教えなければと思っているんですけどね。
  1. 2005/09/22(木) 20:01:06 |
  2. URL |
  3. Toshi@タイ #-
  4. [ 編集 ]

おまけなんですが、
この前日本に行ったとき、家内が日本の化粧品を買うのにつきあっていたんですが、化粧品の種類、タイ語で説明なんて出来ませんて。
おそらく辞書にも出ていないんじゃないでしょうか。
  1. 2005/09/22(木) 20:03:17 |
  2. URL |
  3. Toshi@タイ #-
  4. [ 編集 ]

ふらんすさん

せっかくのバカンスが~。お気の毒に・・・

自分の調子がいいときは何でもないことでも、疲れていたりすると、キャパシティ超えちゃうんですよね。

  1. 2005/09/22(木) 20:22:12 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Toshi@タイさん

下手な日本語にいらいら・・・ありますね、そういうのも。

化粧品用語が訳せない・・・わかりますよ!私も、日本に来たときにインターネット電話とかADSLの接続の説明書を訳せと言われて、「そういうものがあると今まで知らなかったのだから訳せない」と言ったら「役に立たないなー」と文句言われました。
  1. 2005/09/22(木) 20:29:40 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

おもしろいです

 ドイツ人も他の国の人と同じく愚かな欠点を多く抱え込んでいるんだな、ということが良く判りました。
 とくに最近のドイツの国内事情(政治などの)見ているとなんでこんなにと思うことも多かったのですが・・・。
 笑っちゃいけないけど、フフンて感じです(^_^;)

さり気なく、日本人には離婚には抵抗感がないのョ~、って教えてあげとくべし(^_^)b
  1. 2005/09/23(金) 00:32:01 |
  2. URL |
  3. panics #-
  4. [ 編集 ]

耳痛いです・・。

ご主人もがんこですね~(笑)。

うちは逆のパターンかも。と言うのは、オットもオットの家族も日本語ができるし、バンコクに住んでいたら、タイ語できなくても生活できちゃうんですよ。だから何年たっても進歩無し(私がです)。
ちゃんと勉強します。
  1. 2005/09/23(金) 11:28:10 |
  2. URL |
  3. COCO #-
  4. [ 編集 ]

panicsさん

そうですね。日本人でもドイツ人でも何人でも、みなやはり人間的というか、完璧ではありませんねー。悪口なんて書いてしまいましたが、そういう私もね・・・

ま、そこは、未熟な人間同士、助け合って・・・

あれれれ?
  1. 2005/09/23(金) 14:49:15 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

COCOさん

人間、頼るところがあるとつい・・・ですよね。夫は本当に語学が苦痛らしいので、あんまり虐めては可哀想なんですけど。誰でも苦手なことってありますしねー。

でもCOCOさん。タイ語のような響きの美しい言葉。私は憧れです。ちょこっとは喋られますが、いつの日かペラペラになりた~い!
  1. 2005/09/23(金) 14:54:51 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/224-f453cae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。