わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

異文化巡りして来ました

大阪・名古屋の旅から戻りました。

出かける直前は台風接近と聞いて一瞬やめようかと思ったけれど、大阪は小雨、名古屋は晴天で、まったく支障なし!でも、帰宅したら、家の前に小枝や葉っぱが大量に落ちていてびっくりしました。埼玉は暴風雨に見舞われたのですってね。長野へ合宿へ行っていた娘も、「雨はちょっとしか降らなかった。山登りして楽しかった」のだと言っておりましたが。

さて、大阪の「みんぱく」ですが、相当なコレクション。丁寧に見ていたら、いくら時間があっても足りません。特設展示場ではアフリカのストリート・アート展をやっていて、ブラックアフリカを知らない私にはとても興味深かったです。売店にも世界のいろんな民具がお土産として並べてあったり、図書コーナーも面白そうな本で充実していたので、あれこれ物色してきました。

今まで見た文化人類学博物館の中では、かなり良かったですが、気に入らなかったのは、場所が悪いのと、展示の説明が少なすぎたこと。もうちょっと詳しい説明があったらよかったんですがね・・・

そして翌日。行ってきました。EXPO2005。企業パビリオンはには目もくれず、外国館だけに的を絞って回りました。それでも全部は見切れなかったんですよ~。平日だというのに、かなりの人出。一番人気だというドイツ館なんて、180分待ち!
「冗談じゃない。バカバカしい!」と、普段ならあっさり背を向けるところですが、気楽な単独行動、急いでいるわけじゃないし、夫の国の展示なんだから見てやるべ、と根性で並びました。並んでいる間は、他のパビリオンからもらってきたパンフレットなど読みふけっていたので、案外早く過ぎたんですけど。

ようやく順番が回ってきて、待ちに待った噂のハイテクカーに乗ってドイツの誇る素晴らしい(らしい)展示場を一巡したんですが・・・

「ほう。これは・・・スッゴ~イ!!!・・んだよねぇ?」

で終わっちゃった。技術的素養がないもので、よくわからなかったんです~(泣)素養がないということは、人生の損。三時間待った挙句に得たものは、「私って、なんて馬鹿」と気づいたことだけだったなんて。嘆かわしい。

EXPOテーマは「自然の叡智」だったらしいですが、ああやって一つのテーマでいろんな国が展示をするって、まさに「世界文化祭」。見ていて楽しかったです。それぞれアピールしたいものが違って、価値観の違いが表れていて面白い。

私が特に興味を惹かれたものをいくつかご紹介しますと・・・

おっとびっくりメキシコ館  メキシコへは、アメリカ南部からグレイハウンドの長距離バスでちょこっと訪れたことがあるだけですが、なんとなく素朴な国というイメージを持っていました。ところが中に入ると、「え、メキシコってそうなんですか?」と驚くほどの洗練されたアートな空間。自然の神秘と民俗文化の色彩が織りなす幻想的世界。かなり気合が入ってました。

不思議の世界トルコ館  幾何学模様がテーマの展示で、館内はいろいろな形のオブジェで飾られ、楽しかったです。息子に見せたかった~。

ハイセンスなグッズ、オンパレードのタイ館 展示はそれほどでもなかったのですが、商品コーナーに並べられた小物があまりに美的なのでウットリしてしまいました。タイ人はもともとセンスがいいのでしょうが、タイの民芸品って以前はもうちょっと野暮ったさがあった気がします。いつの間にこんなにお洒落に・・・!?

発想はいいけど・・・シンガポール館 熱帯国シンガポールでの生活を知るという発想で、スコール体験をさせてくれます。ビニール傘をさして館内に入ると、スコールの映像とともに天井からジャーッと水が降ってきて笑えるのですが、しょっちゅう台風に直撃されている日本人にはそんなに面白くもない気が・・・

見応えあったよ韓国館 展示も素敵でしたし、3Dビデオも楽しめました。韓国って凄いっ!でも、個人的には「ヨン様パネル」はなくてもよかったかな~。

他にも、アクセサリー屋に徹していたイェメン館や、野郎ばかりでなんとか華やかさを出そうと頑張っているカタール館、キラキラ綺麗なモロッコ館など、どれもそれぞれ楽しく拝観しました。

だけど、一番私の心に残った展示は、この国のものです。

ブータン王国

お金がかかっているわけでも、趣向が凝っているわけでもない、素朴で質素なパビリオンでしたが、足を踏み入れた途端、そこに漂う優しい空気に心が和み、しばらく立ち止まって静かに展示を眺めていました。

「GNP(国民総生産)よりもGNH = Gross National Happiness(国民総幸福)を目指す」というブータン王国。少し前に、慶長さんのブログ「ワシントン通信2.1」でこの国について読ませて頂き、興味を持っていたのですが、自分達人間を自然の中の一要素として位置づけているブータンの人達の展示を見ていると、「本質」という言葉が頭に浮かびました。いつか、訪れてみたい国です。

丸二日間歩き回って、クタクタ。あっちこっちと遊び歩きながら、「人間って奥深いよな~」「世の中にはまだまだ面白いことありそうだな~」って感じた、小さな異文化旅行でした。
スポンサーサイト
  1. 2005/09/07(水) 23:21:56|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<子供の言語習得 | ホーム | 一人旅、決行します!>>

コメント

お久しぶりです!

EXPOに行ってきたんですね。確か9月一杯までですよね。私のギリシャの友達がEXPOで今働いているので是非行ってみたかったのですが、すごい人波っと聞いてちょっとひいてましたが・・・
やっぱりビアンカさんの話聞いたら行きたくなった!
来週あたりでも行ってみようかな~~~^^
  1. 2005/09/08(木) 13:34:02 |
  2. URL |
  3. anna #-
  4. [ 編集 ]

私も行きましたよ、EXPO。同じく企業館は最初からパス。フランス館はつまらないという評判だったのでこれもパス(夫は行ってきましたが「やっぱりつまんなかった」とのこと)。マンモスや恐竜ロボット、子供の水遊び、野外でのコンサート、中国館での演奏、アジアのパビリオンをちょこちょこ、という子供中心の見学でしたが結構楽しかったです。
  1. 2005/09/08(木) 16:50:51 |
  2. URL |
  3. ふらんす #-
  4. [ 編集 ]

annaさん

お久しぶりです。ネット接続して、よかったですね。annaさんとお話できなくて寂しかったです。

万博、混んでいました。きっと週末はもっと・・・

混んでいても入りたいパビリオンには、夜行くと比較的空いているようです。韓国館も昼間は激混みでしたが、9時頃に最チャレンジしたら、すぐに入れましたよ。
  1. 2005/09/08(木) 20:10:50 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

ふらんすさん

フランス館はドイツの隣で、疲れ切っていたので再び並ぶ気力がなく、パスしましたが、フランスのお菓子(カニュレというもの)は食べてきました。美味しかったです。

EXPO、いろんな楽しみ方があるのでしょうね。体験コーナーや野外観察コースなども楽しそうですね。
  1. 2005/09/08(木) 20:27:41 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

みんぱく、いいですね!

はじめまして!
nyf1403さんの所からやってまいりました。
みんぱく、私も去年の9月に行ってきました。世界旅行している気にさせるほどの大量の展示物に圧倒されました。一日では見切れないです。
おっしゃるとおり、もう一工夫あると盛り上がる博物館ですね。
  1. 2005/10/02(日) 18:21:03 |
  2. URL |
  3. greenagain #-
  4. [ 編集 ]

greenagainさん

はじめまして。ようこそ!

みんぱく、「日本」の展示部分だけでも、相当ですよね。インドのリキシャやフィリピンのド派手タクシー、東南アジアのラーメン屋台などが鎮座していて、楽しかったです。
  1. 2005/10/02(日) 20:07:07 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/216-37ae389b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。