わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本の喫茶店文化

コーヒー党の母のお供をして、私は子供の頃からよく喫茶店に出入りしていました。もちろんコーヒーは飲めませんでしたが、レモンスカッシュを頼んでもらって、中のさくらんぼを食べるのが楽しみでした。

中学・高校時代も、母と街に買い物へ行った帰りには、喫茶店で何か飲んで帰るのが習わしのようになっていました。そのため、喫茶店は私にとって一種の原風景であるらしく、私は今でも喫茶店というものがとても好きです。

日本にはいろんな種類の喫茶店がありますね。

狭い店内に挽きたてのコーヒー豆の香りが満ち、客は自分の好みの豆を選んで煎れてもらう、コーヒー専門店。

ソファーが置かれ、コーヒーを飲むよりも打ち合わせの場として使われるような喫茶店。

待ち合わせ場所として利用されがちな駅前のチェーン店。

パン屋やケーキ屋が併設している喫茶コーナー。

脱サラした人が経営する、こだわりの店。

喫茶店と呼ぶよりカフェと言ったほうがしっくり来る、洒落たアンビエンテの店。

学生の溜まり場になっている喫茶店。

そうそう、マンガ喫茶というのもありますね。


他にもいろんな種類の店があるんだろうなあ。


私の好みの喫茶店は、うるさいBGMが流れていなくて、おばさん連中が大声でお喋りしていなくて(ときには、自分がおばさん連中の一人として現れることもあるが・・・)、奥まったコーナーがあって好きな本を読みながら一人で何時間でもいられるようなお店。

引っ越すたびに、好みの店を探して周辺にある喫茶店をシラミ潰しにしたりします。なかなか気に入ったところがないとがっかり。

ドイツでも、喫茶店めぐりは私の好きなことの一つでした。コーヒーを飲みケーキを食べることは、ドイツ人の生活において重要な位置にあるようで、どんな田舎町にも一つか二つはカフェがあったように記憶しています。日本の場合、観光地を除けば田舎で喫茶店を見つけるのはなかなか難しく、ドライブの途中に夫が「そろそろコーヒーとケーキの時間だから、カフェに寄って休もう」と言い出しても、目につく看板は蕎麦屋ばかりだったりする。やっとコーヒーの飲める店を見つけても、食堂のようなところだったり、ケーキは置いていないことも多くて、夫に「も~う!日本にはカフェ文化ってないのかなあ」って愚痴られることも多いのですが・・・

だけど私が思うには、日本にもちゃんと「喫茶店文化」があるよ。ドイツではあまり見かけないタイプの喫茶店が日本人の生活の一部として根付いています。

たとえばこういうお店に夫を連れて行きました。

小さなお店の中にはカウンターと、テーブル席が一つ二つだけ。カウンターの後ろにマスターが立ち、棚には様々な形や柄のカップがずらりと並べられている。その中から一客を選んでコーヒーを煎れながら、マスターは客の一人一人と会話します。
「どこからいらしたんですか?」夫も訊ねられ、しばらくお喋りを楽しみました。そのうち、常連客らしい別の客が入ってきて仲間に加わり、素敵なひとときでした。
「客が喫茶店の主人との会話を楽しみに通う喫茶店って、ドイツではあんまりないかもなあ。でも、なんかいいね、ああいうのって」
夫の感想。

それから、いわゆる「ギャラリー喫茶」。手作りの陶器や染物、小物などが並べられ、自家製のお菓子が食べられるようなお店。プロの作家の作品を置いてある店もあれば、主婦が趣味で作ったものを自宅の一部に並べている店もあって、それぞれに楽しい癒しの空間です。私はそういうギャラリー系喫茶店が大好きなのですが、ドイツでは見かけません。

もしももしも、いつか自分が喫茶店を経営するとしたら、どんな店がいいかなあ。

そんなことをちょっと考えてみたりするのですが、頭に浮かぶイメージはこんなふうです。

「ライブラリー喫茶」。

店内の壁には本棚がずらり。座り心地のよいフカフカの椅子を置いて、お客は本を読みながら何時間でもいられるような空間。並べてある本はいろんな言語のもので、そう、つまりいろんな国の人間がごちゃごちゃと混在し、お喋りを楽しんだりもできる場所にしたいのです。客が本を持ち込んで、読み終わったら置いていくようなラフな形式で。場所は人種の坩堝である大都市の真ん中か、あるいは自然の美しいどこかのリゾートがいいでしょうか・・・

ま、単なる空想ですけどね。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/23(火) 11:00:50|
  2. 日本
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:10
<<「理屈っぽい」って・・・ | ホーム | 土のクレヨン>>

コメント

日本の喫茶店

アフタヌーンティーという店がありますよね。ここは私達のお気に入りで、オットは私が買い物しているとき、ここで紅茶をポットで頼んで、本を読んだり、ぼけ~っとしていたりしていました。こういう喫茶店、ドイツに欲しいね、って話します。
たしかに、ドイツは相当な田舎にいってもケーキとコーヒーのお店がありますね。オヤツがおまんじゅうでなくケーキの文化だからでしょうか。
  1. 2005/08/24(水) 02:28:53 |
  2. URL |
  3. nyf1403 #RF3yK3PM
  4. [ 編集 ]

nyf1403さん

ああ、アフタヌーン・ティー、いいですよね。そういえばドイツにはああいう、ライフスタイルコーディネートというか、小物屋さんカフェがあんまりありませんよね。

チボーカフェっていうのがもしあったら・・・・う~ん、やっぱりちょっと違うか。
  1. 2005/08/24(水) 06:52:12 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

お久しぶりでした☆

東京にもステキなカフェが何気にありますよね。ブログ仲間におしゃれなカフェに詳しい人がいるのでいつも感心しながら見入ってしまいます。

夏はカナダ~アメリカで過ごし33日ぶりにブログ復活しました。留守中に予約投稿していた記事にコメントいただきありがとうございました☆そういうわけで留守をしていたのでお返事遅れてごめんなさい。。

またよろしくです☆
  1. 2005/08/24(水) 15:41:31 |
  2. URL |
  3. contenta #-
  4. [ 編集 ]

こんにちは

最近はスタ○とかドトー○のようなコーヒーショップが増えて、落ち着ける喫茶店がめっきり少なくなりました。こういうコーヒーショップはちょっと一服したい時には便利だけど、その空間に身を置いてのんびりとリフレッシュするという感じではないんですよね。

昔ながらの喫茶店文化が変わりつつあって、淋しいな。そういえば、「サ店」という言葉も以前ほど聞かなくなった気がします。
  1. 2005/08/24(水) 18:33:05 |
  2. URL |
  3. Tompei #4uAjNfEA
  4. [ 編集 ]

Contentaさん

おかえりなさい。

旅行のお土産話、読みに伺いますね。こちらこそ、またよろしくお願いします。
  1. 2005/08/25(木) 19:13:35 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Tompeiさん

そうですね~。時代とともに喫茶店文化も変わっていくのでしょうね。

「サ店」・・・懐かしい響きです。お茶を飲むところ、という以上の何かがありますよね。今の若い人たちは喫茶店を何と呼ぶのでしょうか?
  1. 2005/08/25(木) 19:15:36 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

まさにそういうカフェ

図書館カフェなるカフェがローマにありましたので、TBさせてください。でもほとんどイタリア語の本ばかりでしたが。英語は料理の本くらいでした。
  1. 2005/08/30(火) 03:52:29 |
  2. URL |
  3. yuranoto #-
  4. [ 編集 ]

ええぃ、昨日はもう少し記事を読もうと思ったのに、ディナーだからブログを閉じろと、、。(内輪の話ですんません。)

まさにライブラリー喫茶という名前のカフェがうちの近くにあります。入ったことはないです、どうも日本の漫画喫茶のイメージがわいてきて。。。でも、ダウンタウンにあるクリントン前大統領も立ち寄った本屋の老舗、エリオットベイブックストアは、店の地下にカフェがあり、本棚の古本に囲まれてテーブルがあります。 本に囲まれるってなんて落ち着くんでしょうねー。
  1. 2005/08/30(火) 04:58:43 |
  2. URL |
  3. すまいる #TwO4yE0Y
  4. [ 編集 ]

yuranotoさん

TBありがとうございます。ローマにはあるんですねえ。いいなあ。

私は旅行中に、旅行者が不要になって置いていった本のコーナーのある喫茶店で、いろんな国の人がおしゃべりしたり情報交換しているのを見て、「なんか楽しいな~」って思っていました。

それで、そういうところの女主人になるのに、ちょっと憧れています。
  1. 2005/08/30(火) 16:18:32 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

すまいるさん

すまいるさんのお住まいのところにもあるんですか。

ドイツでも大きな書店にはソファーが置いてあったり、喫茶コーナーもありますが、古本のコーナーは見かけたことないです。

個人が買った本じゃなくて、店にある古本だと、他のお客が読んでいても「あっそれ、ちょっと見せて」とか言って会話ができそうで、楽しいと思うんですよ。
  1. 2005/08/30(火) 16:24:23 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/210-fcc67976
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BIBLIカフェ

多くのイタリア人は1日に1回以上はバール(カフェ)でコーヒーを飲む。でも、日本ではカフェで読書とか普通にできるけど、イタリアで、そんなカフェは数少ない。カフェ(バール)はコーヒーをささっと飲むためで、ゆっくり座っておしゃべりできる店のほうが少ない。まして
  1. 2005/08/30(火) 03:50:41 |
  2. ローマの平日@裏話

レモンスカッシュのなぞ

先日大阪で電車の時間待ちをする間、デパートの喫茶店に入りました。久しく飲んでなかった、青春の飲み物「レモンスカッシュ」を注文。ふふふふ・・・・しかし、届けられた「レモンスカッシュ」は飲んでみてびっくり。スカッとしないのです。炭酸が入っていない。こ
  1. 2005/08/24(水) 18:01:17 |
  2. 主婦のビジネス奮闘記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。