わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小さな小さな小学校

私には弟が二人います。一人は三つ下、もう一人は十一も年が離れています。

私が高校卒業後、上京し、その後どんどんと遠いところへ引越して生活したので、下の弟が物心ついてから一緒に生活したのはわずか数年。ドイツにいた頃は私がなかなか実家に帰れず、また弟は弟で仕事が忙しく滅多に帰省できずで、ほとんど時間を共有することなく今日に至っています。

故郷を離れて海外を放浪した姉とは逆に、彼は教員として北海道の田舎町から田舎町へと移動する生活。弟は私の知らない世界を知っていて、私の知らない経験をたくさん重ねているのだろうな。いつかじっくり話す機会があって、異なる世界のことを少しでも教えてもらいたいものだな、と常々思っていました。

そもそも私がいろいろな土地を点々として来たのは、人の様々な暮らしや価値観に興味があるからで、都会の人は田舎の人が普通経験しないことをいろいろ経験するけれども、田舎の人は都会の人の知らないことをたくさん知っている。人の人生観や世界観って、何を知り、何を体験して来たかによって形作られるから、自分とは違うライフスタイルを持っている人に私は憧れるのです。

弟が現在教鞭を取っているのは、小さな町のほんとに小さな小学校。全校生徒数はたったの20人。弟は3年生と4年生を同時に教えるのだそうです。

知床へ向かう途中に、その小さな学校に寄ってみました。じゃがいもやトウモロコシ畑の広がるのどかな景色の中、小さいながらもピカピカ光って堂々と建っているその小学校は、とても素敵な学校に見えました。
「いいなあ。僕もここの学校の生徒で、おじさんが担任の先生だったらなあ」と4年生の息子。

もし本当にそうだったら、どんなふうだろう?

ちょっと頭に思い描いてみました。同級生はたったの5人。きっと現在通っている小学校での生活とはまるで違う学校時代を送ることになるんだろうな。そして、息子の人生観もきっと違ったものになるでしょう。

そういうのもいいかも。

田舎で「よそ者」として生活するって、なかなか大変なんだと弟は話していましたから、きっと私にはわからない苦労もいろいろあるのでしょうけれどね。

でもなんだか、ずっと離れて生きてきた弟の人生にちょこっとお邪魔できたような、嬉しい時間でした。
スポンサーサイト
  1. 2005/08/13(土) 19:20:53|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<私の旅仲間たち | ホーム | 北海道の夏>>

コメント

大人の今だから。。

あこがれるってありますけど、息子さんが子供ながらにいいと思われるのはすばらしいこってす。 

あっしが子供のころは滋賀県の中途半端な田舎で育ったので、自然がありながらも京都の繁華街には電車で30分ほど。 なんとなく街も知ってると、とにかく都会に出たくてしかたなかった。 そうやってでていく人もいっぱいいた。 でも、大人になって、神戸や大阪に出て仕事してたら、時計の周りで仕事と家の往復に嫌になった。のびのび生活したい。。

かねてきたかったアメリカに来た。でも、シアトルという中都市を選んだ。大正解だったですよ。自然がいっぱいあって、のびのび生活できます。
  1. 2005/08/14(日) 04:36:04 |
  2. URL |
  3. すまいる #TwO4yE0Y
  4. [ 編集 ]

おかえりなさい

お子さんが楽しく過ごされたようで何よりでした。
入れ替わりに(?)北海道に行ってきます。後数時間後です。
JALさん、だいじょうぶ?なんてね。
用事を済ませたら少し田舎を廻ってきます。
ではまた(o^^o)
  1. 2005/08/14(日) 05:53:45 |
  2. URL |
  3. panics #-
  4. [ 編集 ]

田舎の生活

小さな町の小さな学校、わたしの住んでいるところも似たような感じで、同級生は5人くらいで……都会ではできないような田舎の暮らしをしています。
ひとりひとり、違った経験をして生活している、それはいいこともあるし、気になることもあります。ビアンカさんのお話にあるように、異なる世界のお話にはとても惹かれます。わいるどわ~るどで書かれているエピソードはどれもわたしにとってはとても素敵な不思議なことばかりで面白いです。
  1. 2005/08/14(日) 10:20:16 |
  2. URL |
  3. kmy #GaU3vP2.
  4. [ 編集 ]

すまいるさん

私も子供の頃は都会がカッコイイと思っていましたが、息子は完全な田舎志向で「ぼくの夢は森の中に自分で家を建てて自給自足をすること」って言っているんです。だんだん息子に影響されて私も畑仕事とかが好きになってきました。年とともに殺風景な場所が辛くなってきたのもありますが。
  1. 2005/08/15(月) 15:48:16 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

panicsさん

どちらを回られるのですか。帰られましたら是非、お話聞かせてください。道中、お気をつけて。
  1. 2005/08/15(月) 15:49:38 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

kmyさん

kmyさんのところもそんなかんじなのですね・・・ではお友達は幼馴染みの方たちなのでしょうか。

都会ではできないような暮らし・・・都会の人がお金を出して経験するようなことが日常だったりするのですよね?いろんな生活がありますねー。
  1. 2005/08/15(月) 15:53:38 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/205-c235e6a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。