わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ドイツ語での数え方

すっかり出遅れてしまい、いまさらですが・・・

「フランス語は数を数えられない言語かどうか」が物議をかもしています(した)ね。

ばぁちゃんのブログでも「フランス語や数の数え方」のエントリーで複雑なフランス語の数字やその他の言語の数字について取り上げられているのを興味深く読みました。

実は、私、大学での第二外国語はフランス語だったんです。でも、数字で挫折しました。だから、フランス語の数字について何かを語る資格はありません。

じゃ、ドイツ語の数字は?

これにもやっぱり苦労しました。もともと、数字は苦手なんです。

ドイツ語の場合、1から20までは単純なんですが、21からが厄介。
21は、einundzwanzig (1+20)
45は、fuenfundvierzig (5+40)
そう、一の位から先に言うんです!
これが三桁になると・・・
157は、hundertsiebenundfuenfzig (100 7+50)
百の位が最初で、一の位が次で、十の位が最後。

ややっこしーい!

聞いた話ですが、あるドイツ語学校でこんなことがあったらしい。

先生「今日は数の数え方を練習しましょう。ドイツ語では二桁の数字は一の位から先に言います。いいですか。ではメアリーさん、あなたは何歳ですか?」
メアリー「18(achzehn)です」
先生「よろしい。では、ロレンツォ、あなたは何歳?」
ロレンツォ「36(sechsunddreizig)です」
先生「はい、よくできました。じゃ、マリコ、あなたは?」
マリコ「42(zweiundvierzig)です」
そこで皆、訝しげな表情で一斉にマリコの方を見る。
先生「ほら、そうじゃないでしょう。さっき言ったばかりじゃない。ドイツ語では一の位から言うんでしたよね」
マリコ「はい」
先生「では、もう一度!」
マリコ「42(zweiundvierzig)」
一同「エエエーッ!!!

一般に若く見られがちなアジア女性。42歳のマリコさん、24歳のうら若き乙女だと思われていたらしいです。

そんな嬉しい誤解ばかりだったらいいのですが、この数字のシステム、慣れるまではなかなか大変です。買い物のとき、値段を言われても咄嗟にはわからずマゴマゴしてしまう。聞き返すのが恥ずかしいので、大きなお札で払ってばかりいました。しかし、もっと困るのは、電話番号を書き留めるとき。

「私の電話番号を申し上げますので、△△が決まったらご連絡ください。番号は040-5492110です。では、よろしく!」
なんて電話口で言われると、頭真っ白!

0 4 0 5 4 9 2 1 1 0 (null vier null fuenf vier neun zwei eins eins null)
と読み上げてくれたらいいのですが、大半の人は、
0 4 0 4+50 2+90 100 10 (null vier null vierundfuenfzig zweiundneunzig hundertzehn)なんて言うんですもの~(T_T)

勘弁してくださいよ~、って心の中で悲鳴上げていました。でもね、慣れるとどうってことなくなるんです。結局は「慣れ」なんですね。

私達日本人は日本式の数の数え方に慣れていますが、日本語の数え方も外国人には馴染みにくい部分があるでしょうね。

一個、二個、三個。
一人、二人、三人。
一匹、二匹、三匹。
一本、二本、三本。

ややこしいといえば、ややこしい。

10,000が「十千」じゃなくて「一万」ってなんで?って言われてもねえ。一万は一万だから・・・物心ついたときからそう数えていれば、別に不自然とも不都合とも感じないですね。

フランス人も、ドイツ人も、自分達の数え方が不都合だとは別に思っていないんでしょう。数の数え方って文化によって様々。アイヌ語の数え方も面白いですよ。

「8」は「あと2個で10」
「9」は「あと1個で10」
なんですって。

ご興味があればこんなサイトはいかがですか?
世界の言語の数体系
スポンサーサイト
  1. 2005/07/17(日) 12:36:04|
  2. 言語
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:14
<<学校での性教育 | ホーム | 人に言えないこと>>

コメント

ドイツ語も難しいですね。

実は私、かなり昔にドイツ語をちょっとだけかじったことがあります。中級の一歩手前ぐらいで子供が生まれてしまって、そのままになっていますが、そういえば数の数え方やりましたね。一の位から言うのにかなりてこずりました。もうぜんぜん覚えていませんが…

日本語ではモノの数を数えるときにいちいち単位が違うことや、位の上がっていき方が欧米とは違うことについては、自分のブログでも取り上げてみよう…とちょっとだけ思いましたが、私がやると石原クンにケンカ売っているようになってしまうためやめておきました(爆)。

どんな言語にも合理的な部分と非合理的な部分があって、その言葉を常用している人たちが何も文句を言わないのであれば、それでいい…というのが私の考え方です。文句があるのならば、いやおうなしにコトバは変わって行くと思います。
  1. 2005/07/17(日) 19:35:49 |
  2. URL |
  3. punipunipyonpyon #-
  4. [ 編集 ]

比べるのって面白い!

ビアンカさん、こんにちは。この話題、考え出すとおもしろいですよね!TBさせていただきます!!

この騒動が持ち上がった時、「そーいや、確かに始めはフランスの数え方ってビックリしたわ~。。」と、懐かしく思い出しました。あの頃はまだ10代だったし、ビックリはしたけれど、”ふ~ん、そんなものなのね、”とあっさり馴染むことができたのですが、今だったら、ストレスが怒りに変わっていたかも。(若いっていいですよね。。。涙)

一番慣れているはずの英語でも、4つ以上の数を羅列されると、思考回路がフリーズするのがわかります。なんとなく耳の奥に残った音を一つ一つ引っ張り出して書き留めなおす。コンピューターが突如固まった後、のろのろ処理をするのとまさに一緒です。(笑)
万以上の大きな数も苦手です。英語は千、100万、億、と3桁ごとにまとめていくのに対して、日本は万、億、兆、と4桁ずつな上に、円とドルの換算なんか入ってくると、頭パンク状態です。

まだまだ精進が足らないですね~。
  1. 2005/07/17(日) 21:50:13 |
  2. URL |
  3. TLJG #blryY3IQ
  4. [ 編集 ]

punipunipyonpyonさん

あらっ。ぷにぴょんさん、ドイツ語やってらしたんですか。

フランス語とドイツ語って、日本人にとってどっちが難しいでしょうね~。文法の難しさは同じくらいなのでしょうか?発音は、ドイツ語のほうが楽かと思いますけど。
  1. 2005/07/18(月) 17:53:30 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

TLJGさん

なるほど。違うシステムを受け入れられるかどうかは、年齢によっても違うんですね~。言われてみれば確かにそんな気がします。

年とともに「効率」を重視するようになって、余計なエネルギーは使いたくなかったりしますねー。
  1. 2005/07/18(月) 18:04:09 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

ドイツ語の数の数え方もかなり「慣れ」が要求されますねー。知りませんでした。確かにフランス語では聞き取りの時に60、70、80、90台は最初の数字を書いてしまってからぐちゃぐちゃと消したりすることが起こり、不便ですがドイツ語も最後まで聞かないとわからないわけですね。
日本語で不思議なのは、位取りのコンマだけ英米式のままなところです。4つずつにしてくれたら読みやすいのに・・・。
  1. 2005/07/18(月) 18:31:16 |
  2. URL |
  3. ふらんす #-
  4. [ 編集 ]

国語と数学

どうしても混同しやすい問題ですね。
数え方は国語、計数は数学とキッチリ分けることも不自然ですし・・・。
石原氏(鳥越氏?)の云い分は数学に係わることだと思いますが受け取る方は言語の問題と受け止めている点、少々トンチンカンな話になっているなあと思います。
  1. 2005/07/18(月) 22:17:09 |
  2. URL |
  3. panics #-
  4. [ 編集 ]

難しすぎる

ドイツ語の数えかた、そんなに難しいとは知しませんでした。全然合理的じゃなくてドイツ人らしくない気がします。
でも、日本語の数の数えかたも相当難しいでしょうから、何ともいえませんね。
イタリア語はそのてん、簡単です。電話も10、54、とかいうけど、そのままだから。
  1. 2005/07/19(火) 03:23:21 |
  2. URL |
  3. yuranoto #-
  4. [ 編集 ]

ドイツ語の数え方の複雑さも負けていませんね。まあ、勝負じゃないんですけど。電話番号の聞き取りもかなり難しそうですね。
  1. 2005/07/19(火) 10:22:03 |
  2. URL |
  3. ヒロシ #-
  4. [ 編集 ]

ふらんすさん

あっ。そういえばコンマは3桁づつですね。大きい数字だと、一、十、百、千、万、と桁数を数える私・・・コンマは何の役にも立っていません。
  1. 2005/07/19(火) 18:16:59 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

Panicsさん

あ~、なるほど。数え方云々じゃなくて、計算についての話ですか。私も混同してしまいました。
  1. 2005/07/19(火) 18:18:14 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

yuranotoさん

イタリア語は単純なのですか。いいですね~。あっでも、お金の単位が大きくてゼロが多いのはちょっと困っちゃいました。ユーロになって買い物が楽になったかしら。
  1. 2005/07/19(火) 18:22:15 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

ヒロシさん

最初は泣かされましたが、今は大丈夫です。

確かアフリカの言葉の一つに、「5」を基準として、それより+いくつ、あるいは-いくつで数を表す言語もあると読んだ記憶があります。何と言う言語だったかな・・・?

  1. 2005/07/19(火) 18:27:22 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

遅ればせながら

あっしもドイツ語習ったときに、「なんで逆に読むのよ」と、頭でひっくり返しながら練習しました。
ただでさえ、DYSLEXIA気味なのに。。。 でも言語勉強するって面白いですよね。
  1. 2005/07/21(木) 05:24:17 |
  2. URL |
  3. すまいる #-
  4. [ 編集 ]

すまいるさん

ドイツ人も外国語を勉強するとき、「なんで数字を逆に読む?」とイライラしてたりして・・・
  1. 2005/07/21(木) 18:36:35 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/198-0cb8106f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

数にまつわるあれこれ

ビアンカさんの記事にTBです。「フランス語は数を数えられない言語かどうか??」この騒動が持ち上がった時、「そーいや、確かに始めはフランスの数え方ってビックリしたわ~。。」と、懐かしく思い出しました。あの頃はまだ10代だったし、ビックリはしたけれど、”ふ~
  1. 2005/07/17(日) 23:29:42 |
  2. 空の向こう ~Over the Sky~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。