わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

韓国式垢すりエステ体験!

うちの近所に「蔵の湯」という名前の銭湯があります。いろんな種類のお風呂があって料金のわりに楽しめるので、寒い時期にはよく家族で行くのですが、このお風呂やさんではオプションでマッサージや韓国式垢すりエステを頼むことができます。

私はエステ通いをするタイプではないのですが、そこへ行くたびに入り口の看板を見て、「韓国式垢すりか~。どんなもんだろうな~」と気になってはいました。

あるとき、仕事が立て続けに入り、猛烈に忙しく、パソコンに長時間齧りついていたせいですごく肩が凝ってしまいました。仕事を仕上げたときはどっと疲れて、なんか癒されたい~って感じに。と、蔵の湯の「韓国式エステ」のことを思い出したのです。そうだ!あれやってみよう。たまにはいいよね~、贅沢も。そう決めて、昼間っから一人でルンルンお風呂屋さんへ。

入り口で「垢すりエステお願いしたいんですけど」と申し込むと、半券を渡されました。
「お風呂の中にエステコーナーありますから、これ見せれば大丈夫です」
そう説明され、中へ。最初に普通にお風呂に入って、さてそれではと思ったけど、どうすればいいものかやっぱりよくわかりません。エステコーナーは脱衣所からお風呂場へ入ったすぐのところにあったのですが、裸で入っていくもんだかどうだか。とりあえずドアを開けて顔だけ中に突き出して、「あのー、すみません」というと、「はい、どうぞどうぞ。お入りください」と返事が返ってきた。

中にはエステシャンらしき女性が二人。でもね、彼女たち服着てるんですよ。タンクトップに短パンではあるけど。こっちは裸。お風呂なんだから当たり前とは言え、なんか妙な状況です。
「はい、どうぞ~。こちらに寝てください」一人がそう言って、寝台を指差しました。
「はっ、はあ・・・」
寝てくださいって言われても、私、裸ですから。腰に巻くタオルとか、紙製の下着とか、何か貸してくれないんでしょうか。

貸してくれないんです!

えっ、ええーっ。そう思ったけど、しかたありません。言われた通り、横になりました。そうしたら手ぬぐいを腰にかけてくれたのでちょっとホッとした。そして、噂の韓国式垢すりマッサージ開始。エステシャンの女性は二人とも韓国人のようで、垢すりしてくれながら韓国語で談笑しています。時々、私に日本語で「力抜いてくださいね~」とか言う以外は。

首・肩・背中。順々に擦ってもらって、うん、確かにこれは気持ちいいな~とリラックスしつつあったのですが・・・マッサージが下半身に移った頃からだんだんヤバそうな気配がしてきました。そして、案の定、大変な事態に!!

というのはですね、腿の内側とかまで垢すりしてくれるんですよぉ~。ちょちょっと、そこは・・・だって、手ぬぐい乗せてるだけなんだよ~っ!み、みえちゃうーっ。思わず下半身硬直。でも、エステシャンは何食わぬ顔で、「力抜いて~」。そして彼女らは相変わらず韓国語で喋り続けています。ときどき、「うふふ~」とか「ヒヒヒッ」とか笑ってる。

も、もしや、私の体のことを笑っているんじゃ・・・

そんなわけないけど、追いつめられた状況のため被害妄想にとらわれてしまう。あ~っ、もう勘弁してください~(泣)

エステでリラックスのはずが、ほとんど「恥ずかしの刑」に処されたって感じ・・・終わったときは、心からほっとすると同時に脱力でした。

韓国のエステってどこもこういう感じなのか、たまたま「蔵の湯」のサービスが特殊だったのかわかりませんが、先日、よくコメント頂く韓国人のアンナさんに個人的にこの経験をお話したところ、
「確かに慣れないと恥ずかしいですよね~。私もたまに韓国に帰ったときなんかにお願いすると、緊張して体に力入っちゃうんですよ」って。
韓国の人は、お風呂で家族や友人とこすりし合いっこするんですって。そういえば、日本でも昔は銭湯でお互いに背中擦ったりしてましたね。最近は見ないけど。

いろんな国のお風呂文化って興味深いですが、他のことと違って、体験には羞恥が伴うことも多いですね~。ひゃ~っ。


よろしければこちらも・・・
わいるどわ~るど:お風呂シリーズ

旅のびっくり話 その2 ドイツのサウナ体験
旅のびっくり話 その5 イスタンブールのお風呂屋
アイスランドの温泉
スポンサーサイト
  1. 2005/07/09(土) 21:55:37|
  2. 日常
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:13
<<新しい仕事? | ホーム | 「誰も知らない」>>

コメント

垢すりと関係ないかもしれないですけど、自分の解らない言葉ですぐ隣で笑われると、自分のこと笑われてるんじゃ!って思う妄想は、誰しも持つんだと思い出しました。今、つい昔シアトルに来たばっかりのころ、アメリカ人に「ぼくのこと笑ってるの?」と、日本人の友人と談笑していて前にいたカフェのキャッシャーおにいちゃんに言われたことを思い出しました。 ぜーんぜん、話題にも上ってなかったのに。
  1. 2005/07/10(日) 12:59:49 |
  2. URL |
  3. すまいる #-
  4. [ 編集 ]

ブタペストのお風呂

ブタのお風呂も面白いです。男女混浴なところへ新婚旅行の時に行ったのですが、プールでした。水着、帽子着用という本当にプールで、お年寄りが泳いでいました。その前に曜日で男と女が別れていて不思議そうなところも行きましたが、ダンナがだめだったので、そこら辺にいる人に聞いて、そのプールみたいな温泉へ行きました。後で聞いた話しによると街の中にたくさんあるので、値段の高いところ安いところ、本当に温泉(いわゆるスパみたいなところ)と、色々あるみたいです。
ところで、韓国式あかすりの後きゅうりのパックとヤクルトで洗顔というのは、なかったのですか?うわさでは聞いて本当かどうか確かめられないでいるんですが。とっても気になるんです。
  1. 2005/07/10(日) 16:28:09 |
  2. URL |
  3. gatyan #-
  4. [ 編集 ]

すまいるさん

そうそう、言葉がわからないって不安なものですよね。

別に自分のこと言われてるわけじゃないと思っても、なんとなーく嫌だったりします。
  1. 2005/07/10(日) 18:25:27 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

gatyanさん

きゅうりパックはわかるけど、ヤクルト洗顔!?う~ん、少なくとも「蔵の湯」のメニューにはなかったようですが・・・私が頼んだのは一番安いコースだったからなあ。

ヨーグルトマスクっていうのもあるから、同じ乳酸菌効果でしょうかね。でも、ベタベタしないかしらね。
  1. 2005/07/10(日) 18:27:51 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

ははは

大変でしたね。私も昔韓国人の友達の家で、お母さんに垢すりをしてもらった経験が。(すっごいお風呂がありました。水風呂・サウナ・お湯風呂・がついた二十畳ぐらいのスペース。普通の家庭風呂ですよ~。)上半身だけしてくれて、あとは自分で、と言われましたが。でもその時に、垢というのは腕の内側のような白いところに多いもんなんだって力説していましたよ。
  1. 2005/07/10(日) 19:24:37 |
  2. URL |
  3. KNDCHK #-
  4. [ 編集 ]

KNDCHKさん

にっ、二十畳っ?日本の平均的な家の居間より広いじゃないですか。日本の家庭のお風呂場って畳2枚ちょいくらいですよね・・・
  1. 2005/07/10(日) 23:28:55 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

うわ~~

長い長いコメント消えちゃった!!!
メンテナンスかな???泣
  1. 2005/07/11(月) 13:57:42 |
  2. URL |
  3. anna #SW6wkXTQ
  4. [ 編集 ]

うわ~~~2

やっぱりメンテナンスじゃなかったです。(泣)あんあん~~なんっていつも私って失敗ばかりするんでしょう!!!ふ~~~

で、要点をいうと、
韓国ではヨーグルトで洗顔も、パックもします。それはすごく効果があって、是非やってみて下さい。しかし、後で水で流すのでべたべたはしません。
それから風呂によっては上半身だけ、背中での垢すりもチョイスできるし、そして胡瓜パック、ゴマ、泥などといった様々なパックも容易されています。
あ、もちろん日本のエステのようなところもありますが、韓国人は自分の家に風呂があっても、銭湯に週1回以上いくので、銭湯でやってもらったほうが安く、簡単でできます。
それから、(うん~忘れた^^;)、あ!KNDCHKさんのお友達の家、韓国人でもびっくりです。きっとかなりの金持ちの御宅だと思いますよ!!

そしてまたいろいろ書いたと思いますが、思い出さない!^^;
すみません。

  1. 2005/07/11(月) 14:05:06 |
  2. URL |
  3. anna #SW6wkXTQ
  4. [ 編集 ]

お風呂シリーズ

お風呂シリーズ、面白いですね。体験されたことが割と予想外の事態だったりするところが読んでいて楽しいというか、ビアンカさんの書き方が上手いのでしょうね!各国のお風呂事情、次回もあるのかな?なんてちょっと楽しみにして読んでいます。
  1. 2005/07/11(月) 16:53:30 |
  2. URL |
  3. kmy #0QcCB9ME
  4. [ 編集 ]

annaさん

私もよくやっちゃうんです。長い記事書いたところでうっかりどっか押してしまい、記事は四次元の彼方へ・・・すごいショックですよね~。

韓国のお風呂文化って、すごいんですね~。韓国の女性は肌艶がいいって評判ですが、せっせと磨いた結果なのね。

私は美容には無頓着なほうですが、夏の暑い時期には外から帰ってきたらヨーグルトとマッドのパックを自分で作って使うことがあります。これは確かにいいです。ゴマっていうのも試してみたいな~。
  1. 2005/07/11(月) 17:27:56 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

kmyさん

お風呂シリーズ、恥さらしなことばっかりです・・・

もうこうなったら世界のお風呂、総なめ目指します!いつか「風呂文化人類学」の論文書いたり・・・するわけないか。

同時に綺麗になれば、なおいいんですがね~。
  1. 2005/07/11(月) 17:33:24 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

羞恥心の問題

羞恥心の国柄時代柄場所柄を書いた本をみつけましたのでトラックバックします。
羞恥心だけが主題ではないのですが、「パンツの面目ふんどしの沽券」という本です。
  1. 2005/07/20(水) 12:17:38 |
  2. URL |
  3. わくわくふわく #-
  4. [ 編集 ]

わくわくふわくさん

TBありがとうございます。拝読しました。おもっしろそうですね~。早速、図書館で探して来ます。
  1. 2005/07/20(水) 19:03:35 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/192-1f61b604
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パンツの面目ふんどしの沽券

この本を書いた人は?と著者紹介を読み直してしまうくらい、勇気ある記載内容。 タイ
  1. 2005/07/20(水) 12:09:45 |
  2. 路傍の花
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。