わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生活習慣とDNA

娘の保育園の園長によると、「子育てで最も重要なことの一つは、早寝早起きを基本とする生活習慣の獲得である」のだそうです。早寝早起きにより脳内ホルモンの分泌が活発になり、心身ともにバランスよく発達する。子供のときにこれに気を配ってやると、思春期に子供が問題行動を起こすことが少ない、というのです。

これに関して私は「なるほどね~」と思いつつも、どうにも気になってしようがない。私自身、朝型の人間なので早寝早起きは気持ちがよいと感じるし、昼夜逆転した不規則な生活よりも早寝早起きで規則正しい生活のほうがどう考えても健康的だと思える。そしてそれを裏付ける科学データも存在する。でも「早寝早起きをしている子供の方が遅寝遅起きの子供よりも問題を起こす確立が低い」と果たして本当に言えるのか・・・

子供の問題行動には要因がいろいろあって複雑で、一口で「これが原因」とは言えないのだろうし、巷には様々な理論があります。でもまあ、早寝早起きして害になるという研究報告もないのだし、よさそうなことは実践して損はないと思うので、なるべくうちは園長のアドバイスに従うよう心がけています。

しかしっ!!イタリアやスペインでは子供は夜10時過ぎまで外をウロウロしているというではないか。でもイタリアやスペインの子供が「キレやすい」とか「問題行動を起こす」とは聞いたことがない。アフリカ(のある地域)ではそもそも「子供を寝かしつける」という習慣がなく、子供は眠くなったらその辺で勝手に沈没する・・・という具合だそうですが、みんなちゃんと立派な大人になっているんですよね?

決して理論にイチャモンつけたいわけではないんだけど、私、この手のことが純粋に気になってしょうがないの。睡眠パターンが違うのは日本とイタリアで気候が違うせいだろうか。それとも・・・?昨日遊びに来た友達が、
「それ、DNAだよ」
農耕民族である日本人は、早寝早起きの生活パターンが遺伝子に組み込まれているのでは、というんです。だからそうしないと体調が悪くなる、と。うちの子供たちは睡眠時間が少なくて、いくら早く起きても夜はなかなか眠くならないのですが、彼女はそれをあっさりと、
「半分ドイツ人だからでしょ」
ドイツ人が日本人よりも絶対睡眠時間が短いというのは聞いたことないけど、人種によって「適切な生活習慣」が微妙に違うってことはありそうだよね~。

また、保育園では朝食のメニューに「米食」を薦めています。これは何も、「世界中の朝ごはんの中で日本のが最高!」って意味じゃなくて、「日本人の体質にはそれが合う」っていうことなんですけど、うちは朝はパンなんです。夫が「昼ご飯・晩ご飯は日本食でいいけど、朝はドイツ式がいい!」と言うのでそうしてます。しかし保育園には毎日の朝ごはんメニューを書き入れる生活票があって、そこにはみんな「ご飯と味噌汁と・・・」って書いているので、「パンと牛乳」って書くのはいかにも手抜きって風で少々気が引けますわ。ドイツではパンこそが「正しい朝ごはん」だし、うちの娘はDNA的に半分ドイツ人なんですけどぉ~。

というわけで、なにかと迷うことが多い「子育て」です。
スポンサーサイト
  1. 2005/04/28(木) 10:34:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<夫の疑問 パスポート | ホーム | NHKニュース その2 私の要望>>

コメント

たしかに、農耕民族のDNAってあるかも。
最近、こちらでの生活の疑問&ストレスは「農耕民族と狩猟民族」で考えると、納得できちゃう、という経験をします(正しいかわからないけど、とりあえず)。
世界中にはいろいろな生活習慣があるけど、やはり気候や体質によって生み出されたものが多いですよね。

ただ!これはあくまで1個人としての意見ですが、起きる、寝る、食べるの時間帯をあまり定められていないイタリア人の子どもは、やはり青年期以降になると、パニック障害や、引きこもりになりやすいと、思います。実際、多いんですよ~!
えーと、これ以上は愚痴になっちゃうのでこのへんで…(笑)。
  1. 2006/04/20(木) 15:50:31 |
  2. URL |
  3. 麻。 #-
  4. [ 編集 ]

麻さん

気候や体質、関係ありますよね、きっと。
イタリアではそういう問題があるんですか。ドイツは子どもの早寝早起きに関して厳しいですよね。

この記事、興味深いコメントをいくつか頂いていたんですが、ブログを引っ越ししたときにコメントやTBの移動はできなかったので、古い記事はすべてコメントの閲覧ができなくなっています。ごめんなさい。
  1. 2006/04/21(金) 05:08:14 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/182-8dbd0367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。