わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アレルギー患者の未来

「アレルギーなので、果物は一切食べられません」

15年くらい前にそう言ったら、誰にも信じてもらえませんでした。卵や牛乳アレルギーというのは昔から知られていたけれど、私がいわゆる「口腔アレルギー症候群」を発症した20年ほど前には、まだ果物アレルギーというのは一般に認識されていませんでした。だけど、このおかしな病気の患者は年々増えて、いまではそう珍しくもなくなっていますね。

果物を食べると、口の中が痒くなったり、ヒリヒリしたり、粘膜が腫れたり、息苦しくなったり。とても辛いので、もう10年以上、果物は食べていません。いまでは諦めの境地なので食べなくても平気ですが、最初は悲しかった。甘~いイチゴの匂いを嗅ぐたびに、食べられないのが恨めしかった。

私がアレルギー反応を起こすのは果物に対してだけではなく、もともとダニ・埃・花粉・動物の毛で鼻炎や喘息になるし、子供の頃はアトピーで、今も夏場は自分の汗に反応してアトピーが出ます。今までに、怪しげな代替医療も含めたありとあらゆる治療を受け、それなりに軽快はしたのですが、完全にアレルギーとおさらばすることは今のところ無理そうです。

果物に対する口腔アレルギーというのは、花粉症その他のアレルギーと関連があるそうで、共通の抗原に対する交差反応だということを知ったときにはショックでした。だって、こうなんだそうですよ~。

白樺花粉アレルギーの人 → りんご・さくらんぼ・いちご・ナッツ(ピーナツ以外)・にんじん・生のじゃがいも・セロリ・トマトがダメ

ヨモギ花粉アレルギーの人 → スパイスやハーブの多く・にんじん・セロリ・トマトがダメ

草アレルギーの人 → パイナップル・マンゴー・キウイ・豆類・穀物・トマトがダメ

ゴムアレルギーの人 → バナナ・キウイ・マンゴー・アボカド・栗・セロリ・トマトがダメ

ダニアレルギーの人 → エビ・貝類・エスカルゴがダメ


白樺花粉・ヨモギ花粉・草花粉・ゴム・ダニのすべてにアレルギーの私が果物を全然食べられないのは当然です~(泣)もちろん、アレルギーを持つ人が上の通り全部の関連食物に対して反応が出るというわけではないですけど、発症する可能性は常にあるわけですよね。

私の場合、激しい反応が出るため果物は食べませんが、それ以外の食べ物は無理やり食べています。生野菜も基本的に全部ダメですが、ドレッシングでコーティングして食べる!反応が出ても無視!日常的に食べている食品にダメなものがたくさん含まれているようで、私の舌は十年来、常にまだら模様状態で、一度も正常に戻ったことがありません。でも、あれもダメこれもダメって言っていたら食べる物がなくなって死んでしまうので、無視するしかない。今のところはアナフィラキシーショックを起こしたことはありませんが、いつかそうなるかもしれません。ならないという楽観的前提のもと、食べ続けてますが・・・

昔は果物アレルギーなんて存在しなかったのに、どうしてこんなに口腔アレルギー症候群患者が増えてしまったのか。環境汚染などで体に負荷がかかってるのね~って思っていたら、負荷に苦しんでいるのは果物も同じなんですってね。アレルギー症状を起こすBetvたんぱく質って、異常気象や大気汚染などで植物がストレスに曝されたときに産生されるものなんですか~。

まったくもー。どうにかならないんでしょうかね、アレルギーって。そんなわけで画期的治療法の出現を待ち望む私ですが、なにやら気になる情報が入って来ました。

抗IgE療法。

アレルギー抗体である、IgEをキャッチして閉じこめ、無効にしてしまう薬を患者に投与する方法で、ピーナツアレルギーではすでにかなりの効果が確認されてるそうですよ。喘息治療としても期待されているようです。詳細については、こういう文献があります:Anti-IgE Therapy in Asthma and Allergy

でも、IgEがなくなっちゃうと、IgEのよい機能までも失われてしまう。つまり、寄生虫がつきやすくなるんじゃない?ガンにかかりやすくなるんじゃない?と懸念されているみたいですが・・・

また、こんなアレルギー予防策の可能性も研究されているんですね。

Betv1注射
前述のBetvたんぱく質の一つであるBetv1を合成し、注射することで、Betvに対する抗体を作ってしまう。予防接種ってことですね。

そしてなんと!軟弱な都会人の抵抗力を高めるために、こんな作戦も。

「田舎の空気」注射法
田舎育ちの子にアレルギーが少ないことから、アレルギーを防ぐと考えられる、ある種のばい菌(Lipopolysaccharide)に都会人を無理やり接触させてしまおう、というんだそう。


う~ん。なんだか少し希望が沸いて来ましたよ。

いつか、私が山盛りのフルーツカクテルを味わう日は来るでしょうか・・・


参考資料: Sueddeutsche Zeitung紙 別冊 "Wissen" 3月号
スポンサーサイト
  1. 2005/07/06(水) 12:17:53|
  2. へえ~のお話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<「誰も知らない」 | ホーム | 大人の時間>>

コメント

インドに行ってみるといいかも?

時々読ませて頂いている者ですが、
アトピーについて以前他のブログで読んだ記事を思い出しましたので
ご参考になるかな??と思いコメントします。

切込隊長さんという方のブログで
「友達がインド逝って下痢してアトピー治して帰ってきた」
というのがありました(2004/6/2付)。
http://kiri.jblog.org/archives/000739.html
内容としては、ビアンカさんの本文中にある「田舎の空気」注射法
のようなものなんだと思いますが・・・とりあえずご参考まで。
ビアンカさんは色んなところに出かけておられるようなので、
今度インドにいらしてみては如何でしょう?

では、失礼します。
  1. 2005/07/07(木) 09:44:28 |
  2. URL |
  3. 不定期の通行人 #-
  4. [ 編集 ]

化繊アレルギー?

果物が食えないとは、お気の毒です。。 あっしはですね、化学繊維に肌を少しでもこすると軽く赤い湿疹ができたりします。 例えば、ダンボールの切り口とか、化繊が多いソファ、服など。 体のどこでもっていうわけでなく、腕の内側や手の甲など皮膚が比較的薄く弱いところ。 あと、ゴム手袋を長時間つけていると、中が蒸れてまた湿疹。。 なので、家の掃除のときも手袋なし。 手が洗剤でがさがさになるほうがいいんですわ。。

シアトルに来て、手の甲や足の向う脛に湿疹ができるようにもなりました。 雨が多いのに、比較的乾燥していて、肌が乾燥してなにかが入り込むんでしょーか。 oozieっていうか、汁を含んでる湿疹ができるんですよ。。ほっとくとどんどん広がるので、皮膚科に処方してもらったcordizoneの軟膏がかかせません。 これって日本じゃなかったことなんですけどね・・・。 
  1. 2005/07/07(木) 13:40:03 |
  2. URL |
  3. すまいる #TwO4yE0Y
  4. [ 編集 ]

私も

ひどくはありませんが、アレルギーでかなり悩んでいます。金属アレルギー、汗アレルギー、ダニアレルギー、埃アレルギー、果物のメロンアレルギー(昨年イタリアでメロン食べてみたら意外と発症しなかったのでびっくり。もしかしたら治ったかな???)、花粉症(3年前一度ひどかったが、それからはひどく発症することはありません。)等。

アレルギーって本当に辛いですよね。本人達はまじで苦労してるちゅうのに、アレルギーない人には贅沢に見えるそう・・・(;;)
私ってジンズのボタンでも金属だとお腹辺り痒くて蕁麻疹が出ちゃうし、汗少しもかいたら肌が赤くなってひりひり痛くなるし、埃のせいで一年中「風邪?」っと人に言われるし・・・
しかし、このアレルギーって精神的にもかなり関係するんでしょうか。ストレスが多いときはもっと発症しやすいんです。私って。^^;
  1. 2005/07/07(木) 14:29:05 |
  2. URL |
  3. anna #SW6wkXTQ
  4. [ 編集 ]

ストレスとアレルギー

↑のアンナさんのコメントを読んで思い出しました。
そう言えば私も何かとストレスがかかっている時って体のところどころにアレルギーらしきものが出たりします。(腕の内側が痒くなったり)
ガンはストレスによって発症率が高まる、なんて言うのはすでにかなり浸透してきている認識ですよね。だからきっとアレルギーもストレスにかなり左右されるものなのではないか?と思います。ビアンカさんが果物を食べても軽い症状で済んでいるのは、もしかしたら優しいご主人とかわいい子供に囲まれて幸せな生活を送っているからかも・・?な~んて思いました。
ストレスってホント、万病の元ですよね。無いに越したことはないけれど、この現代社会、なかなかそれって難しい・・・
  1. 2005/07/07(木) 14:40:39 |
  2. URL |
  3. かおり #-
  4. [ 編集 ]

不定期の通行人さん

情報、ありがとうございます。各国でいろんな研究があるんですね。寄生虫を飼う治療法は、聞いたことありましたが、試すのは抵抗あります。

インドにはまだ行ったことがありませんが、行けばお腹を壊すのは必至でしょうね。切り込み隊長さんのお友達のアトピーが治ったのは、アレルギー予防になる黴菌が体内に入ったためか、あるいは断食と同じで下痢により腸のお掃除ができて毒素が排出されたのか・・・気になります。

いつか試してみます。
  1. 2005/07/07(木) 19:07:10 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

すまいるさん

化繊アレルギーですか。それも大変ですね。痒みもあるんですか?

では、ストッキングもダメ?日本で生活していればかなり困るんじゃないでしょうか。

軟膏なしでも大丈夫になるといいですね。

  1. 2005/07/07(木) 19:11:45 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

annaさん

金属アレルギーっていうと、歯の治療なんか難しいですよね?

汗アレルギー、アンナさんもですか。暑いと汗かくのは避けられないので困りますよね~。

でも、みなさん、それぞれいろんなアレルギーで大変なんですねー。果物食べられないくらい何だ、って気がしてきました。
  1. 2005/07/07(木) 19:15:10 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

かおりちゃん

おお!私のアレルギーがこの程度で済んでいるのは家族のお陰・・・確かにそうかもしれないね。

それに友達にも恵まれているもんな~。感謝、感謝です。
  1. 2005/07/07(木) 19:18:06 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

いろんなアレルギーがあるのですね

色んなアレルギーがあって、現代病でしょうね、ここまでくると。それにしても果物とは可哀相。
私は月並みに花粉症くらいですが、イタリアでは日本ほどひどくないので、助かっています。
環境や体質もあるけど、アレルギーって、ストレスを受ける精神の方が一番原因になってるのかもしれませんね。
  1. 2005/07/08(金) 03:30:08 |
  2. URL |
  3. yuranoto #-
  4. [ 編集 ]

カネ・あれるぎー

子供の頃に入院先で、たぶん何かの海産物が原因だったと思いますがアレルギーが出たことがあります。発作と云っていい程劇症でした。幸い?病院ですから一発打って貰い(アブナイなぁ)まもなく止まりましたが・・・。
フルーツですか、キウイなどで口の周りが痒くなるのはあります。
辛い、というより悔しそうですね。

ビンボウです。カネと合わないのかなぁ(*_*)
  1. 2005/07/08(金) 04:36:25 |
  2. URL |
  3. panics #blPj0RWY
  4. [ 編集 ]

yuranotoさん

口腔内アレルギーは他人にはわからないので、まだマシなのかもしれません。顔に湿疹ができたりするようなアレルギーのほうが辛いでしょうね。

知り合いに魚アレルギーの人がいるのですが、魚そのものじゃなくても、出し汁とかでもダメで、お味噌汁を飲んだだけで吐いてしまうんだそうです。日本では致命的ですよね・・・
  1. 2005/07/08(金) 07:51:55 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

panicsさん

かね・アレルギーですか。あっ、私もまだいろいろありました。数字アレルギー、機械アレルギー、株アレルギー、ブランド物アレルギー、マッチョマンアレルギー・・・
  1. 2005/07/08(金) 07:56:11 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

実は私も果物アレルギーです。一番ひどいのはメロンで、食べると必ず次の日にのどが痛くなり風邪をひきます。そんなわけで、結婚式のおいしそうなメロンが一口しか食べれません。(一口だったら大丈夫なのです)そのほかにも、どんな果物でも大量に取ると、背中がゾクゾクしてきて、気持ち悪くなります。でも、フルーツ好きなので、いつも少量づつ食べて何とか対処しています。でも、この果物アレルギー、ドイツに行ったら発症し、それからずっと続いているので、なぜなんだろうって感じです。それからドイツで必ずかかるのが、ダニアレルギーです。日本じゃ大丈夫なのに・・・あと、向こうの方って食器洗い機の食器をためて洗うじゃないですか。あのにおいをかぐと、必ず蕁麻疹が出てしまいます。これもアレルギーの一種なんだそうです。他にもアトピー、金属、日光アレルギーも持っていますが、見た目は普通なので誰にも信じてもらえません。
  1. 2005/07/12(火) 21:12:09 |
  2. URL |
  3. Kaninchen #-
  4. [ 編集 ]

kaninchenさん

まあ!そんなにいろんなアレルギーが・・・お気の毒に。

果物で背筋がゾクゾクって、私の場合は白ワインを飲むとそうなります。赤だと何故か大丈夫なんですが。果物は加熱するか、お酒を振りかけてしばらく放置した後に食べるとそれほど反応が出ません。

そういえばコール元首相の奥さん、自殺で亡くなっていますが、光アレルギーでしたよね。ずっと暗いところにいなければならないなんて、辛すぎると同情しました。
  1. 2005/07/12(火) 22:00:00 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/172-2440f673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。