わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゴミリサイクル施設見学

ドイツから日本へ引っ越してきたとき、「日本はゴミの分別とか、あまりうるさくないんだろうな」と漠然と考えていました。ドイツへ移り住む前に住んでいた東京都世田谷区では当時、何もかも一緒くたにゴミを出していたので、そのときのイメージが強かったんです。ドイツは環境大国の名の通り、リサイクルが盛んですが、日本はたぶんまだまだ・・・のハズ。

ところがどっこい。今生活している町へやってきて、市の発行するゴミだしマニュアルを見てびっくりしてしまいました。いつの間にか日本もゴミの分別がすごく厳しくなっていたのね、って。この町が日本では特にリサイクルに力を入れているほうなのか、それとも平均的なのかはよくわかりませんが、ゴミの分別はドイツに勝るとも劣らず、出し方の決まりはもっとすごいかも。

私たちがドイツで住んでいたフランクフルト近郊の町は比較的規定が緩やかなほうだったと思います。商品の包装や容器でリサイクルマークのついているものは、全部同じ黄色いビニール袋に歩ポイポイ捨てていました。ヨーグルトのカップも食器洗い洗剤の空容器もポテトチップスの袋もみんな一緒。袋がいっぱいになったら家の外に備えているリサイクル用のゴミ箱に捨てにいくだけ。紙ゴミは紙専用のゴミ箱に入れるだけ。ペットボトルとかアルミのボトルというのはそもそもほとんどないので、分ける必要もありませんでした。まあ、これでも結構、面倒は面倒でしたけど。

今住んでいるところでは、ゴミは「可燃ゴミ」「不燃ゴミ」「有害ゴミ」の他、「びん・缶」「紙・布」「ペットボトル」「白色トレイ」「その他プラスチック」に分けてそれぞれ別の日に出すのですが、捨て方にも細かい決まりがあって、私がマニュアル見ても難しくてよくわからないのに、日本語の読めない夫にそれを説明するのは至難の業。ドイツの分け方・出し方ともずいぶん違うので混乱し、言い合いになることもありました。

まず、リサイクルするものはすべて洗って出すというのが夫には不思議。そんなことをしたら水が勿体無いし、河川も汚れるんじゃないの?って言うんです。確かにいちいち洗ってたら水道代がオソロシイ。でも、汚いまま出したらリサイクル施設の人が困るし、悪臭のもとにもなるし。だから、決められたとおりにやらないと~。牛乳パックは、切って開いて、洗って、乾かしてから、紙製の紐で括って出すことになっています。だけど、それをやると台所は乾かし中の牛乳パックだらけになるんですよね。

紙は新聞、雑誌、ダンボールなどに分けてそれぞれ別に紙製の紐でしばるんですが、夫はダンボールに紙類をつっこんで、ガムテープでとめて出そうとする。
私「あ~、それじゃ持っていってくれないよ」
夫「どうして?箱も中身も紙なのに?」

植木を切った枝は太さ10cm以内、長さ30cm以内にまとめてしばる、カーテンなどは30cm以内に切る。シャンプー容器のポンプははずして燃えるゴミ、お酢が入っていた瓶の口についているプラスチックは外してプラスチックゴミ。まぐろ水煮の缶は缶として出し、まぐろオイル漬けの缶は不燃ゴミへ。納豆パックは白色トレーではなく、燃えるゴミ。化粧品の瓶は瓶ではなくて不燃ゴミ。プラスチックのおもちゃは可燃ゴミで、100円傘は不燃ゴミ。

とまあ、なかなかややこしい。

最初の頃はマニュアルと睨めっこで真面目に分けていたんですが、だんだん疲れてしまって、そのうち適当になってしまいました。が、先日、生協のメンバーに誘われて、市のリサイクル施設へ見学に行って来たんです。そこで職員さんのお話を聞いたり、実際に作業をしている人たちが大変そうなのを見て、ちょっと反省・・・

でも、つくづく思いました。どんどん新素材が開発されたり便利商品が発売されて、暮らしは豊かに快適になっていくけれど、それに比例してゴミ出しの手間は増える一方だなあ~。せっせとゴミを洗ったり、チョキチョキ30cm以内に切ることを考えたら、余計な物は買わずにシンプルに生活するほうが精神的にずっと楽かも!?
スポンサーサイト
  1. 2005/06/19(日) 22:16:51|
  2. 日常
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:10
<<知りたい世界の離乳食事情 | ホーム | ドイツの朝食>>

コメント

TBします

いろいろ大変だったのですね。こんな楽しいブログが荒らされるなんて、信じられない。
イタリアのごみの分別について、TBさせてください。
  1. 2005/06/20(月) 01:54:50 |
  2. URL |
  3. yuranoto #8R/NrDQ2
  4. [ 編集 ]

こんにちは

こんにちは、

ご苦労お察しします。がんばってください。
ブログのファンとして少し心配でした。
これからも楽しみにしています。

ドイツの朝食食べてみたいです。
  1. 2005/06/20(月) 10:50:55 |
  2. URL |
  3. ted.toyama #-
  4. [ 編集 ]

悩ましいですね

毎日のゴミ整理、面倒に感じますが致し方ないでしょうね。
以前に放送大学だったと思いますが、ドイツのリサイクルステーションの取り組みを特集していました。
さすがに合理的だと感じました。まだ全国的な標準にはなっていないようでしたが、住民が持ち込んで備え付けの分別容器に投入している様子を紹介していました。
食品など、容器の材質を標準化しないと分別にも限界がありそうです。
panicsは一人暮らしですが料理が楽しみなので食品ゴミの処理には悩みます。
なるべく小分けの材料を買わないように気を付けて、余っても下ごしらえをして保存してしまいます。
魚などのアラはベランダに置いた土を入れたプランターの中に埋めてしまいます(o^^o)
  1. 2005/06/20(月) 10:58:54 |
  2. URL |
  3. panics #-
  4. [ 編集 ]

ted toyamaさん

こちらまで来て頂いてありがとうございます。ご心配をおかけしました。またよろしくお願いします。
  1. 2005/06/20(月) 11:14:51 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

yuranotoさん

ご心配いただき、ありがとうございました。いろいろあるものですね・・・
TBもありがとうございます。イタリアもゴミ箱ごと収集車が持ち上げるのですか。あれ、いいですよね。
  1. 2005/06/20(月) 11:17:07 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #-
  4. [ 編集 ]

panicsさん

お料理が趣味でいらっしゃいますか。私も、上手ではありませんが、各国料理を作るのが楽しみです。

日本もレジ袋有料化になりますね~。個人的には賛成なんです。
  1. 2005/06/20(月) 11:20:00 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #-
  4. [ 編集 ]

京都市内は

今でもゴミの分別まったくできてません。何もかも一緒のゴミ袋に入れてぽいっと!
最初日本に着たばかりの頃は韓国のゴミ分別に慣れていたので最初は罪も感じましたが、今は・・・^^;
しかし、これも京都市内だけで、会社がある京都市外ではまた厳しいんです。京都市内生活の私にはまたこっちが難しくて、面倒ですが、しかし環境のために頑張らないといけませんね!。
  1. 2005/06/20(月) 16:26:17 |
  2. URL |
  3. anna #SW6wkXTQ
  4. [ 編集 ]

amore-annaさん

え~、京都ではまったく分けないんですか!同じ日本でも、場所によっていろいろなんですねえー。
  1. 2005/06/20(月) 18:30:53 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #-
  4. [ 編集 ]

そう言えば

横浜に住んでいる母も「横浜は分別が厳しくなくて楽だわ~」と言っていました。
いわゆるプラスチックゴミと言われるものも全部「可燃ごみ」でいいのだとか・・・。
母は、「横浜は処理場がいいからなんでも一緒に燃やせるのよ!」と言っていますが、私としては「ホンマかいな?」って感じです。
でも、京都も分別が厳しくないと知り、やはり大都市はなんでも燃やせるのかな~?なんて。
  1. 2005/06/21(火) 10:59:46 |
  2. URL |
  3. かおり #-
  4. [ 編集 ]

かおりちゃん

横浜は超高温で焼くからダイオキシンが出ないのだとか、誰かに聞きましたど。

リサイクルするのもお金がかかるし、その加工過程で環境に負荷を与えたりもするから、どんどん高温で焼いちゃう方がいいという意見もあるみたいだよね。

どっちがいいのか、私にはわからないんだけど・・・

リサイクルよりも、とことんリユーズのほうがいいのかなあ?
  1. 2005/06/21(火) 18:52:11 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/17-abde170b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ペットボトルからリサイクルしたエコ商品(フキン)

今日は、メモリアルアートの大野屋さんからぶつだんPETというペットボトルからリ...
  1. 2005/08/27(土) 13:14:34 |
  2. 懸賞日記:風水で懸賞生活体験記

ゴミの分別

ゴミの分別が規則になった。以前からゴミは外に大きな蓋付きのプラスチックのゴミ箱があって、その色ごとに白は「紙類」緑は「生ゴミ」青は「プラスチック、ガラス、金属」と分別するようになっている。ときどき早朝にゴミ処理の車がきて、ブルドーザーのように機械でゴミ箱
  1. 2005/06/20(月) 01:52:10 |
  2. ローマの平日@裏話
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。