わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中国トイレ旅行記

「ヒロさん日記」の最新記事、「中国のトイレ文化から学ぶもの」にTBします。(リンク不可能問題、早急になんとかします。お許しを)

ホント、気になってます。「中国のトイレ文化は日本のトイレ文化とぜ~んぜん違う」という噂が、あっちからもこっちからも流れてきて・・・
私自身、中国女性が二人、お喋りしながらトイレにやってきて、それぞれ個室に入って用を足しながらずーっと話をし続けているのを見たり、知り合いの中国人男性が、「僕の妻は日本に留学して、すっかり日本女性のようになりましたよ。中国じゃ、女性がズボンのチャックを上げながらトイレから出てきたりするんですよ」なんて言っているのを聞いたり、公衆トイレにはドアがない、下手すると仕切りすらないとかいう話を聞いて、「音姫」なんていう音ごまかし装置が女性トイレに設置してあったりする日本のトイレ文化とは、相当に異なる世界なのではないか・・・と想像してしまうのです。

そこで私は読みました。「寄生虫博士の中国トイレ旅行記」(鈴木了司 集英社文庫)
この本は、面白半分に中国のトイレ情報を集めた本ではありません。家族計画国際協力財団の派遣専門家として寄生虫予防の観点から中国のトイレに関する事情を調査している寄生虫学者の真面目な調査レポート。中国全土のトイレの形式・実態から中国人のトイレに関する考え方や生活習慣を知る。そして公衆衛生の徹底による人口問題の解決を試みる 、という立場で書かれています。

この本を読むと、ひとくちに「中国のトイレ」といっても、その形態は様々なのだなあということがわかりました。確かに、現代日本人の大部分にとって、「自分の排泄姿が丸見え」というトイレはちょっと・・・どころか、絶対にイヤ!というかんじでしょう。私もダメダメ。ドアがないくらいならともかく、一本の溝を一列に並んでまたいで、前の人のお尻が見えるし、自分も後ろの人に見られるっていうのは耐え難い。もし、お腹を壊していたりすれば悲惨だ。

しかし、そんな「ギョエ~」な中国のトイレと日本のトイレがまったくの無縁ではないこともわかりました。中国で場所によっては紙の代わりに使われるという「ちゅう木」という木のヘラは、日本でも明治ごろまで全国的に使われていたんだそうですよ。紙は貴重品で、お尻を拭くなんてとんでもない!だったそうです。江戸の長屋のトイレのドアは「半戸」、しゃがんでいても顔が見える高さ。ドアもなければ仕切りもないっていうトイレも、京都五山の一つ、臨済宗の名刹、東福寺の僧侶用トイレがそうなのだとか。

私、過去ログの「トイレ事情」という記事(カテゴリー:言語・各国事情)に、「トルコのトイレではトイレットペーパーを屑篭に捨てる」って書きましたけど、これ、日本でもありました。西表島の素敵なカフェのトイレがそうでした。どこの国でも別に好き好んでやってるわけじゃないんでしょう。水圧が低いとか、詰まりやすい事情でやむなくそうしてるんでしょうね。

ま、結局どうでもいい話なんですが、あの「音姫」はどうでしょうね。個人的には、「今排泄中で~す。音をゴマカシちゃってま~す!」って宣言してるみたいで余計恥ずかしい気もするんだけど・・・
スポンサーサイト
  1. 2005/04/15(金) 09:05:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<自立していない日本の私 | ホーム | パパの肌の色は・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/164-30bda82e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。