わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大人の時間

昨日の記事にたくさんコメント頂き、ありがとうございました。ドイツ関連の記事によくコメントくださるドイツ在住のnyf1403さんからもメールを頂きました。(どういうわけかコメント欄に書き込みできなかったそうなのです。ご迷惑おかけしました)他の皆さんのコメント同様、興味深い内容でしたので、ここで一部ご紹介させて頂きます。

こちらで暮らして思うのは、ドイツは、大人と子供の社会に、はっきり線をひいている、ということです。たとえば、子供のいる夫婦を招待するとき、夜8時から、とかなら、私達も、また、友達の夫婦も子供なし、と思っています。子供も一緒に、というときは、そのように伝えて、もっと早くにはじめます。また、誕生日など大勢で昼間から集まる時も、子供はつれてこないで欲しい、と言う事ができます。でも、これは、子供を拒絶しているわけではなく、大人のつきあいもしたい、ということなのです。

そうなのですよね~。ドイツでは大人が「大人だけの時間」を持つのは当然のことと考えられているようです。子供がいても、大人だけで外出するのは珍しくありません。そんなときにはベビーシッターを雇いますが、業者に頼むよりも近所の中学生や高校生にお願いすることが多いです。顔見知りのお兄さん・お姉さんであれば子どもも安心するし、地域の繋がりも密になり、また頼まれる方もいいお小遣い稼ぎになるので、なかなかグッド・アイディアだと思います。

また、ドイツでは子供は夜早くに寝かされ(7時とか)、添い寝もしないので、子供をベッドに入れたらあとは大人の時間!ということでワインの栓を抜き、大人同士の楽しいお喋りが始まります。近所には日本人駐在員の奥さん達も住んでいたのですが、子供を持つ日本人のお母さん達にとって、夜の外出はなかなかキビシイようでした。それならと、子供が幼稚園に行っている昼間にお茶に呼ぶことに。美味しいお菓子を用意して待っていたのですが・・・

ピンポーンと呼び鈴が鳴り、ドアを開けたら、なんと子連れで立っている。
「今日は幼稚園に行きたくないってぐずるもんだから、休ませたの~」と。
せっかくのお菓子は子供が独り占め。お母さんは子どものこぼしたジュースを拭いたり、おもちゃを片付けたりに忙しく、ゆっくりお話することはかないませんでした。私は少なからずがっかりしたのですが、自分も子供を持つ母親。「連れてくるな」とは言えませんしね~。(あ、これ、nyf1403さんの仰るように、ドイツ人相手だったら言えるんですが)

まあこれも、文化が違うから無理もないですね。

ところで日本では、母と子が一体化とまではいかなくとも、別々の人格としてはっきり切り離さないように思えるのですが、どうでしょう?

悪いことをする人がいると、「親の顔が見たい」と親(特に母親)が批判されます。未成年の場合はドイツもそうかもしれません。でも、日本では40歳くらいの大の男が犯罪を犯した場合でも、その人の家庭環境の詳細が公表されることが多いですよね。

母子無理心中というのもありますし、母と子はセットで考える傾向がある気がします。一日のほとんどを母子が同じ空間で過ごす日本人にとって、ヨーロッパ式の母と子が別室で寝る習慣が不自然に見えるのは、当たり前なのかもしれません。
スポンサーサイト
  1. 2005/07/05(火) 19:11:53|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<アレルギー患者の未来 | ホーム | 甘やかしって何だろう>>

コメント

役割

いま,ビアンカさんお勧めの本「木を見る西洋人,森を見る日本人」を読み始めたところです.

赤ん坊が小さいうちから一人で寝かせるのを,日本人が冷たく感じるのは,日本人にとって「個人」より「役割」がとても重要だからではないでしょうか?
親の個人の人格より,母(妻ではない)としての役割の方がずっと重要.役割をより完璧にこなすためには,子供と大人の時間を分けられないから,大人が子供のために尽くすことになる.
そんな気がします
  1. 2005/07/06(水) 08:45:06 |
  2. URL |
  3. キョウコ #Zr2/WiYY
  4. [ 編集 ]

キョウコちゃん

確かに日本では個人名よりも「お兄ちゃん」「先生」「先輩」などの役割名で呼ばれることが多いですね。ご指摘のように、日本人にとって役割はとても大事なことなのでしょう。ドイツでは私は、いわゆるママ友達からも、その子供からも名前で呼ばれますが、日本では「XXちゃんのお母さん」と呼ばれることがほとんどですしね。

たしかアラビア社会でも女性は子供ができると「XXのお母さん」と呼ばれるんじゃなかったかしら?

「木を見る~」の本は西洋VS東アジアの視点で書かれていますが、その間に位置するアラビアでは世界はどんなふうに見られているのでしょう。興味が沸きます。
  1. 2005/07/06(水) 09:24:18 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

韓国の友達は

子供が生まれるともうゆっくりすることはできないからと独身生活精一杯楽しみになさいとよく言います。韓国でも子供は常に大人と一緒で大人の時間は我慢するのが常識!
その友達を見るとまだ独身でいいやっと思ったりしますが、ドイツ人のような生き方であれば満足できそう。大変勉強になりました。^^
  1. 2005/07/06(水) 13:11:33 |
  2. URL |
  3. anna #SW6wkXTQ
  4. [ 編集 ]

annaさん

現代人は成人してからの自由な独身時代が長いので、急に自分の時間がなくなると辛いと感じるんでしょうか。昔の人はそれが当然と受け入れていたのかな?
  1. 2005/07/06(水) 19:33:10 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/158-1bfc8f6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。