わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

音楽と恋愛

普段あまり映画は見ないのですが、ドイツのテレビで深夜に日本映画を放映していることがあり、夫はよく録画して見ていました。夫の一番好きな日本映画は「ゴジラ」。シリーズのほとんどを見ています。あとは黒澤明ものとか、まあいろいろです。新しいものも結構やっていました。

なんとなく一緒に座ってぼーっと見ていることが多かったのですが、ふと気づいたことがありました。日本映画には「歌うシーン」がすごく多い!登場人物が一人で、あるいはみんなで声を合わせて。シチュエーションは様々ですが、重要な場面で歌わせることが珍しくないのです。台詞として雄弁に語らせることは少なく、歌で心情を表す手法が好まれるように思いました。カラオケを発明したくらいですから、日本人は歌が好きな民族の一つなのでしょう。日本人にとって、歌うとはどんな意味を持ち、どんな効果をもたらすものなのか。そんなことを考えていたんですね。そうしたら先日、

スポンサーサイト
  1. 2005/05/31(火) 10:59:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<夫の獄中体験記 | ホーム | 幸せを呼ぶ四葉のクローバー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/14-06ee951e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。