わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

各国犬のメンタリティ

すごく気になっていることがあります。

最初にタイに行ったとき、せかせか歩いている人がいないのに気がつきました。みんな悠々、あるいはデレデレと歩いている。暑いから、あまり早く動かないほうがいいのでしょう。人間だけでなく、犬もでれ~っとしていました。走ったり吠えたりするどころか、歩いている姿もほとんど見ないくらいで、たいていはごろーんと横になっていかにもだるそうにしてました。「ああ、暑い国では犬さえも・・・」とそのときは納得したのですが・・・

その後、バリ島に行って野良犬たちを見たときには信じられませんでした。バリにはすごくたくさん野良犬がいたのですが、その凶暴なこと!吠えまくるわ、噛みまくるわ、犬同士のケンカもものすごい。怖ろしくておちおちその辺を歩けないほどでした。同じ熱帯なのに、この違いは何?

犬にも「国民性」ならぬ「国犬性」があるんでしょうか。とても不思議なんです。

(ちなみにドイツの犬はすごく真面目でいつもきちんとしています。これは単に飼い主の躾けがいいからのようですが・・・)
スポンサーサイト
  1. 2005/03/03(木) 08:00:29|
  2. 各国情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本語の変容 | ホーム | 色覚異常の利点>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/126-bf8c0191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。